本格懐石を500円で楽しめる!「料亭きりん」が六本木に限定OPEN

  • 2780 |
  • 最終更新:

「本格をもっと手軽に」をコンセプトにした新感覚の懐石料理「料亭きりん」が、2017年2月15日(水)から2月18日(土)の期間限定で六本木にオープンします!日本料理「賛否両論」のオーナーである笠原将弘氏がプロデュースを手がけており、繊細で美しい懐石料理と、キリン株式会社のおいしいお酒が楽しめますよ。

本格懐石セットが500円!

高級で手を出しづらいイメージがある懐石料理をがらりと変える「料亭きりん」。キリンのチューハイブランドと笠原氏がコラボレーションしたお酒と、本格的な懐石料理のセットのお値段は、なんと500円(税込)。これはお得すぎますね!

海老ごはん

ワンコインで楽しめる本格懐石とコラボチューハイで、すてきな大人の時間を過ごしましょう。

大根とごまみそあんかけ季節の野菜添え

笠原将弘さんのプロフィール

料理人/日本料理「賛否両論」店主。1972年東京生まれ。「正月屋吉兆」で9年間修業後、武蔵小山にある実家の焼鳥店「とり将」を継ぐ。店の30周年を機に一旦店を閉め、2004年、恵比寿に自身の店「賛否両論」を開店。独創的な感性で作り上げる料理が評判を呼び、たちまち予約の取れない人気店となる。2013年、名古屋に「賛否両論名古屋」、2014年、広尾に「賛否両論メンズ館」を開店。和食給食応援団東日本代表を務めるなど、食育、和食推進活動にも力を注いでいる。基本的な家庭料理から専門料理まで、和食の魅力を伝える著書も多数。

店舗概要
店舗名:料亭きりん
営業期間:2017年2月15日(水)~18日(土)※状況により、変更になる場合があります
営業時間:16時~22時(L.O 21時30分)
場所:ラピロス六本木(港区六本木6-1-24)
アクセス:東京メトロ日比谷線「六本木」駅下車徒歩1分
料亭きりん 特設サイト: http://ryotei.kirin.jp/

このページのTOPへ