ロウソクの光に照らされる幻想的な夜桜を鑑賞!忍野 しのびの里で「キャンドルナイト」が開催

  • 最終更新:
紅葉特集2017

富士山の麓の忍者テーマビレッジ「忍野 しのびの里」で、2017年5月3日(水)~5日(金)と13日(土)の4日間、「忍野 しのびの里 キャンドルナイト」が開催されます。日本庭園をキャンドルの光で幻想的にライトアップ。庭園内に咲き誇る幻想的な桜が楽しめます。さらに、ワークショップや本格忍者ショーなども開催されるなど、ファミリーで楽しめるイベントも目白押しです。

GWのお出かけにぴったり!「忍野 しのびの里 キャンドルナイト」が開催

山梨県南都留郡忍野村の人気お出かけスポット「忍野 しのびの里」で、昨年に引き続き、庭園内に咲き誇る桜を無数のキャンドルの灯で照らすイベント「忍野 しのびの里 キャンドルナイト」が開催されます。期間は、2017年5月3日(水)~5日(金)と13日(土)の4日間となっています。

ロウソクの灯りで照らされる幻想的な夜桜は必見!

暖かみのあるロウソクの灯りでぼんやりと夜桜が浮かび上がる様子は、照明やイルミネーションなどの人工的な明りで照らされるものとは趣が異なり、とても幻想的ですよ。また、キャンドルナイト開催日は、茶処にて、キャンドルホルダーへ願い事を書いて飾るワークショップも実施されます。定員は各日先着50名。完成したオリジナルキャンドルホルダーは、「キャンドルナイト」期間中、展示される予定となっています。

開催期間:2017年5月3日(水)~5日(金)・5月13日(土)
開催時間:18:30(開場・点灯)~ 21:00
利用料金:1,000円(日中利用者は500円にて利用可)
※庭園入園券+オリジナル足湯タオル付+アトラクション(カラクリ屋敷・手裏剣体験)
※17:00以降は食事処・忍術皆伝の道・景品付きアトラクションは営業していません。

そのほかのイベントもチェック!

食事処「雪月風花」桜メニュー

2017年5月3日(水)~13日(土)までの期間中、桜にちなんだ桜そばや桜鱒の寿司、桜生麩あさり菜の花の和え物などの期間限定メニュー「春山桜咲き御膳」(1,350円)が味わえます。和食職人による本格メニューを満喫してください。

メニュー名:春山桜咲き御膳
詳細:桜咲き鱒握り寿司三貫 自店製甘酢生姜添え、国産生筍とたらの芽の天婦羅 桜塩、桜蕎麦 桜花つゆ、桜生麩あさり菜の花の和え物、桜大根 ぬか漬け
価格:1,350円(税別)
期間:2017年5月3日(水)~5月13日(土)

「靁凮刄(らいふうじん)」本格忍者ショー

「靁凮刄(らいふうじん)」は、伝統的な伊賀忍術と現代の実践的な戦術を融合させた次世代の忍者ショーです。本物の忍具である刀や手裏剣を使用した迫力あるパフォーマンスを、「光」や「音」、さらに「映像」を巧みに使って演出。見応えある内容となっています

公演日:2017年4月29日(土)~5月7日(日)※以降毎週土日および祝日に開催
公演時間:約20分 ※1日5公演
観覧料:大人1,000円/小人800円

双龍(ツインズドラゴン)忍者ショー

双子忍者アクション大道芸人「双龍(ツインズドラゴン)」が登場。双子ならではのすご技&爆笑忍者ショーは必見です。

実施日:2017年5月7日(日)
実施場所:庭園にて実施予定
観覧料:無料(庭園入園料別途)

「忍野 しのびの里」とは?

2015年10月にオープンした富士の麓の忍者テーマビレッジ「忍野 しのびの里」。四季折々の情緒ある景色が楽しめる日本庭園内には、雄大な富士山を眺めながら楽しめる足湯や茶処のほか、忍者体験が楽しめる「忍者からくり屋敷」や「忍野手裏剣道場」、「忍者修行アスレチック 忍術皆伝の道」といったアクティビティが勢揃いしています。さらに、併設された食事処では、富士山の伏流水に育まれた忍野村の名物である蕎麦や豆腐を中心に、富士山麓の野菜や魚など、地域の食材を活かした地元の伝統食や日本料理を野趣に富んだ盛り付けで提供しています。

施設詳細
名称:忍野 しのびの里
住所:山梨県南都留郡忍野村忍草2845
営業時間9:00~17:00(最終入場16:30)
※キャンドルナイト実施時は、18:30~21:00の延長営業
料金:
入園料(庭園入園料+アトラクション1回利用券付):おとな(中学生以上)800円 こども(3歳以上)500円
入園忍者ショーセット券(入園+アトラクション1回+忍者ショー1回観覧):おとな(中学生以上)1,500円 こども(3歳以上)1,000円
電話:0555-84-1122
公式サイト:http://www.oshinoninja.com

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ