100年前から続く「菓子博」が今年は伊勢で開催!注目グルメをご紹介!

  • 2666 |
  • 最終更新:

三重県では、平成29年4月21日(金)~5月14日(日)まで、県営サンアリーナとその周辺を会場として、『お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へ』をテーマに、「第27回全国菓子大博覧会・三重」(愛称:お伊勢さん菓子博2017)が開催されます。

全国菓子大博覧会(菓子博)って何?

全国菓子大博覧会は、お菓子の祭典としておよそ4年に1度、全国各地を回って開催されています。その地域の菓子屋で構成される菓子工業組合や地方自治体などの実行委員会が行う大きなイベントです。明治44年の第1回帝国菓子飴大品評会から、戦争による一時中断を挟み、名称を全国菓子大博覧会と変えて、これまで26回の開催を重ねています。

会場では、全国のお菓子が展示・即売され、また菓匠(菓子職人)により作られた工芸菓子が披露されます。優秀な作品には皇族による名誉総裁賞、内閣総理大臣賞、農林水産大臣賞などが授与され、全国菓子大博覧会での受賞は、菓子業界の中でも最高の栄誉とされています。

三重では初開催!名物・赤福の新商品も登場

三重県での全国菓子大博覧会開催は初となります。「お伊勢さん菓子博2017」期間中は、100人以上の三重県内の菓子職人が制作に関わった「巨大工芸菓子」の展示、「老舗菓子屋共同開発のパフェ」や「赤福祝盆」などの菓子博限定商品の販売、菓子博史上初の試みとなる高校・専門学校生による工芸菓子展示など多彩な企画が催されます。

職人100人以上が作り上げる巨大工芸菓子のテーマは「江戸時代のお伊勢まいり」

広大なメインアリーナには、「お伊勢さん菓子博2017」の魅力のひとつ、博覧会のシンボルとなる巨大工芸菓子を設置。歌川広重「伊勢参宮宮川の渡し」の浮世絵をモチーフに、江戸時代のお伊勢まいりのにぎわいを巨大工芸菓子で表現します。およそ幅10m、奥行き5.5mの大きさで、県内100人以上の和洋菓子職人たちが、匠の技を結集して創り上げる迫力満点の作品です。

赤福の新商品!菓子博限定白あんの赤福餅を販売!

老舗和菓子メーカー6社による真菓会(しんかかい)は、江戸時代に伊勢まいりの街道沿いで旅人をもてなした“茶屋”を「おかげ茶屋」として出展します。中でも注目は、赤福の新商品「赤福餅 祝盆(いわいぼん)」です。通常の赤福餅と、白小豆を使用した白あんの赤福餅を一つずつのせたお盆です。どんなお味か気になりますね!

他にも、全国から集結した約2500点のお菓子や、三重のグルメを堪能できるフードコートなど、たのしいコンテンツがもりだくさん。ぜひ足を運んで、素敵なお菓子時間を楽しみましょう!

「お伊勢さん菓子博2017」概要
名称 第27回全国菓子大博覧会・三重(愛称:お伊勢さん菓子博2017)
期間 平成29年4月21日(金)~5月14日(日)24日間
時間 10時00分~18時00分(ただし、最終日は17時まで)
会場 三重県営サンアリーナ(伊勢市朝熊町字鴨谷4383-4)及びその周辺
主催 第27回全国菓子大博覧会・三重 実行委員会
テーマ お菓子がつなぐ「おもてなし」を世界へ
入場料 前売券 普通・大人1,800円 /シニア1,400円 /中学・高校生1,200円 /小学生700円(税込)
当日券 普通・大人2,000円 /シニア1,600円 /中学・高校生1,400円 /小学生800円(税込)
※前売券は2017年4月20日(木)まで三重県内のお菓子屋さん(三重県菓子工業組合加盟店)、
イオングループ各店舗(一部店舗を除く)中部・関西エリアの各店、近鉄駅営業所、
三重交通主要きっぷ売場、近鉄百貨店(一部店舗を除く)各店ギフトサロン他、
主な旅行代理店、主なコンビニエンスストア、公式ホームページなどにて発売中
※県内150以上の店舗や施設で、お伊勢さん菓子博2017の入場券を提示していただくと様々な特典やサービスなどの入場券特典が受けられます。

公式HP http://www.kashihaku-mie.jp/

このページのTOPへ