20世紀を代表する彫刻作品が集結!国立新美術館でジャコメッティ展開催

  • 最終更新:
花火特集2017

国立新美術館では、平成29年6月14日(水)〜9月4日(月)の期間中「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」が開催されます。20世紀を代表する彫刻家で、細長く引き伸ばされた人物像で知られるジャコメッティ。南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心に、初期から晩年までの作品約135点が展示されます。

マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

ジャコメッティってどんな人?

スイスに生まれ、フランスで活躍したアルベルト・ジャコメッティ(1901〜1966 年)は、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりと言われています。アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを吸収したジャコメッティは、身体を線のように長く引き伸ばしたまったく新しい独自の彫刻スタイルを確立しました。

アルベルト・ジャコメッティ    《鼻》    1947年    ブロンズ、針金、ロープ、鉄    大阪新美術館建設準備室

またジャコメッティは、日本人哲学者である矢内原伊作(1918〜1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。

見どころをご紹介!

日本で開催されるジャコメッティ展としては11年ぶりの個展となる今回の展覧会。彫刻約50点、絵画約5点、素描と版画約80点と多くの作品が出品される展覧会の見どころをご紹介します。

ジャコメッティの代表的な彫刻が集結

アルベルト・ジャコメッティ    《犬》    1951年    ブロンズ    マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

ジャコメッティの彫刻には、豊かなヴァリエーションがあります。キュビスムやシュルレアリスムなどに影響を受けた第二次世界大戦前の試み、モデルを前にして制作された彫像、わずか数センチの小さな人物像や複数の人物を組み合わせた群像、そして、細長い人物像まで、あらゆる時代の代表作が一堂に会します。世界的な彫刻家の歩みを辿りましょう。

実現しなかったチェース・マンハッタン銀行のための大作3点

アルベルト・ジャコメッティ    《歩く男Ⅰ》    1960年    ブロンズ    マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France)

チェース・マンハッタン銀行からの依頼を受けて、ニューヨークの広場のために制作された3点の大作、《歩く男I》《女性立像II》《大きな頭部》がそろって出品されます。このプロジェクトは実現しませんでしたが、最晩年のジャコメッティの挑戦を、壮大なスケールによって体感できます。

芸術によって人間の本質を追い求めた稀代のアーティスト、ジャコメッティの生涯にせまる展覧会となっています。ぜひ足を運んでみてくださいね!

■開催概要
タイトル : 国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展
会期 : 平成29年6月14日(水)〜9月4日(月)
会場 : 国立新美術館 企画展示室 1E
開館時間 : 10:00〜18:00 金曜日は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
休館日 : 毎週火曜日
料金 【当日】一般1,600円、大学生1,200円、高校生800円【前売り】一般1,400円、大学生1,000円、高校生600円
※前売券は4月1日(土)〜6月13日(火)までの販売。国立新美術館では6月12日(月)まで
※中学生以下は無料 ※団体は20名以上 ※障害者手帳をご持参の方(付き添いの方1名含む)無料

お問合せ  03-5777-8600(ハローダイヤル)
国立新美術館ホームページ http://www.nact.jp/
展覧会ホームページ http://www.tbs.co.jp/giacometti2017/

※画像写真の無断転載禁止

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ