7月12日リニューアルオープン!「サンシャイン水族館」屋外エリアの新展示を先取りチェック

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

「サンシャイン水族館」の屋外エリアが大幅リニューアルして、7月12日(水)にオープンします!今回のリニューアルでは世界初となる新展示、趣向を凝らした演出が登場する予定です。生き物たちをより近くに感じることができますよ。パワーアップする屋外エリアの見どころを、いち早くご紹介します。

大きな見どころは5つ

ケープペンギンが空を飛ぶ!?「天空のペンギン」

目の前だけでなく、頭上にも広がる幅約12mの水槽をケープペンギンが縦横無尽に泳ぎ回ります。その姿は、まるで空を飛んでいるよう。バックに見えるビル群とケープペンギンの不思議な組み合わせを楽しみましょう。水中給餌のパフォーマンス「ペンギン・ダイビングタイム」では豪快に泳いでエサを獲る、ケープペンギン本来の姿を目の当たりにできます。今回のリニューアルの大きな目玉、世界初の新展示です。

ケープペンギン本来の暮らしを「草原のペンギン」で再現

ペンギンは氷上で生活していると思っていませんか?ケープペンギンは南アフリカの砂浜、草原、海で暮らしています。「サンシャイン水族館」では幅約10mの草原エリアを設け、ケープペンギンの自然に近い様子を観察できるように展示しています。巣穴もあり、運がよければケープペンギンの子育てを見られるかもしれません。給餌パフォーマンス「ペンギン・フィーディングタイム」では、力強く歩くケープペンギンを見られます。スタッフによる解説もお楽しみに。草原エリアには滝もあり、ケープペンギンも人も癒される空間になっています。こちらも世界初の新展示です。

かわいい姿に目が釘付け!「カワウソたちの水辺」

キュートな外見と動きで人気急上昇中のコツメカワウソを間近で観察しましょう。緑に覆われた陸地、急流をイメージした水辺などコツメカワウソの生息地、東南アジアの河川に近い環境を作り上げています。草原を駆け回り、急流の中を泳ぎ、茂みに隠れる。ほかでは見られない、活発なコツメカワウソに出会えます。

「天空パス」でモモイロペリカンの食事風景を観察

モモイロペリカンが暮らすのは、「天空のペンギン」水槽から伸びる全長約30mの通路「天空パス」。人の頭上を優雅に歩き、のんびり過ごしています。下からのアングルで眺める、めったにないチャンスをお見逃しなく。給餌パフォーマンス「フィーディングタイム」も要チェックです。約10リットルもの水が入るという喉袋を大きく膨らませ、エサを狙うモモイロペリカンの姿は大迫力ですよ。

魚たちがパワフルにジャンプする「きらめきの泉」

水槽「きらめきの泉」にいるのは、アロワナやドラド。いずれもアマゾン川原産、成長すると全長1mを超える巨大な魚です。「フィーディングタイム」では水中給餌をおこない、魚たちがダイナミックなジャンプを披露します。魚種によってジャンプスタイルが違うのも興味深いポイント。

斬新な演出にも要注目

日没後も楽しい都会の水族館

屋外エリアの開放感を生かし、日没後は水と光、風を生かした演出がおこなわれます。たとえば水面に光を映し出すプロジェクションマッピング、風にそよぐグラスファイバーの光など。水面のさざ波、ビルの間を吹きぬける風などを利用することで、変化のある空間が生まれます。水槽ごとの特長を生かし、幻想的な演出もおこなわれるそう。夜のデートにピッタリです。

独自音響で自然音を創造

音の演出には、音響クリエイターkatsuyuki seto氏とサウンドアーティストである井口拓磨氏が参加。独自音響によって自然音を創造しています。さらに新サウンドスケープを隣接エリアに流し、エリア間の移動時にサウンドの連続性を持たせました。音の効果によって屋外エリアの調和、居心地のよさを感じられます。

都会にいながら生き物本来の姿、自然を感じられる「サンシャイン水族館」屋外エリアは必見ですよ。7月12日のリニューアルオープンが待ちきれませんね!

スポット詳細
「サンシャイン水族館」※屋外エリアの営業は2017年7月12日(水)~
所在地:東京都豊島区東池袋3-1サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:夏季(4月~10月)10:00~21:00 ※2017年7月11日までは10:00~20:00
冬季(11月~3月)10:00~18:00 ※変更の場合あり。最終入場は終了1時間前まで
休館日:無休
TEL:03-3989-3466
URL:http://www.sunshinecity.co.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ