今年も最高の絶景に会える!「2017富士芝桜まつり」4月開催

  • 516 |
  • 最終更新:

富士急行株式会社主催、富士山に春の訪れを告げる花の祭典「2017富士芝桜まつり」が4月15日(土)より開催されます。富士山と、足元にひろがる芝桜という絶景を楽しめる「富士芝桜まつり」。今年もたのしいイベントが盛りだくさんなので、ご紹介します!

「富士芝桜まつり」の見どころをご紹介

一番の見所は、何といっても世界遺産・富士山と、一面を埋めつくす色鮮やかな芝桜との競演です。2.4haもの広大な土地に、ピンクや赤、紫、白色の約80万株もの芝桜が咲き誇る会場からは、どこからでも雄大な富士山を望むことができます。その圧倒的な美しさから、アメリカ・CNNが発表した「日本の美しい風景31選」にも選ばれています。


10周年を迎える今年は、全面的に新株への植え替えを実施。昨年よりも1種増え全部で7種類となった色とりどりの芝桜が楽しめます。また、昨年好評であったムスカリやアネモネ、クリンソウなど芝桜以外の花も大幅に増やしており、期間中様々な花の開花リレーで会場を彩り続けます。

芝桜だけじゃない!たのしいイベントが盛りだくさん

今年から会場では「富士山大道芸フェスティバル」が同時開催されます。GW期間(4月29日~5月7日)を除く毎日、28組の日本を代表する大道芸人たちが週替わりで登場し、自慢のパフォーマンスを披露します。

他にも、毎年恒例のグルメイベント「富士山うまいものフェスタ」では、強いコシが自慢の「吉田うどん」やB級グルメとして有名な「富士宮やきそば」、山梨名物「甲州とりもつ煮」といった富士山周辺のグルメのほか、富士山の形をしたたい焼きや揚げかまぼこといった、思わず写真を撮りたくなるようなメニューが揃います。

そのほか、会場内での小休憩におすすめの「展望足湯」では、富士山と芝桜が織り成す絶景を眺めながら足湯を楽しめます。また会場内の芝桜と富士山が一望できる一等地にある「展望カフェ」では、芝桜をイメージしたホテルメイドの本格スイーツを堪能できるなど、大満足間違いなしのコンテンツが用意されていますよ。

美しい花と絶景で、すてきな休日を楽しみましょう。

■開催概要
名称:2017富士芝桜まつり
会場:富士本栖湖リゾート 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖2123
開催期間:2017年4月15日(土)~5月28日(日) 計44日間※開花状況により変動あり。期間中無休。
営業時間:8:00~17:00※混雑状況により変更となる場合があります。
入園料金:大人(中学生以上)600円 小人(3歳以上)250円 団体大人500円 団体小人200円(15名以上より適用)
駐車場:約1,000台(普通車500円/1台、大型車2,000円/1台、バイク300円/1台)
アクセス:車/中央自動車道河口湖ICから国道139号経由約25分
東名高速道路富士IC・新東名高速道路新富士ICから約50分
バス/新宿駅(バスタ新宿)より直通高速バスで約2時間25分、
富士急行線河口湖駅より会場行きバスで約30分
JR新富士駅より会場行きバスで約75分
電車/JR中央本線大月駅で富士急行線に乗り換え河口湖駅下車、会場行きバス乗り換え
お問合せ:富士芝桜まつり事務局 0555-89-3031

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ