江戸時代の日中文化を比較!特別展「江戸と北京―18世紀の都市と暮らし―」開催

  • 1208 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京都江戸東京博物館では、2017年2月18日(土)~4月9日(日)の期間中、特別展「江戸と北京 -18 世紀の都市と暮らし-」が開催されています。

「萌葱地葵紋付小紋染胴服」
徳川家康/所用 [重要文化財]
江戸時代・初期
江戸東京博物館蔵

本展では18世紀を中心に、江戸と北京のなりたちや生活、文化を展観し比較します。これまで清朝の芸術や宮廷文化に関する展覧会は数多くありましたが、北京の都市生活を江戸と比較する企画は、今回が初めて。展示を通して友好と相互理解を深める契機となりそうです。

展示のみどころは?

江戸・北京の街並みを描いた絵巻の競演

『万寿盛典』(康煕六旬万寿盛典図)
清時代・1717年(康煕56)
中国・首都博物館蔵

江戸・日本橋の賑わいを描いた「熈代勝覧」と、乾隆帝 80 歳の式典に沸く北京の風景を描く「乾隆八旬万寿慶典図巻」、そして康熙帝 60 歳の式典を描いた「万寿盛典」を出陳し、同時代の江戸と北京を一目で比較できるようになっています。さらに絵巻に描かれるような当時の看板や商売の道具なども合わせて展示して、当時の風景を立体的に展観します。

「権門駕籠」
江戸時代
江戸東京博物館蔵

それぞれの都市の生活・文化を比較展示

歌川広重「名所江戸百景 水道橋、駿河台」 
江戸時代・1857年(安政4)
江戸東京博物館蔵

商売、歳時、学問や遊びなどの様々なテーマをもとに資料を展示し、似ているようで違っている江戸と北京の生活と文化を比較します。それぞれの文化からみえる当時の暮らしも、興味深いですね。

首都博物館所蔵の名品も登場

景徳鎮窯「青花御窯廠図磁器板」 
清時代・道光期(1821~1850)
中国・首都博物館蔵

首都博物館秘蔵のコレクションから、清代の芸術文化を伝える名品を展示。江戸の人々も憧れた絵画や陶磁器など、優れた美術品の数々が紹介されます。美しい芸術品から、当時の人々の文化を読み解きましょう。

「明黄色納紗彩雲金龍紋男単朝袍(礼服)」
雍正帝/所用
清時代
中国・故宮博物院蔵

■開催概要
展覧会名: 特別展「江戸と北京 -18 世紀の都市と暮らし-」
会期: 2017年2月18日(土)~4月9日(日) 44日間
※月曜日休館〈ただし、3月20日(月・祝)は開館、翌21日(火)は休館〉
会場: 東京都江戸東京博物館 1階 特別展示室(東京都墨田区横網1丁目4番1号)
お問い合わせ: 東京都江戸東京博物館 03-3626-9974(代表)
公式HP http://www.edo-tokyo-museum.or.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ