FLOWERS BY NAKED 2017 春 日本橋で日本一早いお花見を。

  • 最終更新:
花火特集2017

『FLOWERS by NAKED 2017 -立春-』が、日本橋三井ホールにて開催されます。期間は2017年2月2日(木)~3月20日(月・祝)です。昨年通算15万人を動員した人気イベントが今回はさらにバージョンアップ!早速その詳細をチェックしてみましょう。

現地レポートはこちら!

速攻レポート!日本一早いお花見「FLOWERS by NAKED」に行ってきた!

https://asoview-news.com/article/11298/

FLOWERS by NAKEDが今年も開催決定!

今年のテーマは"立春(春の始まり)"

プロジェクションマッピング、生花、オブジェ、香り、人物、音楽、飲食、ファッションといった様々な演出や技術で幻想的な空間が体験できる『FLOWERS by NAKED』 が、日本橋三井ホールで開催されます。期間は2017年2月2日(木)~3月20日(月・祝)です。

デザイナー・丸山敬太氏、いけばな草月流など新たな才能とコラボレーション

昨年15万人を動員したイベントの今年のテーマは、"立春(春の始まり)"です。二十四節気の立春を、様々な花の体験を通して五感で感じましょう。イベントのメインとなるのは、桜のアート「桜彩」エリアです。日本を代表するファッションデザイナーの1人、丸山 敬太氏が手がけるドレスと映像演出を組み合わせたインスタレーションで、幻想的な春の空間が出現します。

会場では、いけばな草月流家元・勅使河原 茜氏との共作となる新作も発表される予定です。草月流を代表する竹を使用したダイナミックな作品は、私たちに春の訪れを感じさせてくれるはずです。

SNSで発信!都会の花のフェスティバル

 

会場内がすべて写真撮影可能であることも、イベントの特徴の一つです。前年は、Instagramでのイベントハッシュタグの投稿数が約2万以上を記録。アートを体験するだけでなく、会場で撮影した写真を自分の作品として SNS にアップし、来場者自身が表現者側にもなる…花を通して様々なコミュニケーションや作品が生み出される、都会ならではの花のフェスティバルです。

フォトジェニックなスポットが目白押しの会場で、素敵な写真を撮影しちゃいましょう!

気になる展示を詳しくチェック!

01:BIG BOOK, BIG FLOWERS(ビッグブック、ビッグフラワーズ)

まだ寒い冬の世界に立春(春の始まり)が訪れた『FLOWERS by NAKED』への入り口。プロジェクションマッピングで彩られた、約2m×約3mの本型のオブジェ Big Book と花々のオブジェ Big Flowers が昨年よりもさらに増え、来場者を迎えてくれます。

02:MOSAIC FLOWERS(モザイク フラワーズ)

Big Flowers を抜け、段々と花たちのミクロな世界へ。壁の前に立つと、バラ、パンジー、カラーなど 27 種類の花の中から、自分の花が1輪咲き、花言葉を教えてくれます。来場者それぞれ、どのような花が咲きどのような花言葉が届くのかは、歩いてみてからのお楽しみ。今年は、ラグジュアリーブランド「PIAGET(ピアジェ)」とコラボしたピアジェローズも特別に登場。「好き、嫌い...」と花びらを一枚一枚千切る花占いを現代的に解釈した、花と遊ぶインタラクティブアートです。

03:DANDELION CLOCKS(ダンデライオン クロックス)

子供の頃にたんぽぽの綿毛を吹いた遊びを基にしたインタラクティブアート。約 6m にも及ぶ透明の筒状のオブジェの中にあるたんぽぽに息を吹きかけると、美しい綿毛がプロジェクションマッピングによって舞い上がります。半透明の壁に映し出された舞い散る綿毛を、オブジェの中にいる人だけでなく、外からも見て楽しめます。また、会場内を歩いている「春の精霊」が通り過ぎると、オブジェに桜吹雪が起こり、春が訪れる新しい演出も。

04:FROZEN FLOWERS(フローズン フラワーズ)

闇に佇む、凍り付いた静謐な冬の花園。プリザーブドフラワーやオブジェで出来た花々の周りには、まだ生命が生まれる前の原子たちが空中を飛んでいます。花々に光が流れ込むと、陽が満ちるように光が広がるインスタレーション作品です。

05:タイトル未定

日本三大流派のひとつである、いけばな草月流とネイキッドによる新作。草月流を代表する竹を使用したダイナミックな作品で、春の訪れが表現されます。

06:桜彩(おうさい)

今回のコンセプトでもある「日本一早いお花見」を司る桜のインスタレーションです。昨年の約 2 倍の規模に広がった空間には、本物の桜と、特殊な和紙を桜の花に型抜きした巨大な桜のオブジェが頭上に広がります。ファッションデザイナー 丸山 敬太氏が創作した「春の精霊」が起こした春一番が吹くと、新緑が芽吹きめる演出も。花のオリジナルカクテルや、厳選された日本酒、甘味を味わいながら、都会ならではのお花見を楽しみましょう。

07:“THE SECRET”of the secret garden(ザ・シークレット・オブ・ザ・シークレットガーデン)

会場の最後には、FLOWERS by NAKED の世界を司る秘密の実験室が出現。色鮮やかな試験管やボトルが並び、その様はまるで、これまで体験してきた作品がここで生成されているかのよう。会場内のいくつかの作品のために開発された花のアロマで、香りも楽しめるインスタレーションです。

桜のアート空間で味わうドリンクやスイーツにも注目

桜のアート空間「桜彩」のエリアには、飲食スペースが設けられています。代々⽊上原の⼈気レストラン「9STORIES」監修の、桜のワインクーラーなど花をモチーフにしたオリジナルカクテルや、広島県を代表する蔵元「花酔酒造」の「FLOWERS by NAKED 2017 —⽴春—」オリジナルパッケージの⽇本酒『桜彩』、「ネスカフェ ドルチェ グスト 宇治抹茶」とコラボレーションした⽢酒宇治抹茶などのドリンクと、桜のマカロンなどのスイーツを味わえます。

都会ならではのお花見を彩るメニューをいち早くご紹介します。

桜のワインクーラー 1,200円

ほんのり甘酒を効かせた白ワインベースのサングリアです。中には本物の桜が!飲みながら春を感じられるドリンクです。

ハーバルスプモーニ 1,200円

新緑をイメージした、ハーブとグレープフルーツのすっきりしたカクテルです。

甘酒宇治抹茶 900円

「FLOWERS by NAKED 2017 —立春—」が「ネスカフェドルチェ グスト 宇治抹茶」とコラボレーションした、ここでしか味わえない甘酒の抹茶ラテです。お酒が飲めない人も楽しめるドリンクです。

紀州梅のソーダ〈スターアニスとローズヒップ〉 900円

花酔酒造“桜彩” 1,000円(グラス1杯)

サクラマカロン/ショコラマカロン 450 円(1個)

AROMATIQUE第表フラワーデザイナー、堺美和子氏プロデュースのフラワーマカロンです。素材にこだわった手作りマカロンに、ドライエディブルフラワーを飾ったここでしか食べられないスイーツです。

 

クリエイティブカンパニーNAKEDがプロデュースする、ひと足早い春の訪れを体感しに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

イベント概要
FLOWERS by NAKED 2017 ̶立春̶(フラワーズバイネイキッド 2017 リッシュン)
開催場所:日本橋三井ホール COREDO 室町1 5F(エントランスは4F)
開催期間:2017年2月2日(木)〜3月20日(月・祝)
営業時間:10:00〜20:00
※入場は閉場の 30 分前まで ※会期中無休
入場料:大人(高校生以上) 早割1,200円 当日1,400円、小人(小・中学生) 早割700円、当日900円
※チケットぴあにて発売中。公式 HP「TICKET」からご購入ください。
※当日券は、会場内チケットカウンターにて 2/2(木)から発売
※未就学児は無料 
公式サイト:http://flowersbynaked.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ