「草間彌生 わが永遠の魂」国立新美術館で開催。 稀代の天才芸術家の全貌を堪能しよう

  • 4073 |
  • 最終更新:

国立新美術館で、「草間彌生 わが永遠の魂」が開催されます。期間は2017年2月22日(水)~ 5月22日(月)。世界を舞台に活躍する前衛芸術家・草間彌生の魅力を、余すところなく伝える集大成となる展覧会です。気になる詳細を早速チェックしてみましょう!

草間彌生の全貌に迫る展覧会が開催

「わが永遠の魂」シリーズより
《行こう、空の彼方へ》 2014
S120 / 194.0×194.0cm
©YAYOI KUSAMA

国立新美術館開館10周年を記念した展覧会、「草間彌生 わが永遠の魂」が開催されます。期間は、2017年2月22日(水)~ 5月22日(月)です。今や「日本が生み出した最も傑出したアーティスト」といっても過言ではない、前衛芸術家・草間彌生の全貌に迫る貴重な機会です。

「わが永遠の魂」シリーズより
《しのびがたい愛の行方》 2014
S120 / 194.0×194.0cm
©YAYOI KUSAMA

今回の展覧会では、2009年から草間彌生が精力的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」を中心に、一挙約130点が日本初公開されます。さらに、初期から現在に至る創作活動の全貌も総合的に紹介。過去最大規模の個展から目が離せません!

要チェック!展覧会のみどころはココ

世界のKUSAMA、過去最大級の個展が東京で実現

「世界で最も影響力のある100人」(2016年、米『タイム』誌)に日本人で唯一選出、「世界で最も人気のあるアーティスト」(2014年、英『アート・ニュースペーパー』紙)に選出されるなど、世界有数の実力と知名度を誇る草間彌生。テート・モダン(ロンドン)やポンピドゥ・センター(パリ)など世界に名だたる美術館での個展を成功させ、中南米やアジア、北欧でも大規模な個展を行うなど、多くの人々を魅了し続けています。国内で過去最大級の個展が、ついに東京で実現しました。

圧巻の最新作「わが永遠の魂」が一挙に初公開

「わが永遠の魂」シリーズより
《いまわしい戦争のあとでは幸福で心が一杯になるばかり》 2010
S120 / 194.0×194.0cm
©YAYOI KUSAMA

草間彌生が2009年から意欲的に取り組んでいる大型の絵画シリーズ「わが永遠の魂」から厳選した約130点が一挙に公開されます。全作品が日本初公開とあって、これは見逃せません。

稀代の天才芸術家、草間彌生の全貌を紹介

《生命の輝きに満ちて》 2011
Courtesy of Ota Fine Arts, Tokyo/Singapore; Victoria Miro
Gallery, London; David Zwirner, New York
©YAYOI KUSAMA

国内での活動を経て、1957年に渡米、15年間にわたりニューヨークで活躍していた草間彌生。高い評価を得て、活動の場を東京へ移した後も、世界を舞台に活躍し続けています。代名詞ともいえる水玉をモティーフとした作品やネット・ペインティング、ソフト・スカルプチュア、無限の鏡の間など、多岐にわたる草間芸術の全貌が、初期から最新作まで、たっぷりと紹介されます。

初期から最新作まで!出展作品の一部をご紹介

初期作品

幼少の頃より絵を描くことが好きだった草間彌生は、京都市立美術工芸学校で日本画を学び、故郷の松本で創作活動を開始しました。1950年代に描かれた作品は、抽象的でありながら、動植物、人間、天体、都市など、多岐にわたるモティーフをテーマに、生命感と宇宙的な広がりを感じさせます。批評家・瀧口修造らに高く評価され、東京でも何度か個展を開催しました。

ニューヨーク時代

《トラヴェリング・ライフ》 1964
151.0×82.0×高さ248.0cm
京都国立近代美術館蔵
©YAYOI KUSAMA 撮影:上野則宏

日本での芸術活動に限界を感じた草間は、1957年に単身アメリカに渡り、翌年にはニューヨークに居を移します。草間が最初に高い評価を受けたのは、巨大なカンヴァスを小さな網目状のストロークで埋め尽くした、中心も際限もなく、構成を排除したモノクロームのネット・ペインティングでした。その後、男根状の突起を家具などにびっしり貼り付けたソフト・スカルプチュア、同一物の集積/反復によるアキュミュレイション、オブジェやイメージによって空間を埋め尽くすエンヴァイラメント(インスタレーション)、ハプニング(パフォーマンス)など、性や食品に対するオブセッション(強迫観念)を主題とした先駆的な作品を矢継ぎ早に発表し、注目を集めます。

東京時代

《黄樹》 1992
フォーエバー現代美術館蔵
162.0×390.0cm
©YAYOI KUSAMA

体調を崩し、1973年に帰国した草間は、東京で入院生活を送りながら活動を再開します。絵画や彫刻、インスタレーションにおいては、水玉、ネット、男根状の突起などの従来のモティーフを大胆に再解釈し、具象的なイメージと組み合わせた色彩豊かな作品が生み出されました。コラージュ、版画、小説や詩といった文学作品など、新しい分野にも挑戦します。性と死、無限の宇宙などの普遍的なテーマにもとづくこれら作品は、率直な表現によって新しい観客を獲得しました。コラボレーションやタイアップも数多くおこなわれ、草間の作品世界はますます広がりました。

巨大なかぼちゃ

南瓜 2007
フォーエバー現代美術館蔵
©YAYOI KUSAMA

アートの島・直島のシンボルにもなっている、巨大なかぼちゃをモチーフにした作品も登場します。その大きさはなんと、高さ4.5m、幅5mのビッグサイズ!写真撮影もOKなので、フォトジェニックな1枚を撮影してみてはいかがでしょうか。

草間彌生ってどんな人?

©YAYOI KUSAMA

前衛芸術家でもあり、小説家でもある草間彌生。1929年に長野県松本市に生まれ、幼少より水玉と網目を用いた幻想的な絵画を制作していました。1957年に単身で渡米し、前衛芸術家としての地位を築きます。1973年活動拠点を東京に移し、1993年ヴェネツィア・ビエンナーレで日本代表として日本館初の個展を開催しました。2001年に朝日賞を受賞、2009年に文化功労者に表彰されます。

また、2009年には「わが永遠の魂」シリーズの制作を開始。世界各国で巡回展を開催しています。2014年に、世界で最も人気のあるアーティスト(『アート・ニュースペーパー』紙)に、2016年には世界で最も影響力がある100人(『タイム』誌)に選ばれています。2016年には文化勲章も受章している、まさに日本を代表するアーティストです。

開催概要
名称:草間彌生 わが永遠の魂
開催期間:2017年2月22日(水)~ 5月22日(月)
開催場所:国立新美術館 企画展示室1E
開館時間:10:00~18:00 (入場は閉館の30分前まで)
※金曜日は20:00まで開館
※4月29日(土)~5月7日(日)は毎日20:00まで開館
問い合わせ:03-5777-8600
公式サイト:http://kusama2017.jp/

このページのTOPへ