10年ぶりの登場!東京駅のシンボル3代目「銀の鈴」一般公開&記念フェア開催

  • 393 |
  • 最終更新:

東京駅改札内のエキナカ商業施設「グランスタ」・改札外「グランスタ丸の内」では6月1日(木)〜6月18日(日)の期間中、東京駅の定番待ち合わせスポット「銀の鈴」の誕生49周年を記念した「銀の鈴フェア」が開催されます。「銀の鈴」は1968年6月10日に設置され、2018年で50周年。2017年を50周年へのカウントダウンイヤーと位置づけ、3代目「銀の鈴」が約10年ぶりに、フェア期間限定でグランスタ内「銀の鈴広場」で展示されます。

銀の鈴って何?

「銀の鈴」は1968年6月10日に誕生しました。当時の東京駅は東海道新幹線の誕生にともない利用者が増加し、待ち合わせに困る人が目立つようになりました。そこで「待ち合わせ場所として、巨大な銀色の“神社鈴”をつり下げたらどうか」という駅員のアイデアにより、初代「銀の鈴」が竹と和紙による手作りで制作され、東京駅構内 1 階に設置されました。
その後、好評により鋳銅製の2代目が1969年に、3代目は1985年に設置され、1994年に北陸新幹線の乗入れなどによる東京駅改良工事に伴い地下1階に移転しました。現在設置されている4代目「銀の鈴」は2007年10月の「グランスタ」開業にあわせて、当時の東京藝術大学学長 宮田亮平氏(現:文化庁長官)のデザインにより誕生しました。直径は約80cm、重量約70kgのアルミ合金製で、毎時0分に鈴の音をイメージしたメロディーが鳴ります。

銀の鈴フェア限定のスイーツやお弁当に注目!

期間中は「銀の鈴」の誕生を記念するスイーツや弁当約30種類がグランスタ限定・期間限定で販売されます。銀色の鈴に見立てたトリュフチョコレートを、チョコレートタルトに載せた限定スイーツも登場。可愛く洗練された期間限定販売のドルチェは、イタリア・トリノのチョコレートブランド「カファレル」ならではの逸品です。

商品名:アルジェント チョコラータ」(税込 594 円)
販売ショップ:カファレル (グランスタ)
販売期間:6/1〜6/18

■GRANSTA(グランスタ)
所在地 : 東京都千代田区丸の内 1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階・1階(改札内)
開業日 : 2007年10月25日
営業時間 : 8:00〜22:00(日・連休最終日の祝日は21:00まで)、一部ショップは異なる。

■GRANSTA MARUNOUCHI(グランスタ丸の内)
所在地 : 東京都千代田区丸の内 1-9-1 JR東日本東京駅構内地下1階(改札外)
開業日 : 2016年7月27日
営業時間 : 8:00〜22:00(日・連休最終日の祝日は 21:00まで)、一部ショップは異なる。
HP:http://www.tokyoinfo.com