NYの高級ステーキ「エンパイア ステーキ ハウス」が日本初上陸!今秋、六本木にオープン

  • 5798 |
  • 最終更新:

ステーキハウスの本場ニューヨーク・マンハッタンで人気を博しているステーキハウス「Empire Steak House(エンパイアステーキハウス)」が日本初上陸。2017年秋、六本木に国内1号店「Empire Steak House(エンパイア ステーキ ハウス) 六本木」がオープンします。本場の味が楽しめる絶品ステーキのほかにも、鮮度抜群のシーフードや、1,000本以上の世界中のワインも用意。様々なシーンで活躍してくれること間違いありませんよ。

「Empire Steak House(エンパイアステーキハウス)」とは?

「エンパイアステーキハウス」は、ジャックとジェフ、そしてラスの“シナナジ・ブラザーズ”がステーキの本場であるニューヨーク・マンハッタンにて、2010年に開業したステーキ専門店。現在は、マンハッタンで2店舗を展開しています。

1887年創業のニューヨークの伝説的ステーキハウスである「ピータールーガー」にて、兄弟で合算25年以上修行を積んだ彼らのステーキハウスは、2011年~2016年まで6年連続で全米No.1のレストランガイドである「ザガット・サーベイ」に掲載。ニューヨークに多数存在するステーキハウスの中でも、確固たる地位を築いており、ニューヨークの富裕層や女性を中心に絶大な人気を誇っています。

メニューは、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのエイジングビーフに加え、最高級のシーフードや、パスタなども提供。ワインは世界各地から最高のものを取り揃え、400以上のセレクションで構成されています。また、100種類以上のシングルモルトスコッチも味わえます。

格付け最高位のアンガスビーフが味わえる!

「エンパイアステーキハウス六本木」では、USDA(アメリカ農務省)格付け最高位のプライムグレードのアンガスビーフを、店内の専用熟成庫で21~28日間熟成。このドライエイジングで旨みが増した肉を厚切りにカットし、一気にオーブンで焼き上げるスタイルでステーキを提供します。

注目は、看板メニュー「エンペラーステーキ」!

注目メニューは、「キングオブステーキ」の異名を取る「エンペラーステーキ」。サーロインとヒレの中でも最も柔らかい芯の部分である牛の最上位部位「シャトーブリアン」の「サーロイン」が同時に味わえる、「エンパイアステーキ」のオリジナルメニューです。

また、各種ステーキのほかにも、鮮度抜群のシーフードや、1,000本以上の世界中のワインが揃います。

クラシカルでラグジュアリーな空間も魅力!

店舗は、2017年秋にグランドオープンするカンデオホテルズ六本木の1階に、90坪以上の面積を誇る大型店舗としてオープン。1920年代のニューヨークの世界を再現したラグジュアリーな空間に、バーカウンターや個室のプライベートルーム・パーティールームも用意。クラシカルでラグジュアリーな空間で最上級のステーキを味わえます。デートや会食、女子会などにもおすすめです。

店舗詳細
名称:Empire Steak House(エンパイア ステーキ ハウス) 六本木
所在地:東京都港区六本木6丁目(「カンデオホテルズ六本木」1階)
オープン予定:2017年秋
公式サイト:http://empire-steakhouse-japan.com

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ