誰もが指揮者になれる!「指揮者はあなた!Conduct Us in上野公園」が開催

  • 1352 |
  • 最終更新:

現在、上野の音楽ホール・美術館などを会場に、国内最大級のクラシック音楽の祭典「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017-」が開催中。その音楽祭の特別企画として、2017年3月31日(金)~4月2日(日)までの3日間、上野恩賜公園の噴水前広場にて、「指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園」が行われます。誰もが憧れてしまう「指揮者」になって、本物のオーケストラを奏でてみませんか?

本物のオーケストラの指揮者に!「指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園」が開催

今年も、上野恩賜公園の噴水前広場で「指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園」が開催されます。期間は、2017年3月31日(金)~4月2日(日)までの3日間です。
この企画は、クラシック音楽の祭典として知られる「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017-」の一環として毎年開催されている特別プログラム。音楽祭では、有料の公演だけでなく、多くの人にクラシック音楽の魅力を伝える様々な無料イベントも実施しており、中でも、「指揮者はあなた!ConductUs in 上野公園」は、子供から年配の方まで楽しめると、多くの参加者から好評を得ています。

本物のオーケストラを指揮!気軽に指揮者体験

このイベントは、一般参加者が本物のオーケストラの式をする参加型イベントです。参加料もややこしい事前申込も必要なし。希望者は、開始時間前に噴水前に集合してください。誰もが本物のオーケストラを指揮するという普段は滅多にできない体験を楽しめます。
演奏するのは、 40名の音楽家たちで構成された「東京春祭 桜の街のオーケストラ」。ベートーヴェンの「交響曲第 5 番《運命》」や、J. シュトラウス II 世:ワルツ《春の声》など、誰もが一度は耳にしたことのある名曲を美しい音色で奏でます。
なお、本年の東京都心の桜満開は、日本気象協会発表によると、2017年4月1日。桜と音楽で春の訪れを祝ってみてはいかがでしょうか。

「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017-」をご紹介

2005年にスタートし、2017年で13回目を迎える「東京・春・音楽祭」。桜の季節、1ヶ月にわたり上野公園の各施設を中心に約150公演行われる国内最大級のクラシック音楽の祭典として知られています。今年の開催期間は、2017年3月16日(木)~2017年4月16日(日)まで。今年も国内外一流アーティストによるオペラ、オーケストラ、室内楽など幅広いジャンルが楽しめます。
中でも注目は、4年にわたって公演されていた「ニーベルングの指環」の最終章。ワーグナーの指揮者としても実績を積み重ねた名匠マレク・ヤノフスキ指揮のもと、世界的ワーグナー歌手たち、日本が誇る NHK 交響楽団と合唱が集結します。
そのほかにも、ドイツ音楽の正統な継承者、ウルフ・シルマー、東京都交響楽団、東京オペラシンガーズが奏でるシューベルトの最後のミサ曲や、女性指揮者スペランツァ・スカップッチの来日公演なども開催されます。興味がある方は、こちらもぜひチェックしてくださいね。

イベント詳細
名称:指揮者はあなた!Conduct Us in 上野公園
会場:上野恩賜公園 噴水前広場
開催日:2017年3月31日(金)~4月2日(日)※荒天中止
開催時間:①11:00 ②13:30 (各回 1 時間)
演奏:東京春祭 桜の街のオーケストラ
楽曲(予定):ベートーヴェン:交響曲第 5 番《運命》、 J. シュトラウス II 世:ワルツ《春の声》

「東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017-」詳細
名称:東京・春・音楽祭-東京のオペラの森 2017-
会場:上野恩賜公園の各施設
開催期間:2017年3月16日(木)~2017年4月16日
公式サイト:http://www.tokyo-harusai.com/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ