日比谷公園に“リアル地元めし”集結!「第4回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」開催

  • 3776 |
  • 最終更新:

4月6日(木)~4月9日(日)の期間中、日比谷公園で「第4回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」が開催されます。全国から集まったご当地グルメや地ビールを屋外の開放感とともに堪能しましょう!週末のお出かけにイチオシのイベントです。

「第4回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」の見どころは4つ

目玉企画は「ワンコイン地元めし」

本イベントではすでに有名になったご当地グルメだけでなく、地元密着グルメやレアなグルメも登場。東京にいながらにして、「リアル地元めし」を味わえます。さらに海鮮やラーメンなどを何と500円で提供!この太っ腹な「ワンコイン地元めし」企画は、期間中毎日、複数の店舗で食べられます。1日50食限定なので、早めのお出かけがおすすめです。

「発見!地ビールスタンプラリー」

地元めしのおともは、地ビールで決まり。スタンプラリーでは地ビールを4杯飲めば1杯無料になります。公式パンフレットの裏面にある台紙にスタンプを集めましょう。お気に入りの地ビールがきっと見つかるはず。

「ご当地ドリンクをノモーゼイ」

毎年おなじみ、来場者参加型のランキング企画です。ご当地ドリンク6種類を参加料100円で飲みくらべ、お気に入りの1杯に投票しましょう。

初企画!「ここでしか味わえない希少な地元めし」

めったに出会えない、希少な地元めしを食べるチャンスです!たとえば、北海道から毎日空輸する活ボタンえびをのせた「活ボタンえびのせいくら丼」などが登場します。数量限定なので、お見逃しなく。

これは食べたい!「希少な地元めし」の一部を紹介します

ジンギスカン十鉄(北海道)「ジンギスカン焼きそば」

北海道の新たなご当地グルメ「ジンギスカン焼きそば」の豪華版です。ジンギスカンのラム肉は、肩ロースから600gしかとれない希少部位を使用。ラムの旨みが麺に染み込んだ、至福の焼きそばです。

三陸食堂えびす(宮城県)「セリ鍋うどん」

鴨肉とたっぷりのセリを鍋にして、うどんをプラス。濃厚な鴨の出汁とシャキシャキのセリは最高の組み合せです。宮城の味を贅沢にいただきましょう。

うっふぷりん(大阪府)「能勢セレクトプリン」

3層になったプリンは能勢特産の渋皮栗のペースト入り。特製生クリームとほろ苦カラメルソースも加わり、美味しいハーモニーを奏でます。

小豆島ラーメンHISHIO(岡山県)「醤(ひしお)ラーメン」

近海でとれたカタクチイワシと小豆島産の醤油がスープのベースになっています。たっぷりの野菜がサッパリした後味の秘密。瀬戸内の恵みが詰まったラーメンです。

王道地元めしから希少地元めしまで。お店をハシゴして、地元めしを食べ歩きましょう!

開催概要
「第4回地元めしフェス“クオーゼイ”in日比谷」
開催期間:2017年4月6日(木)~4月9日(日)※雨天決行、荒天中止
時間:10:00~20:00 ※最終日は18:00まで 
会場:日比谷公園・大噴水前広場(東京都千代田区日比谷公園1-2)
参加店舗:3月1日現在で約60店舗を予定
主催:地元めしフェス”クオーゼイ”in日比谷実行委員会

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ