未来の椅子「プロパイロットチェア」に座るチャンス!羽田空港に1日限定で設置

  • 1208 |
  • 最終更新:

羽田空港第1旅客ターミナルの2階にあるカレーうどん屋「cuud(クウド)」が、日産のハイテクチェアー「プロパイロットチェア」を、2017年3月23日(木)の1日限定で導入します。自動操舵で移動し、行列ストレスを緩和させる"動く椅子"を、11時~14時の間、誰でも気軽に体験できます。

日産が開発!ハイテクチェアー「プロパイロットチェア」とは?

「プロパイロットチェア」は、先行するイスを認識し、一定の距離を保ちながら追従する機能、および指定されたルートに合わせて自動でストップ・アンド・ゴーを行う機能を搭載しており、それぞれが自動操舵で移動するのが大きな特徴です。最前列の方が店内に入ると、椅子が自動で最後尾に移動し、2番目のイス以降は自動で前進。日産が「セレナ」 に搭載した「プロパイロット」が、ドライバーの渋滞ストレス緩和に貢献するのと同様に、「プロパイロットチェア」 は人気飲食店の店先などでよく見られる行列時の立ったり座ったりを繰り返す動作の煩わしさを解消します。

なお、イス本体の製作は、最先端のデジタルプロモーションを手掛けるインタラクティブカンパニー「BIRDMAN」が担当しています。

羽田空港に日産のハイテクチェアー「プロパイロットチェア」が1日限定で設置

高速道路など、自動車専用道路の同一車線において、先行車両との車間距離を一定に保ちつつ、車線中央を走行するようにステアリング操作を助ける日産の技術「プロパイロット」。「プロパイロットチェア」は、その技術をより多くの方に、わかりやすくPRするために製作されたハイテクチェアーです。昨年9月の初公開以降、国内外で注目を集め、動作を説明した動画の再生回数は2,000万回を越えています。

今回の羽田空港での設置は、昨年の公開時に募集を開始した「無償貸与」の希望店舗の中から、走行条件等を精査した上で決定。
2017年3月23日(木)の11時〜14時まで、羽田空港第1旅客ターミナル2階にあるカレーうどん専門店「cuud(クウド)」にて、このイスの便利さをアピールします。誰でも実際に座って機能を体験できますよ。ぜひ立ち寄ってみてください。

店舗設置に至った経緯について

日産は、公開と同時に、この「プロパイロットチェア」の活用を希望する店舗を2016年9月〜12月までTwitterで募集。多くの応募の中から、そのひとつである羽田空港のロボット実験プロジェクト「HANEDA ROBOTICS LAB」走行条件などを検討し、羽田空港出発ロビーの間近にあるカレーうどん専門店「cuud(クウド)」での設置が決定しました。

当日は、出発前の空腹を満たす人たちで混雑する人気飲食店「cuud(クウド)」にて、「プロパイロットチェア」が行列をサポート。旅立つ方のストレス緩和を試みます。

「プロパイロットチェア」イベント詳細
会場:羽田空港第1旅客ターミナル2階 カレーうどん専門店「cuud(クウド)」
住所:東京都大田区羽田空港3-3-2
開催日:2017年3月23日(木)
開催時間:11時~14時
公式サイト:http://www2.nissan.co.jp/SERENA/?rstid=20160905rst000000029

このページのTOPへ