桜の名所、お祭り、観光スポットが結ばれる!「しながわフェスウィーク2017」が初開催

  • 2546 |
  • 最終更新:

品川・港南エリアの運河を活用して、複数のイベントや観光スポット、桜の名所など、品川・港南エリア一帯を周遊して遊べる「しながわフェスウィーク2017」が初開催されます。期間は、2017年4月1日(土)~4月21日(金)まで。特別運行されるクルーズ船や巡回バス、「運河プロジェクションマッピング」、「水辺の屋台」など、多彩なプログラムで、子供から大人まで楽しめますよ。

品川・港南エリアの魅力を最大限発信!「しながわフェスウィーク2017」が初開催

風情が残る品川浦の船だまりや運河が豊富に存在する品川・港南エリア。数々のイベントが行われている天王洲エリアや、レジャースポットとして人気のあるしながわ水族館、区民公園、大井競馬場一帯を囲む京浜運河など、魅力あふれる水辺の多い場所として全国的に知られています。「しながわフェスウィーク2017」は、そんな水辺エリアの魅力を最大限発信しようと企画されたもの。これまで開催されていたイベントや新たに開催されるイベントを同時期に設定し、品川のさらなる賑わいを目指します。

約10の桜名所×17のお祭り・魅力スポットが、運河で結ばれる2日間

2017年4月8日(土)、9日(日)の2日間、天王洲運河、品川港南エリア、大崎、品川シーサイド、大井埠頭周辺などのエリアで開催される17のイベントや観光スポットを、特別運行されるクルーズ船や巡回バスが結び、エリア一帯を周遊して楽しめます。

また、見ごろを迎える目黒川や東品川海上公園、御殿山など、都内でも有数のお花見スポットも併せて一度に巡ることが可能となっています。クルーズ船にのって運河から臨む桜、バスを使ったお花見散策など、様々な交通手段によって多彩な景色、楽しみ方が体感できるのが魅力です。

「運河プロジェクションマッピング」「映画祭」など、多彩なプログラムも開催

中心地の天王洲運河水辺広場では、2017年4月7日(金)~9日(日)までの3日間、「天王洲キャナルフェス」が開催。運河沿いのビル壁面を巨大スクリーンに仕立て、運河周辺の夜景とともに迫力満点の映像が楽しめる「運河プロジェクションマッピング」や、「水辺の映画祭」、「水辺の屋台」、「水辺の芸術祭」など、運河を活かした多彩なプログラムが体験できます。

また、2017年4月8日(土)、9日(日)に東品川海上公園で行われる「運河まつり2017」では、気球体験(有料)、目黒川お花見クルーズ(有料)、ボルタリング、夜には花火が打ち上げられる予定。さらに、品川シーズンテラスでは、野外シアターイベント「品川オープンシアター」が開催され、東京タワーなどの夜景をバックに映画「ジュラシック・ワールド」が上映されます。

そのほかにも、様々なエリア内で、それぞれの立地や特徴を活かした様々な催しが開催される予定となっています。ぜひチェックしてくださいね。

期間限定「乗り物1dayパス」で、クルーズ、巡回バスが乗り放題に!

クルーズ船や巡回バスが特別運行される、2017年4月8日(土)、9日(日)の2日間、「乗り物1dayパス」が限定発売されます。こちらを購入すると、「さくらクルーズ」「巡回バス」などが乗り放題。各イベント会場や観光名所スムーズに巡回できますよ。

また、小さなお子様のいるファミリーには巡回バスもおすすめ。さらに、東京モノレール、りんかい線の天王洲アイル駅で乗車の際、改札口で「乗り物1dayパス」を提示すると、乗車記念グッズが受け取れます。

イベント詳細
名称:しながわフェスウィーク2017
会場:品川・港南エリア一帯
開催日程:2017年4月1日(土)~21日(金)
開催時間:会場、イベントによって異なる
参加費:無料(※一部有料コンテンツあり)
公式サイト:http://mizubetokyo.com/fes/sfw2017/

このページのTOPへ