小田急新宿店に「冬の北海道物産展」がやってくる!限定コラボメニューも登場!

  • 3925 |
  • 最終更新:

小田急百貨店新宿店では、2017年1月18日(水)~25日(水)の期間、北海道の約60の人気店が出店する物産展が開催されます。今年は人気店同士がコラボした限定メニューや、海鮮を贅沢に使用した小田急限定メニューが登場するなど注目商品が満載。気になるメニューの一部をさっそくご紹介します!

人気店同士がタッグを組んだ「コラボde北海道」

まずは、人気店がタッグを組んで開発された限定メニューから。今年は十勝名物 豚丼の人気店「ドライブインいとう」と、サンマを丸ごと使った釧路名物「さんまんま」で人気の「魚政」がコラボレーションを果たしました。秘伝のタレで焼いたロース肉と、さんまんまの甘じょっぱいタレで焼いたバラ肉が1杯で楽しめる豚丼と、秘伝の豚丼タレで和えたネギを盛り付けたさんまんまが小田急限定メニューとして登場します。どちらもここでしか味わえないので、ぜひお見逃しなく!

『ドライブインいとう清水本店』コラボで55豚丼 1,296円/1人前 ※各日限定55食(イートイン)


『魚政』十勝との出逢いさんまんま 790円/1折  ※各日限定50折

オホーツク地域の新名物が新宿に集合!

東京農業大学オホーツクキャンパスで2010年から始まった、「東京農業大学生物産業学部オホーツクものづくり・ビジネス地域創成塾」から生まれた、新たな名産品が東京に初登場します。このプロジェクトは、オホーツク地域の産業の活性化を目的に、地場産品を活用した食品開発の知識や技術力・創造力を身につけた人材の養成を目指す取り組みです。学生たちが作った新名物、どんな味が気になりますね!

『丸喜 北日本物流』オホーツクグラタン(冷凍) 

約15cmサイズの本物のホタテの貝殻を器に、オホーツク産の帆立2個分、北海道産かぼちゃやチーズのほか、小麦粉や牛乳も道産のものを使った北海道尽くしのグラタンです。

810円/1個

『大宮商店』知床チェプ饅(冷凍)

「チェプ」はアイヌ語で「鮭」。秋鮭と道産の野菜をふんだんに使ったチャンチャン焼きを、斜里産の小麦で作ったモチモチの生地で包んだ地元の新名物が新宿に初登場します。

1,080円/1箱3個入

北の海の恵みをふんだんに使った小田急限定メニュー

ほかにも、小田急でしか食べられない限定メニューはまだまだあります!北の味覚を味わいましょう。

『おたる巽鮨』蝦夷アワビ豪快丼 カニ食べ比べ握りセット(カニ汁付き)

ボイルタラバ、ボイルズワイと生ズワイの3種のにぎりの食べ比べと、丸ごとのボタンエビ、エゾアワビのほか、いくらやホタテ、ウニなどを盛り付けた豪快などんぶりのセットです。

3,780円/1人前 ※各日限定30食(イートイン)

『美食千歳』なっまら贅沢2段重弁当

特大ホタテ(2Lサイズ)をはじめ、生ウニ、ボタンエビ、タラバガニ、毛ガニ、地鮭、ニシン、アワビ、イクラ、厚焼き玉子の10種の具が乗った海鮮丼と、ウニやイクラ、エゾアワビなど彩り豊かな具材がちりばめられたちらし寿司の豪華2段重です。

4,500円/1折 ※各日限定50折

■イベント詳細
名称:冬の北海道物産展
期間:1月18日(水)~25日(水)午前10時~午後8時 ※最終日は午後7時閉場
場所:小田急百貨店新宿店本館11階催物場
所在地:東京都新宿区西新宿1-1-3
アクセス:新宿駅西口すぐ
TEL:03-3342-1111(大代表)
URL:http://www.odakyu-dept.co.jp/
出店数:食品55店、工芸9店

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ