アジアのアートと歴史に迫る!「サンシャワー:東南アジアの現代美術展」開催

  • 813 |
  • 最終更新:
花火特集2017

国立新美術館と森美術館では、2017年7月5日(水)から10月23日(月)まで、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が開催されます。 ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年にあたる2017年、東南アジアの現代美術を紹介する、史上最大規模の展覧会です。

今回の展覧会は、国立新美術館と森美術館の両館長が発案し、国際交流基金の賛同により実現したもの。3者が総力を挙げ、2年半にわたる現地調査を経てASEAN10カ国より85組(予定)のアーティストを選定、計約180点の作品を2館の会場に展示する、初の共同企画展となります。時代の潮流と変動を背景とした東南アジアにおける1980年代以降の現代アートの発展を9つの視点から掘り下げ、そのダイナミズムと多様性に迫りましょう。

ASEAN(東南アジア諸国連合って何?

インドネシア、カンボジア、シンガポール、タイ、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、ミャンマー、ラオス(50音順)東南アジア10か国から成るASEAN(東南アジア諸国連合)は1967年のバンコク宣言によって設立されました。原加盟国は、タイ、インドネシア、シンガポール、フィリピン、マレーシアの5か国で、1984年にブルネイが加盟後、加盟国が順次増加し、現在は10か国で構成されています。2015年に共同体となったASEANは、過去10年間に高い経済成長をみせており、今後、世界の「開かれた成長センター」となる潜在力が世界各国から注目されています。

※出典:外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/asean/)

セクション構成と主な作品を、美術館ごとにご紹介!

国立新美術館 企画展示室2E

国立新美術館の展示は5つのセクションにわかれています。地図からみるアジアの成り立ち、厳しい戦争下での芸術作品、そして日常の生活に至るまでを数々の作品でたどりましょう。

■うつろう世界

イー・イラン《うつろう世界》(「偉人」シリーズより)2010年
Courtesy: Silverlens Galleries, Makati, The Philippines

世界のいかなる地域や時代においても、地図には政治的、経済的に多様な価値観や視点が織り込まれています。アーティストが描き出す地図は、単に地理的な特徴を記すのではなく、東南アジアの複雑な歴史と空間を表しています。このセクションでは、異なる視点から土地とその意味を見つめる複層的な地図、人々の移動を記録することで記憶を呼び起こす地図、理想的な社会を求めた想像上の地図などをとおして、東南アジアという空間を考えます。

■情熱と革命

ホー・ルイ・アン《ソーラー:メルトダウン》2014年~
Courtesy: Maezawa Hideto; TPAM Performing Arts Meeting in Yokohama, 2016

東南アジア諸国の多くは、第二次世界大戦後の1940年代から80年代まで、植民地支配からの独立が続きました。その間、独立戦争、インドシナ戦争、ベトナム戦争、カンボジア内戦などが起こり、一方では芸術表現への抑圧や弾圧が続いた国も見られました。そうした環境のなかで、多くのアーティストは民主化や表現の自由、言論の自由に向けた活動を行ってきました。このセクションでは、こうした時代をリアルタイムで体験したアーティストの作品を中心に紹介します。

■アーカイブ

コウ・グワンハウ《シュ・ティエシェン――アーカイブから見る作家の100年》2014年
撮影:Koh Nguang How

近年、インターネットの発達によって、それまで発見や入手が困難だった情報へのアクセスが容易になり、それを起点にした調査研究をもとに、美術資料をアーカイブ化しようとする動きが見られます。東南アジアでも、各地で蓄積されてきた資料が公開されつつあり、その一方で、美術資料そのものを素材として作品化するアーティストも増えてきました。このセクションでは、そのうちシンガポールのザ・アーティスト・ビレッジ(TAV)の活動を総覧できるコウ・グワンハウの「シンガポール・アート・アーカイブ・プロジェクト」(2007年)をはじめ、いくつかの例を紹介します。

■さまざまなアイデンティティー

アラヤー・ラートチャムルンスック《私たちが若かったころ》(「女性像」シリーズより)1990年
所蔵:森美術館、東京

脱植民地主義の時代に入り、独立や民主化が人々にもたらしたのは、新しい国家としてのアイデンティティー、民族としてのアイデンティティー、個人としてのアイデンティティーなど、自らを成り立たせているアイデンティティーとは何か、という問いでした。この複雑な問いは、冷戦構造が終焉を迎えた1989年以降、それまでのイデオロギーに替わる新しい価値の基軸を求める世界各地で共有されたものでもありました。この時期に制作された現代美術の作品には、さまざまなレベルでアイデンティティーを問うものが多く見られましたが、これは今日もなお複雑な課題として継承されています。

■日々の生活

スラシー・クソンウォン《黄金の亡霊(現実に呼ばれて、私は目覚めた)》2014年
パフォーマンス風景:台北ビエンナーレ2014

1990年代以降、多くのアーティストが毎日の暮らしや日常に目を向け始めました。国際的にもグローバル化や多文化主義が拡がり、世界各地それぞれの平凡な日常のなかに文化的、社会的、歴史的文脈を見出し作品化することが、新しい世代の表現として注目されたのです。そこでは、家族との思い出、毎日の食事や遊び、路上での多様な営みが、絵画、写真、映像、インスタレーションなどのメディアをとおして現代美術の文脈に持ち込まれました。同時期、世界各地で急速に拡張した国際展では、新しい世代のアーティストが注目され、東南アジアのアーティストも世界へ活躍の場をひろげていきました。

森美術館

森美術館では4つのセクションから、急激な経済発展に隠された闇や多様に発展した宗教や文化、そしてアートを通して世代をこえた対話を試みます。

■発展とその影

ジョンペット・クスウィダナント《言葉と動きの可能性》2013年
所蔵:森美術館、東京

総人口6億人を超えるASEANは、世界的にも今後の成長が期待されており、自由貿易によって生まれる巨大市場に海外資本も注目しています。成長率は国によって異なりますが、高度経済成長とそれに伴う開発は、都市部の景観を急速に変え、人々の生活にも劇的な変化を及ぼしています。その影で社会には格差が生まれ、伝統的な文化が喪失されることへの懸念もあります。アーティストは、しばしばそうした変化を批評的に見つめています。

■アートとは何か?なぜやるのか?

ニュー・ゼロ/アイ・コー《村の美術学校》2015年~

公的な美術館など現代美術のための制度が発展途上にある東南アジアでは、創造活動の目的も現代美術を取り囲む制度内での成功に限定されていません。むしろ、若い世代のアーティストのなかには、環境問題や離散する地域社会などコミュニティーのさまざまな課題へ向けてアートに何ができるのかを問う姿勢が顕著に見られます。コミュニティーに介入し、一般の人たちの参加を求めるソーシャリー・エンゲイジド・アートの実践や、コレクティブ(集団)としての活動は、日本よりも色濃く見られる特徴のひとつと言えるでしょう。

■瞑想としてのメディア

コラクリット・アルナーノンチャイ 《おかしな名前の人たちが集まった部屋の中で歴史で絵画を描く3》 2015年
Courtesy: Carlos/Ishikawa,London; Clearing,Brussels/New York

東南アジア諸国では多様な民族、言語、文化、宗教が共存しており、そこで継承されている年中行事や祭祀は、成長や開発が進む今日においても日々の暮らしに密接に関係し、現世だけでなく死後の世界や超自然界に向けられた関心などにも繋がっています。このセクションでは、古来の自然信仰から特定の宗教まで、より幅広い神秘的で崇高な世界を、伝統的な工芸のテクニックや思想をとおして作品化しているアーティストを紹介します。

■歴史との対話

イセ 《アナザー・ストーリー》のためのドローイング 2017年

東南アジアの新しい世代のなかには、さまざまな政治的、経済的、社会的な変化を繰り返してきた地域の歴史、とりわけ戦争や抑圧の歴史を訪ね、記憶を継承しようとする動きが見られます。また、現代アートの発展に大きな貢献をしてきた先の世代のアーティストの実践を、現代に継承しようとする意識も見られます。このセクションでは、歴史の再訪や、世代を超えた対話をとおして、今日の社会や現代美術をより大きな歴史のなかに位置づけようとしている作品を紹介します。

六本木エリアの2つの美術館での開催となる今回の展覧会。ぜひ足を運んで、東南アジアの今までとこれからをアートをとおして感じてみましょう。

【イベント概要】
名称:ASEAN設立50周年記念「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」
会期 : 2017年7月5日(水)〜10月23日(月)
会場 : 国立新美術館 企画展示室2E、森美術館
主催 : 国立新美術館、森美術館、国際交流基金アジアセンター
一般問い合わせ:ハローダイヤル 03-5777-8600
展覧会HP:http://sunshower2017.jp

観覧料:【2館共通】(一般)当日1,800円、前売り1,600円(大学生)当日800円、前売り600円
【単館】(一般)当日1,000円、団体800円(大学生)当日500円、団体300円
※高校生及び18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)は無料。
※障がい者手帳をご持参の方(付添の方1名を含む)は無料。
※学生は身分証等をご提示ください。
※団体券は各館で販売(国立新美術館は20名以上、森美術館は15名以上で団体料金を適用)します。
※前売券(2館共通のみ販売)は、展覧会ホームページでお求めください。(販売期間については、後日、展覧会ホームページにてお知らせします。)
※サントリー美術館、森美術館、国立新美術館で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、相互割引「あとろ割」(200円引)が適用されます。
※森美術館併設の展望台 東京シティビュー、屋上 スカイデッキ、森アーツセンターギャラリーへの入館は別料金になります。

■各会場案内
【国立新美術館 企画展示室2E】
住所 〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
開館時間 10:00〜18:00(毎週金曜日・土曜日は21:00まで)※入場は閉館の30分前まで
休館日 毎週火曜日
美術館ホームページ http://www.nact.jp/
アクセス 東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)

【森美術館】
住所 〒106-6150 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
開館時間 10:00〜22:00(毎週火曜日は17:00まで)※入場は閉館の30分前まで
休館日 会期中無休
美術館ホームページ www.mori.art.museum
アクセス 東京メトロ千代田線 六本木駅 1C出口徒歩0分(コンコースにて直結)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ