世界初巡回は東京から!博物標本の魅力に迫る「大英自然史博物館展」開催

  • 最終更新:
花火特集2017

国立科学博物館で、2017年3月18日(土)~6月11日(日)の期間中「大英自然史博物館展」が開催されます。大英自然史博物館が誇る8000万点の収蔵標本の中から、世界的にも貴重な「至宝」のコレクション約370点が選りすぐられ、一堂に展示される貴重な機会です。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

ピルトダウン人の頭骨片と下顎骨
©The Trustees of the Natural History Museum, London

大英自然史博物館とは

大英自然史博物館 外観
©The Trustees of the Natural History Museum, London

大英自然史博物館( The Natural History Museum )は、世界で最も優れた博物学標本のコレクションを所蔵していると同時に、毎年約500万人が訪れる、イギリスで最も人気のある観光スポットの一つです。

大英自然史博物館 外観
©The Trustees of the Natural History Museum, London

ロンドンにあるこの博物館は、1881年に開館しました。博物館は、17~18世紀に形作られたハンス・スローン卿のコレクションを源流としており、現在、世界中から集められた動植物や化石、岩石および鉱物は8000万点にまで膨らんでいます。

待望!貸し出しNGの貴重な所蔵品がついに世界巡回

呪われたアメジスト
©The Trustees of the Natural History Museum, London

大英自然史博物館は、伝統的に主要所蔵品の貸し出しを控えてきたため、今回が初めての世界巡回展となります。その最初の会場に選ばれたのが、日本の国立科学博物館です。

モア
©The Trustees of the Natural History Museum, London

出品される展示物は動植物、化石、鉱物など多岐にわたり、ほぼすべて日本初公開が予定されています。標本を紹介するだけでなく、会場ではさまざまな動画も上映されます。

「始祖鳥 CG画像」
©The Trustees of the Natural History Museum, London
Museum Alive 3D, Produced by Atlantic Productions for Sky

「始祖鳥」が化石から復元されて大英自然史博物館内を動き出すなど、現実では起こりえない驚きの映像を見ながら、自然史の魅力に触れましょう。

日本から渡った貴重な標本も…見どころをご紹介

始祖鳥
©The Trustees of the Natural History Museum, London

19世紀後半、来日した英国人によってそれまでは入手が困難だった日本の自然史標本が博物館にもたらされました。日本の自然史研究が未熟だったこの時代、これらの自然物は大英自然史博物館の研究者によって研究されることとなります。海をこえて明らかになった真実に迫りましょう。そのほか、科学史をぬりかえるような学術標本や、研究を支える資料が多数展示されます。魅惑的な世界をたっぷり堪能しましょう。

 

イベント概要
展覧会名 大英自然史博物館展
会場 国立科学博物館
所在地 〒110-8718 東京都台東区上野公園7-20
会期 2017年3月18日(土)~6月11日(日)
開館時間 午前9時~午後5時(金・土曜日は午後8時まで。4月30日(日)~5月4日(木)は午後6時まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで。
休館日 3月21日(火)、 4月10日(月)、 4月17日(月)、 4月24日(月)、 5月8日(月)、 5月15日(月)、 5月22日(月)、 5月29日(月)
※諸事情により、開館時間、休館日等を変更する場合がありますので、最新の情報について公式HP等でご確認ください。
公式サイト:http://treasures2017.jp

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ