東京国立博物館で思いっきり春を満喫!「博物館でお花見を」開催

  • 1886 |
  • 最終更新:

東京国立博物館(東京・上野公園)では、2017年3月14日(火)~4月9日(日)まで桜にちなんだ名品を展示し、さまざまなイベントも開催する春の恒例企画『博物館でお花見を』が実施されます。展示室では名品に咲く桜、自慢の庭園では約10種類の桜が花を咲かせます。この記事では、編集部おすすめのイベントをピックアップしてご紹介します!

歴史にふれて、花をめでて。春だけの特別なトーハク

「源氏物語図屏風(若菜上)」

伝土佐光則 筆 江戸時代・17世紀 個人蔵 本館7室で3月22日(水)から展示

猫が開けた御簾(みす)の隙間から、柏木が女三宮を目撃。満開の桜が恋の始まりを祝福しています。

「山海愛度図会・花をごらんあそばしたい

歌川国芳 筆 江戸時代・嘉永5年(1852) 本館10室で3月22日(水)から展示

さまざまな花の意匠で身を飾った、彼女自身が花のよう。桜のようにも見える金色の髪飾りが特徴です。

春の庭園開放

当館自慢の庭園を期間限定で開放されます。2017年は特別に、例年より長く実施します。展示室で桜の作品を見たあとは、庭園でゆったりとお花見を楽しめます。また、特別展「茶の湯」の開幕に合わせて、4月11日(火)~5月7日(日)まで転合庵の内部を外から見ることも可能です。

期間 3月14日(火)~5月7日(日)10:00~16:00
   (ライトアップ実施日は19:30まで)
※庭園ライトアップは3月31日(金)、4月1日(土)・7日(金)・8日(土)、19:30まで

 

このほか、スタンプラリーや音楽なども楽しめます。ぜひ詳細を公式HPでチェックして、春のおでかけを楽しんでくださいね!


■開催概要■
イベント名:博物館でお花見を
期間   :2017年3月14日(火)~4月9日(日)
開館時間 :9:30~17:00
      ※ 金・土曜日は20:00まで、4月2日(日)・9日(日)は18:00まで
      ※ 入館は閉館の30分前まで
休館日  :3月21日(火)
観覧料  :一般620円(520円)/大学生410円(310円)
      ※ ( )内は20名以上の団体料金
      ※ 高校生以下、および満18歳未満と満70歳以上の方は無料。
        入館の際に年齢のわかるものをご提示ください。
      ※ 障がい者とその介護者1名は無料。
        入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。
ウェブサイト: http://www.tokyo-harusai.com

このページのTOPへ