池袋で「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」開催!毒のある生き物の生態を知ろう

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

サンシャイン水族館では3月16日(木)~6月25日(日)の期間中、毒を持つ生き物約25種を展示する特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」が開催されます。2014年夏に開催し、94日間で約20万人の来場を数えた「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」は、様々な毒を持つ生き物が紹介され大盛況となりました。今回は展示生物を全て一新してさらにパワーアップしています。さっそく詳細をチェックしましょう!

触っただけで死ぬ!?恐怖の生き物たち

今回は、「防御するための毒をもつ生物」「毒を利活用する生物」「死亡例のある生物」の3つのコンセプトをベースにゾーン分けをして、毒を持つ生き物たちが紹介されます。

魔女の毒薬調合室~防御するための毒をもつ生物~

暗く鬱蒼とした「魔女の毒薬調合室」をイメージした室内には、ヤスデやムカデなどをはじめ、カエルや淡水エイなど外見も毒々しい生き物たちが展示されます。

マッドサイエンティストの研究室~毒を利活用する生物~

マッドサイエンティストの研究室をイメージした室内には、毒ヒレや毒牙をもつ魚類や強毒のクラゲ、陸ガメの中で唯一毒をもつハコガメ、刺激臭を放つスカンクなど、様々な生き物たちを展示します。また、ここでは3,000種類の香りを操る女性・匹田愛さん(プロモツール株式会社 調香師)が実際にスカンクの臭腺を嗅いで調香した「スカンクの分泌液の臭い」を体感できる仕掛けも登場しますよ。

レッドゾーン~死亡例のある生物~

人を死に至らしめることもある危険な毒生物を展示する「レッドゾーン」には、食中毒の原因となるフグの仲間や触れるだけでも危険なイソギンチャク、毒針を持つエイなど、最恐レベルの毒生物たちが勢揃いします。


ほかにも、タンパク毒を持ち体長40cmを超える個体も存在するムカデの最大種「ペルビアンジャイアントオオムカデ」などが展示される予定です。また、サンシャイン水族館本館内のカナロア カフェやショップ アクアポケットでは、見た目が毒々しいメニューや関連商品が販売されるので、こちらもお見逃しなく!

今回は「見る」だけでなく、「触(ふ)れる」「嗅ぐ」などの体験があり、五感で『毒』を感じることができる内容となっているので、ぜひ足を運んで楽しみましょう!

■イベント詳細
名称 サンシャイン水族館特別展「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展・痛(もうどく展2)」
開催期間 3月16日(木)~6月25日(日)10:00~20:00※最終入場は終了30分前
会場 サンシャインシティ ワールドインポートマ-トビル・屋上 特別展会場
料金 600円 ※水族館本館利用の方および年間パスポートをお持ちの方、対象施設(*)・イベントを利用の方は400円。
※混雑の状況により、整理券を配布する場合がございます。
(*)SKY CIRCUS サンシャイン60展望台・コニカミノルタプラネタリウム”満天”・古代オリエント博物館・ナンジャタウン・J-WORLD TOKYOなど

■サンシャイン水族館 概要
所在地:東京都豊島区東池袋3-1 サンシャインシティ ワールドインポートマートビル・屋上
営業時間:10:00~20:00(4月~10月)、10:00~18:00(11月~3月)※最終入場は終了1時間前 ※変更になる場合がございます
入場料金:大人(高校生以上)2,000円、こども(小・中学生)1,000円、幼児(4才以上)700円、シニア(65才以上)1,700円
問合せ先:サンシャイン水族館  03-3989-3466
URL:http://www.sunshinecity.co.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ