「手打ちさぬきうどん」に「鯛めし丼」も!3月15日から新宿小田急「四国・瀬戸内物産展」開催

  • 999 |
  • 最終更新:

四国と山陽地方3県の美味しいものが新宿小田急に勢ぞろいします!小田急百貨店新宿店は3月15日(水)~3月21日(火)の期間中、「四国・瀬戸内物産展」を開催。約60店舗が参加し、名産品や特産品を販売します。イートインコーナーもあり、その場で四国・瀬戸内グルメを堪能することができますよ。限定メニューもお楽しみに。

四国・瀬戸内の名産品が大集合

豊かな自然に恵まれ、独自の文化をもつ四国・瀬戸内エリアは、名産品・特産品の宝庫です。たとえば愛媛や高知の新鮮な海産物、広島や岡山の柑橘類。“うどん県”として名をはせる香川の「さぬきうどん」もハズせませんね。「四国・瀬戸内物産展」では、そんな各地の特産品を使った極上メニューがずらり。イートインを食べ歩き、気になる1品をテイクアウトしましょう。

どれも美味しそう!四国・瀬戸内グルメをチェック

四国名物をイートインコーナーで

愛媛県「ほづみ亭」

透明度バツグンの宇和島海で育まれた鯛を、「鯛めし丼“二代目桜”」(1,290円)で召しあがれ。東京で「鯛めし」といえば、鯛をご飯と一緒に炊き込みます。一方、宇和島の郷土料理「宇和島鯛めし」は鯛の刺身と生卵をご飯にのせ、特製タレをかけて食べるスタイル。小田急限定メニューを豪快にいただきましょう。提供は1日50杯限定です。

香川県「本格手打 もり家」

“うどん県”からは、手打ちのぶっかけうどんが登場します。限定メニュー「春野菜と瀬戸の海鮮天ぷら ぶっかけうどん」(972円)は、ボリューム満点です。春野菜は香川の筍とアスパラガス、徳島県の人参と四国産のものばかり。瀬戸内の海鮮天ぷらもサクサク食感で絶品ですよ。麺はツルツルもちもち。コシの強さが違います。行列店渾身の味に思わずうなるはず。

高知県「土佐寿司 土佐くれ竹」 

「鰹タタキ漬丼」(1,080円)は、高知を代表する名物「鰹のタタキ」を漬けにしてたっぷりのせた1品。しょうが醤油、またはしょうが醤油を選べます。あぶった皮の香ばしさ、ギュッと閉じ込められた旨みを堪能してください。

瀬戸内の柑橘スイーツは手土産に最適

穏やかな気候で陽光に恵まれた瀬戸内は、柑橘類の栽培が盛んです。瀬戸内海から吹く、ミネラルたっぷりの潮風も美味しさの秘密だとか。そんな柑橘類を使ったスイーツを紹介します。サッパリ、爽やかなスイーツは春に食べたくなる味。手土産にしても喜ばれます。

広島県「カスターニャ」

「広島レモンチーズケーキ」(直径約12cm・1,404円)

岡山県「RARE PLANT」

「フルーツコラーゲンゼリー」(12本入・岡山白桃、岡山県産愛宕梨 各650円)

広島県「しまなみドルチェ」

「瀬戸田のデコみかんジェラート」(シングル・320円)

丼メニューにうどん、柑橘スイーツまで。どれも食べてみたいですね。新宿小田急で四国・瀬戸内の味を満喫しましょう!

開催概要
新宿小田急「四国・瀬戸内物産展」
開催日時:2017年3月15日(水)~21日(火)10:00~20:00 ※最終日は17:00まで
会場:小田急百貨店新宿店本館11階催物場
URL:http://www.odakyu-dept.co.jp/shinjuku/index.htm

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ