3月のテーマは「マルシェでお茶会」!「太陽のマルシェ」で飲みくらべや手もみ体験にチャレンジ

  • 968 |
  • 最終更新:

3月11日(土)と3月12日(日)の両日、中央区勝どきの月島第二児童公園で「太陽のマルシェ」が開催されます!3月のテーマは「マルシェでお茶会」。お茶にまつわるワークショップ、お茶うけにピッタリなスイーツの販売などがおこなわれます。参加すれば、お茶の時間がもっと楽しくなりますよ。

毎月開催、「太陽のマルシェ」とは?

「太陽のマルシェ」は、日本最大級規模の都市型マルシェ。毎月第2土曜日・日曜日に中央区勝どきの月島第二児童公園で開催されます。買い物をするだけでなく、さまざまな体験が詰まったワークショップも実施。全国から総勢100店舗以上がマルシェに参加し、季節ごとにテーマが変わります。いつ参加しても新鮮な出会いと驚きに満ちた、魅力的なマルシェです。

お茶づくしの2日間!「マルシェでお茶会」

こだわりの日本茶・コーヒー・紅茶がずらり

マルシェには日本茶のほか、国内外のコーヒーや紅茶が勢ぞろい。茶草場農法で栽培された静岡県・田中農園の「深蒸し茶」、ほのかに甘い香りと豊かな風味が上品な安間製茶の茶葉などを購入できます。オーナーみずから厳選生豆をていねいにハンドピックして自家焙煎したRoster Cafe Aranciato(ロースターカフェ・アランチャート)のコーヒーや、九州産の茶葉を使用したおくだ茶房の「和紅茶」もおすすめです。妊婦さんや授乳中の人も柿葉本舗の「柿の葉のお茶」、Rapporti(ラッポルティ)の「玄米珈琲」ならノンカフェインだから安心して飲めますよ。

お茶うけにどうぞ。こだわりスイーツ

お茶うけにピッタリなスイーツも見逃せません。Natural sweets Toitoi(ナチュラル スイーツ トイトイ)の「有機紅茶を使ったスコーン」、シフォンタイムの「抹茶小豆シフォン」は絶品です。昔ながらのお茶受け、梅干しも要チェック。紀州福の梅本舗みやぶんの「味梅」は、ハチミツの甘さと梅の酸味がマッチした、緑茶に合う1品です。

ワークショップでより深くお茶を味わおう

茶葉手揉み体験

昔ながらの手揉みにチャレンジ。指導するのは、静岡県川根市の茶手揉保存会川根支部のスタッフです。茶の手揉みの流派の1つ「川根揉切流」発祥の地で活動するスタッフが、本格的な手揉みを教えてくれます。茶葉にふれ、その感触や香りを確かめてみませんか?茶葉は揉む人によって仕上がりが違うそう。完成したお茶は、お土産として持ち帰ることができますよ。

<茶手揉保存会川根支部による手揉み体験ワークショップ>
開催日時:3月11日(土)、12日(日)10:00~16:00 ※最終受付14:00 
参加費:無料

日本茶の飲みくらべ

樽脇園の「川根茶」と田中農園の「掛川茶」を飲みくらべてみましょう。味だけでなく口あたりや香りの違いを感じられるはず。茶畑の園主が、お茶の豆知識や美味しいお茶の入れ方をレクチャーします。お茶の味わい方が変わるワークショップです。

<静岡県産日本茶 産地別飲み比べ体験ワークショップ>
開催日時:3月11日(土)、12日(日)10:00~16:00 ※最終受付16:30 
参加費:500円(税込)

3月の「太陽のマルシェ」で、いざ奥深いお茶の世界へ!どんなお茶にめぐり合えるかワクワクしますね。

開催概要
太陽のマルシェ
開催日:3月11日(土)、12日(日)※毎月第2土曜日・日曜日に開催。
開催時間:10:00~16:00 ※4月~9月は10:00~17:00
※雨天決行。荒天時は中止の場合があり。中止時は特設サイト(http://www.timealive.jp)内で連絡。
会場:月島第二児童公園(東京都中央区勝どき1-9-8)
アクセス:都営地下鉄大江戸線「勝どき』駅下車。A4a出口またはA4b出口すぐ。
URL:http://timealive.jp

このページのTOPへ