目黒雅叙園に「春メニュー2017」登場!旬の味覚と目黒川の桜散歩を楽しもう

  • 1106 |
  • 最終更新:

3月7日(火)~5月21日(日)の期間中、目黒雅叙園内のレストランで「春メニュー2017」が提供されています。旬の食材を盛りこみ、春を表現したメニューをいただきましょう。食事と着物レンタルのセットプランも登場。おしゃれをして、目黒川沿いの桜を見に行きませんか?

旬をいただく「春メニュー2017」詳細

日本料理 渡風亭「お花見弁当」(税別2,778円)

「お花見弁当」は、テイクアウト専用。お花見のおともに最適です。銀だら西京焼き、煮物、揚げ物などがバランスよく詰められています。昭和初期まで、目黒は筍の産地として有名でした。それにちなんで、竹の子炊込みご飯も入っています。桜の花びらを模した百合根、香り豊かなさくら餅で、お花見気分を満喫しましょう。

提供期間:3月24日(金)~4月9日(日) ※テイクアウト限定。前日17:00までに要予約
引き渡し時間:11:30~13:30

日本料理 渡風亭「さくら会席膳」(税・サ別3,500円)

日本料理らしい繊細な味と盛り付けを楽しむ春の会席膳です。夜桜はもずく酢の上に百合根の花びらをのせ、目黒川の花筏をうずら安平と桜吹雪に見立てた長ねぎのお椀で表現。

春野菜や春が旬の貝を使い、食材からも春を感じることができます。鰆の西京焼き、飯蛸と利休あんの組み合せは、上品な春の味です。

提供期間:3月13日(月)~4月16日(日)
提供時間:平日11:30~14:30(L.O)、土日祝 11:30~15:00(L.O)

中国料理 旬遊紀「桜香ランチコース」(税・サ別4,200円)

選べる3種の麺料理がメインのランチコースです。「蛤の茶碗蒸し」「絹豆腐と花椎茸のオイスターソース」など旬食材を彩りよく仕上げたメニューがそろっています。「海鮮のあんかけおこげ」は女性に大人気。「桃饅頭」と「桜杏仁豆腐」は桜が香るデザートです。

提供期間:3月13日(月)~4月16日(日)
提供時間:11:30~16:00

Cafe&Bar結庵「さくらアフタヌーンティ」(税・サ別2,500円)

和洋のスイーツを1度に堪能できる、豪華なアフタヌーンティです。和のスイーツは桜の塩漬けとジュレ入り「白玉ぜんざい」や桜型の練り羊羹。洋はヨモギ入りスコーンに桜餡を添えて。スイーツは伊万里焼きのお重に入っています。目黒雅叙園らしく格調高い演出のアフタヌーンティです。

提供期間:3月13日(月)~4月16日(日)
時間:14:30~17:00

着付けもセットになった、着物レンタル&食事プランが初登場!

目黒雅叙園近くを流れる目黒川は、桜の名所。レンタルの着物を着付けてもらい、お花見散歩に出かけましょう。

ホテル内の文化財「百段階段」見学、日本料理 渡風亭または中国料理 旬遊紀での食事、食事後の自由散策がセットになったプランです。レンタルは着物だけでなく下駄や小物もそろっているので、手ぶらでOK!着物で春の風情を味わう、雅なひとときを過ごしてください。

プラン名:「美と匠の祭典 撫子 ~NADESHIKO~」
提供期間:3月7日(火)~5月21日(日)
料金:通常プラン(税・サ込12,800円) ※着物レンタル、着付け、ランチ、文化財見学
full package(税・サ込24,000円) ※着物レンタル、着付け、ランチ、文化財見学、ヘアセット、写真、小物レンタル、1ドリンク
※オプションでお茶室体験可能(22,000円、7名まで利用)
当日のスケジュール:【1】受付10:00、着付け10:00~11:00、食事11:00~12:30、文化財見学12:30~13:30(見学終了後自由行動)
【2】受付10:30、着付け10:30~11:30、園内散策11:30~12:30、文化財見学12:30~13:30、食事13:30~15:00(食事終了後は自由行動)

今年の春は、目黒雅叙園でちょっと贅沢なお花見をしませんか?見て、食べて、着物を着て春を感じましょう。

開催概要
目黒雅叙園「春メニュー2017」
開催期間:2017年3月7日(火)~5月21日(日) ※メニューやプランによって期間が異なります。
場所:目黒雅叙園(東京都目黒区下目黒1−8−1)
レストラン予約:050-3188-7570 ※受付時間9:00~20:00
URL: http://www.megurogajoen.co.jp

このページのTOPへ