年に数回のめずらしい光景を見られる!サンシャイン水族館が「水槽ピカピカ大作戦!」を実施

  • 最終更新:
紅葉特集2017

新年度を迎えた東京・池袋のサンシャイン水族館で、水槽の大掃除「水槽ピカピカ大作戦!」が実施されます。ふだんとは違う空の水槽、スタッフによる清掃風景を見に行きませんか?実施日は4月10日(月)、12日(水)、13日(木)、18日(火)の計4日間。「水槽ピカピカ大作戦!」の注目ポイントをチェックしましょう。

「水槽ピカピカ大作戦!」の作戦内容は?

お目当ての水槽の清掃日をチェック

「水槽ピカピカ大作戦!」は計4日間、水槽ごとにおこなわれます。

<日程>
4月10日(月)17:30~閉館まで:「沖縄の海~白保~」水槽
4月12日(水)17:30~閉館まで:ふわりうむエリア 「クラゲ(エダクダクラゲ)」水槽
4月13日(木)17:30~閉館まで:「大西洋~カリブ海~」水槽
4月18日(火)17:30~閉館まで:「オーストラリアの海~グレートバリアリーフ~」水槽

「落水塩素清掃」の流れを把握しよう

ふだんも清掃をしていますが、通常の清掃ではキレイにならない汚れを「落水塩素清掃」で徹底的に落とします。まずは生物を捕まえやすい水まで排水し、生物をバックヤードにある予備水槽に移します。空になった水槽を塩素で漂白、殺菌、水洗い後に中和剤を散布して、再び水洗い。キレイになった水槽に新しい海水を注水し、循環器ポンプと水温調節器を稼働させます。翌朝、バックヤードの予備水槽から生物を戻せば「水槽ピカピカ大作戦!」完遂です。

見どころはここ!

いつもは海水で満たされ、生物が泳ぎ回る水槽が空になっているのは貴重な光景です。ぜひ見てほしいのは、スタッフが生物をバックヤードの予備水槽に移すところ。生物が擦過傷を負わないよう、市販の網は使わずに自作の道具を使っています。上手く追い込むように捕まえるのも、スタッフの腕の見せ所です。「大西洋~カリブ海~」水槽で展示されている大型の魚は、ビニールに入れた状態のままバケツリレーのようにスタッフが手渡しして運びます。ベテランスタッフの手際のよさ、生物への配慮が感じられますよ。清掃作業中は、解説員が水槽前で生物や清掃作業について紹介。生物たちの豆知識、サンシャイン水族館の裏側が分かります。

「水槽ピカピカ大作戦!」は、4日間とも夕方17:30からスタートします。営業時間は20:00までなので、めずらしい水槽清掃を見学したあとは、ゆっくり館内を回りましょう。夜の水族館デートにもおすすめです。

開催概要
「水槽ピカピカ大作戦!」
開催日時:4月10日(月)17:30~閉館まで:「沖縄の海~白保~」水槽
4月12日(水)17:30~閉館まで:ふわりうむエリア 「クラゲ(エダクダクラゲ)」水槽
4月13日(木)17:30~閉館まで:「大西洋~カリブ海~」水槽
4月18日(火)17:30~閉館まで:「オーストラリアの海~グレートバリアリーフ~」水槽
場所:サンシャイン水族館(東京都豊島区東池袋3-1)
営業時間:10:00~20:00(4月~10月)、10:00~18:00(11月~3月) ※最終入場は終了1時間前まで。
入場料金:大人(高校生以上)2,000円、小中学生1,000円、幼児(4才以上)700円、シニア(65才以上)1,700円
TEL:03-3989-3466
URL:http://www.sunshinecity.co.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ