標高1400mで感動!長野県阿智村で「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」開催!

  • 2160 |
  • 最終更新:

長野県阿智村では2017年4月15日(土)から2017年10月21日(土)までの期間中、富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはらにて、標高1400m地点で星空を楽しめる「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」が開催されます。

長野県阿智村ってどんなところ?

阿智村は長野県の南端にあり、「昼神温泉」と「花桃の里」で知られる、山あいの静かな村です。昭和48年に湧出した昼神温泉は「アルカリ性単純硫黄泉」PH9.7のとろっとした滑らかなお湯。あたたかな化粧水に浸かっているような気分になれる美肌の湯です。また、阿智村は環境省の実施する全国星空継続観察で「星が最も輝いて観える場所」の第1位(平成18年)に認定されています。

トップクリエーターが演出する「楽園」がスゴい!

今年度は、ビジュアルアーティスト・映像クリエイターの花房伸行氏を「天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー」のプロデューサーに迎えます。ツアーのサブタイトルを–DEEP SPACE-とし、無限に広がる宇宙への旅をテーマとした、映像、空間演出が行われます。暗闇の中を進むゴンドラ、街の明かりが届かない山の上で見る満天の星空、非日常の体験に心ときめく休日を過ごしましょう。

花房伸行氏ってどんな人?

ビジュアルアーティスト・映像クリエーター。プロダクツデザインを経て、映像の世界へ入り、TV、CM制作から、展示映像、ファッションショー、コンサートVJなど、多くのジャンルで活動。映像制作にとどまらず、イラストレーション、立体造形、ステージ空間演出、総合プロデュースなど幅広い分野で独自の表現を展開しています。2012年、NYで現代音楽のバンド”THE BANG ON A CAN”とコラボレーションを行い、NY Timesで高評価を受けるなど、国内に留まらず、国際的にアートワークが認められている今注目のクリエーターです。また同年、映像とダンスを融合したパフォーミングアーツカンパニー『enra』を設立。映画でも演劇でもないその新しいスタイルに世界中からオファーが殺到、2015年にはカンヌ国際映画祭のセレモニーでオリジナル作品を披露。結成5年にして、28カ国でパフォーマンスを行っています。

 

■開催概要
名称   : 天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー Season2017 –DEEP SPACE-
開催日  : 2017年4月15日(土)〜10月21日(土)※除外期間 5月22日(月)〜7月7日(金)、9月19日(火)〜10月6日(金)
営業時間 : ゴンドラ運行時間 上り18:30~最終19:30発 下り20:30 プログラムスタート20:00~
料金   : 大人2,200円 小人1,000円 幼児無料
会場   : 富士見台高原ロープウェイ ヘブンスそのはら 〒395-0304 長野県下伊那郡阿智村智里3731-4
主催   : スタービレッジ阿智誘客促進協議会
問合わせ : ヘブンスそのはら 0265-44-2311(9:00~18:00)阿智☆昼神観光局 0265-43-3001(9:00~18:00)
公式HP   : http://sva.jp

※場内の安全確保のため入場を制限することがあります。
※混雑、天候、イベント内容により営業時間が変わる場合があります。
※荒天により営業が困難と判断された場合は営業を中止する場合があります。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ