満開の夜桜と江戸の粋を全身で堪能!八芳園で桜花爛漫祭「YATAI」が3月29日から開催

  • 769 |
  • 最終更新:

桜の名所として知られる東京・⽩⾦台の八芳園で、夜桜を楽しむイベント「桜花爛漫祭YATAI」が開催されます。開催日は、2017年3月29日(水)・30日(木)・31日(金)・4月2日(日)の4日間。ライトアップされた幻想的な夜桜はもちろん、江戸から伝わる屋台料理を現代風にアレンジしたフードや、アルコールが食べ放題、飲み放題で満喫できますよ。

八芳園の春の一大イベント・桜花爛漫祭「YATAI」が開催!

東京・⽩⾦台の八芳園にある八芳園は、都内でも有数の結婚式です。約1万坪もの広大な日本庭園では、早咲きの河津桜などをはじめ、5種類・約80本の種類の違う桜を4月中旬頃まで楽しむことができ、花見スポットとして絶大な人気を誇っています。
そんな八芳園の春の風物詩「桜花爛漫祭YATAI」。ライトアップされた美しい夜桜や屋台料理が楽しめると、連日、数百人の人が集まる八芳園の一大イベントです。

今年の開催日は、2017年3月29日(水)・30日(木)・31日(金)・4月2日(日)の4日間です。なお、八芳園内の染井吉野は、例年より3日ほど早く、2017年3月20日(月・祝)に開花しました。桜は寒暖差で開くので、この先の天候にもよりますが、10日ほどで満開を迎える予定。当日には、満開の染井吉野のライトアップを楽しめます。

今年の「桜花爛漫祭YATAI」の注目ポイント!

江戸の粋を感じるイベントとして絶大な人気を誇る「桜花爛漫祭YATAI」。今年は、江戸の粋を今に残す屋台料理を中心に提供します。目の前で仕上げる料理も多く、調理人の"WAZA"を間近で見ることができるのも大きな魅力です。また、会場となる本館1階「ジュール」には、昨年同様にオリジナル櫓が登場。中目黒・高円寺の阿波踊りチームが連日、会場を練り歩きます。

さらに、今年も会場前の桜の大木をライトアップ。昼間とは異なる幻想的な夜桜が楽しめます。
今年の春は、「桜花爛漫祭YATAI」で、粋なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

チケットは予約制!

今年の開催時間は19時~21時。オリジナル屋台料理食べ放題、アルコール・ソフトドリンク飲み放題、阿波踊り参加が付いて、料金は大人(中学生以上)1名6800円(税込)、小学生1名3500円(税込)です。要予約となるので、興味がある方は、早めにチェックしてくださいね。なお、チケットの予約は公式サイトおよび電話で受付けています。

イベント詳細
名称:桜花爛漫祭「YATAI」※要予約
場所:八芳園本館1階「ジュール」
住所:東京都港区白金台1丁目1-1
開催期間:3月29日(水)・30日(木)31日(金)・4月2日(日)
開催時間:19時~21時(18時30分受付)
料金:中学生以上・大人1名 6,800円(税・サービス料込)、小学生1名 3,500円(税・サービス料込)
内容:オリジナル屋台料理食べ放題、アルコール・ソフトドリンク飲み放題・阿波踊り参加
予約:問い合わせ:バンケットセールス 03-3441-7888(10時~19時)
公式サイト:http://www.happo-en.com/event/iki_spring2017/event/index.html?id=event05

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ