JR東京駅で今年最初のお花見を!「~黒塀横丁桜祭り~花宴の節」が開催決定

  • 1124 |
  • 最終更新:

東京駅八重洲口B1の商業施設「黒塀横丁」で、「黒塀横丁桜祭り~花宴の節~」が開催されます。期間は2月22日(水)から3月10日(金)です。東京駅で桜の宴を楽しんでみてはいかがでしょうか。

黒塀横丁桜祭り~花宴の節~って?

東京駅八重洲口B1の商業施設「黒塀横丁」が、お花見仕様に大変身!日本を代表する山形県の早咲き桜「啓翁桜」(けいおうざくら)の枝約3,500本が彩る館内で、絶品グルメを堪能しましょう。

桜の香りと米沢牛の旨味広がる春の一皿「”春の訪れ”米沢牛冷しゃぶと桜ジュレ 山形の春野菜添え(米沢牛 黄木)」や、桜づくしの特別ちょい吞みセット「カリー(乾杯)セット(龍潭)」など、期間限定で桜食材を使用した桜メニュー全16種が用意されます。

会期中には日本のお花見をイメージした浮世絵の世界で、写真撮影ができるフォトスポットも登場。とっておきの1枚を撮影して、SNSにアップするのも良さそうですね。

気になるメニューをチェックしよう

~桜の香りと米沢牛の旨味広がる春の一皿~
「”春の訪れ”米沢牛冷しゃぶと桜ジュレ 山形の春野菜添え」

価格:1,000円(税込)
店舗:米沢牛 黄木
提供時間:17:00~21:00

桜色に仕上げた米沢牛のもも肉に、山形初春の野菜である雪うるいなどをあしらった冷しゃぶ。ジュレにも桜が使われており、味も見た目も華やかです。

~桜づくしの特別ちょい呑みセット~
「カリー(乾杯)セット」

価格:980円(税込)
店舗:龍潭
提供時間:16:00~L.O.

桜とキャベツのかきあげ、島らっきょうの桜ディップ、青パパイヤの桜和えの3品を味わいつつ、桜花を乗せた泡盛「龍泉」を堪能しましょう。

~蒸し焼きで香りと旨味をギュッと凝縮~
「知床鶏と桜の葉の紙包み焼き」

価格:907円(税込)
店舗:ヱビスバー黒塀横丁店
提供時間:17:00~L.O.

桜の花の塩漬けと琥珀ヱビスに漬け込んだ鶏肉に桜の葉を敷き、紙で包んで蒸し焼き。桜とビールがほんのりと香るジューシーな旨味をご堪能あれ。

~お茶漬けと天ぷらで楽しむ桜の味と香り~
「桜鯛の胡麻タレ茶漬膳」

価格:1,000円(税込)
店舗:築地 奈可嶋
提供時間:11:00~16:00

桜鯛と呼ばれる春の真鯛のお茶漬けは、濃厚なゴマダレで。菜の花やふきのとうの春野菜、エビとナスの天ぷらは桜をつぶした桜塩でさっぱりと。

~桜色も美しい和風ハイボール~
「桜ハイボール」

価格:600円(税込)
店舗:中国老舗 天津飯店
提供時間:15:00~L.O.

桜のリキュールをベースに、桜の花の塩漬けとハニーシロップを合わせたハイボール。飲む前にステアして、桜の香りと風味をめいっぱい楽しみましょう。

~桜と生姜が効いてさわやかな飲み口~
「SAKURA COOLER~サクラクーラー~」

価格:800円(税込)
店舗:バーバー東京
提供時間:11:00~L.O.

ベースは癖の少ないラム。桜のジャムとハニーシロップの優しい甘さに、ジンジャーエールのぴりっとした刺激が楽しいカクテルです。

広目屋(チンドン屋)の演舞開催!啓翁桜の生花無料配布も

会期中盤の3月4日(土)14時、16時、18時には、黒塀横丁内フォトスポットの脇で広目屋(チンドン屋)によるパフォーマンスが実施されます。各回先着50名(合計150名)限定で、山形県の啓翁桜の枝花の無料配布も行われます。枝花配布は無くなり次第終了となるので、気になる方は早めに行くのがおすすめです。

【開催概要】
黒塀横丁桜祭り~花宴の節~
開催期間:2月22日(水)~3月10日(金)
開催場所:東京駅八重洲口B1「黒塀横丁」

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ