GINZA SIXの気になるスイーツを編集部が厳選!手土産にもピッタリのおすすめを紹介

  • 最終更新:
花火特集2017

207年4月20日、銀座エリア最大の商業施設「GIZA SIX」がオープンします。上質な空間にプレミアムなサービスを誇る「GINZA SIX」には、こだわりのショップが大集合。今回は、手土産にピッタリの注目スイーツをご紹介します!

日本初上陸!PHILIPPE CONTICINI(フィリップ・コンティチーニ)

フィリップ・コンティチーニ初のブティック&カフェ

フランスのデザート業界とガストロノミー業界の巨匠である、フィリップ・コンティチーニ初のブティック&カフェが登場。こちらは日本では初めての店舗とあって、大注目です。

クイニー・タタン 450円

注目の商品は、フランスのの伝統菓子「クイニ―・アマン」と「タルトタタン」をかけ合わせた、「クイニー・タタン」。バターと砂糖で煮詰めたりんごをバターたっぷりのブリオッシュフィユテで包み、カラメルでコーティングした逸品です。

広いブティックに、ライブ感あふれるカウンター

焼き菓子から生ケーキまで扱うブティックには、上品なスイーツがずらりと並びます。

シンプルな箱にはいった可愛らしいフォルムの焼き菓子は、手みやげにも喜ばれること間違いなし。

銀座にしかないカフェカウンターでは、できたてスイーツをいただくことも。目の前でデセールを仕上げてもらえます。

グラスデザート「ヴェリーヌパフェ」や「ゴーフル」が提供されるので、ここだけのお味を楽しみましょう。

新業態や都内初出店の店舗もチェックしよう!

ISHIYA GINZA(イシヤ ギンザ)

北海道銘菓「白い恋人」でおなじみの、石屋製菓の直営店が道外初オープン。北海道素材を使用した5種類のスイーツが販売されます。

Saqu(サク)LANGUE DE CHAT 12枚入り 1,296円

様々な味わいのチョコレートを色とりどりのラング・ド・シャでサンドしたお菓子「Saqu(サク)LANGUE DE CHAT」は、可愛らしいパッケージにサクサクした口当たりがたまりません。

Fwari 1,620円

北海道産のクリームチーズの旨味を活かした、口溶けの良いチーズケーキ。チーズ、牛乳、バターなど主な素材は北海道産にこだわった、正統派の味わいです。

zaku 1箱(5個入り)486円

白い恋人の取り扱いはありませんが、北海道産の素材にこだわったスイーツが勢揃い。手土産の新しい定番になりそうな予感です。

HONMIDO

銘菓・萩の月でおなじみの、菓匠三全の新しいブランド「HONMIDO」。和菓子と洋菓子のジャンルを超えた、銀座生まれのスイーツです。

看板商品は、淡く優しい食感の淡雪(卵白を泡立ててつくったもの)を2枚の薄いラング・ド・シャではさんだ「HONMIDO SAND(本実堂サンド)」です。

フレーバーは、深煎りが香ばしいきな粉ラングと淡雪の繊細な味を楽しめる「きな粉」と、上品で香り高い抹茶ラングと淡雪のふくよかな味わいが特徴の「抹茶」の2種類。新感覚のスイーツながら、懐かしい味わいが絶妙な一品です。

綾farm

日本初となる国産果実の生ドライフルーツ専門店も見逃せません。旬の果実のみを使用した、こだわりの商品が提供されます。色鮮やかなドライフルーツが、ショーケースにずらり!

一口噛んでみると…じゅわっと果汁があふれてきます。まるで上生菓子のような味わいにびっくりするはずです。

PAPABUBBLE(パパブブレ)

職人が丁寧につくる、キャンディ、キャメル、グミ、マシュマロ、チョコレート、タフィーなど、様々なコンフィズリーが提供される「PAPABUBBLE」。

店内はシンプルで、和の趣ある空間です。奥のカウンターでは、実際にコンフィズリーを作っている様子も見られます。

繊細な風合いが魅力のパッケージは、すべて手作業でつくられたもの。お菓子を食べたあとも、小物入れとして使えるパッケージが揃っています。お祝いなどにも喜ばれそうですね。

Viennoiserie JEAN FRANCOIS(ヴィエノワズリー ジャンフランソワ)

フランス国家最優秀職人章シェフの、ジャン・フランソワルメルシエ氏が監修したベーカリーがこちら。店内には、ワクワクするようなパンの山が!

卵やバターをリッチに使った味わいの菓子パン・ヴィエノワズリーが常時30種類揃います。

パリパリのクロワッサンや、ふんわりしたブリオッシュなど、こだわりの味わいをどうぞ。

パティスリー パブロフ

横浜元町に本店を構える、話題のパウンドケーキ専門店が都内に初出店。ショーケースを見ているだけでうっとりしてしまう、女子にはたまらない贅沢スイーツです。

素材にこだわり、フレッシュフルーツやクリーム、バラの花びらなどで飾られた新感覚の味わいは、これまでのパウンドケーキのイメージが大きく変わるはず。

定番の生パウンドケーキの他にも、GINZA SIXだけの限定商品も販売されます。通常よりも少しふんわり焼きあがった、メープル風味の生地がたまらない「クレームフリュイ」は是非ともチェックしたい一品です。

くろぎ茶々

「常葉」白練2,700円、白小豆3,000円

本物の和食を味わえる「くろぎ」と、京都のお茶の老舗・福寿園がコラボレーション。こだわりの素材にシェフの技が融合した和菓子やお茶が販売されます。2層の色合いが美しい、葛羹とクリームチーズをあわせた和菓子「常葉」。上品な木箱にはいっているので、おもたせにもピッタリです。

物販コーナーの隣には、小さなイートインスペースも完備。のれんをくぐって店内に足を踏み入れれば、癒しの空間が広がります。ここでは、過去にランチで提供されていた人気メニュー・鯛茶漬けを味わえるので、密かな人気スポットになりそう。ほっと一息つきたいときに立ち寄ってはいかがでしょうか。

パティスリー銀座千疋屋

千疋屋の中でも最大のバリエーションを誇る、新業態の店舗が登場します。

マルシェをコンセプトに、鮮度の高いフルーツを使用したスイーツがずらりと並びます。季節に合わせてメニューが変わるので、旬の味覚を味わいましょう。

ロールサンド 各378円

人気のフルーツサンドの新商品も発売されます。コロンと丸いフォルムに、可愛らしいデコレーションがとても素敵。食べるのがもったいなくなってしまいそうですね。

St.Cousair wine&grocery(サンクゼール ワインアンドグロッサリー)

まるで森の中にはいりこんだような、自然味あふれる店内が特徴のグロッサリーストアも気になるところ。オーガニックや旬のフルーツを手作りで加工した商品など、自然とグロッサリーが融合したライフスタイルが提案されています。

店内にはワインをいただけるバーも併設。素材の味わいがダイレクトに感じられる食材がずらっと並ぶ店内は、歩いているだけでも楽しくなってしまいます。

都内初出店のものや新業態のものなど、気になる商品が目白押しです。とっておきのスイーツをお土産にすれば、喜ばれること間違いありませんね。明日オープンするGINZA SIXに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

日本初上陸の店舗はこちら!

GINZA SIXついにオープン!日本初上陸の12店舗+αを総チェック!

https://asoview-news.com/article/11637/

気になるアートはこちら!

話題の新スポットGINZA SIXで注目!居心地のいい屋上庭園&最新アート

https://asoview-news.com/article/11635/

店舗概要
名称:GINZA SIX(ギンザシックス)
住所:東京都中央区銀座6-10-1
オープン日:2017年4月20日(木)
営業時間:ショップ・カフェ(地下2階~5階)10:30~20:30、レストラン(6階、13階)11:00~23:30
問い合わせ:03-6891-3390(GINZA SIX総合インフォメーション・受付時間 10:30 ~20:30)※2017年4月20日より
公式サイト:https://ginza6.tokyo/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ