東京ドイツ村のイルミネーション取材レポート!大迫力の3Dイルミネーションが登場

    PR

  • 5295 |
  • 最終更新:

千葉県・袖ヶ浦市にある「東京ドイツ村」では、2016年11月1日(火)から2017年3月31日(金)までの期間、ウインターイルミネーション「大冒険~★Doki★Doki★Smile~」が開催されています。今回は、見どころたっぷりのウインターイルミネーション「大冒険~★Doki★Doki★Smile~」を、asoview!編集部員が取材してきました。家族でもカップルでも楽しめる、この冬最高のエンターテイメントに注目です!

東京ドイツ村ってこんなところ!

千葉県・袖ヶ浦市にある「東京ドイツ村」は、大人から子どもまで楽しめるテーマパークです。ドイツの田園風景をイメージした園内には、こども動物園やアトラクション、パターゴルフなどさまざまなアトラクションが用意されています。ローズガーデンやイルミネーションなど、季節ごとに違った表情を楽しめるのも魅力です。緑豊かな園内で、癒しの時間を過ごしましょう。

南房総最大の光の競演!東京ドイツ村ウインターイルミネーション2016-2017「大冒険~★Doki★Doki★Smile~」とは?

東京ドイツ村で開催中のイルミネーション

東京ドイツ村ウインターイルミネーション2016-2017「大冒険~★Doki★Doki★Smile~」は、2016年11月1日(火)~2017年3月31日(金)の期間、東京ドイツ村で開催されるイルミネーションイベントです。約250万個のLEDや電球を使った園内には、昼間とは全く異なる幻想的で美しい世界が広がります。今年で11回目を迎える、南房総最大のウインターイルミネーションは必見です。

今年のテーマは「大冒険」

毎年テーマを変えて開催されるので、昨年と同じものはほとんどありません。初めての方はもちろん、リピーターの方も新鮮な感動に包まれるはず!今年のテーマは「大冒険」。光と音が醸し出す、夜の東京ドイツ村へお出かけしてみましょう。

家族で行きたい!体感型のイルミネーション

イルミネーションというとカップルで出かけるイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし東京ドイツ村のイルミネーションは、家族連れにも非常にオススメ。躍動感のある光のショーや、空から眺めるイルミネーションなど、お子さまが夢中になる仕掛けがいっぱいです。

今年のイルミネーションを点灯するのはアナタ!

イルミネーションの点灯スイッチを押せる「ライトアッププレゼンター」が募集されています。当選すると、点灯式でイルミネーションのスイッチを押せるという夢のような体験ができます!開催日が決まっているので、東京ドイツ村ホームページでチェックしてください。

参加希望の方は、マルクトプラッツ2階のインフォメーションで応募しましょう。受付時間は9時30分から15時まで。当選者には電話で連絡があります。

チェックしたいポイントは3つ!

まばゆい光に彩られる園内はとても広大ですので、絶景ポイントを中心に鑑賞し、移動しながら全体を見渡すのがオススメです。東京ドイツ村を訪れたら、必ずチェックしたいポイントをご紹介します。家族で行けば、ますます絆が深まること間違いなし。さあ、出発です!

3Dイルミネーション

まずは東京ドイツ村ウインターイルミネーションの特徴の1つでもある、3Dイルミネーション。光に彩られた立体オブジェが、まるで本物さながらに浮き上がります。伝説の都市アトランティスや、色とりどりの花園など、幻想的な世界へトリップ!

園内中ほどの芝桜の丘にある展望デッキからは、壮大な3Dイルミネーションの全景が望めます。右手には空飛ぶ船、真ん中には気球が。子供たちが夢中になる、まさに「大冒険」の世界が広がります。

芝桜の丘とコキアの丘の間にある、ゆるやかな上り坂の頂上が展望デッキです。

虹のトンネル

全長70mにもおよぶ虹のトンネルも見逃せません。光のアーチをくぐり、ロマンティックな夜のお散歩を楽しんでみてはいかがでしょうか。>実は東京ドイツ村の虹のトンネルは「元祖・虹のトンネル」。日本で初めての虹のトンネルだといわれています。

>中をくぐって光に包まれ、イルミネーションを堪能するのもよし、虹のトンネルと観覧車をバックに写真を撮るのもオススメです。

光と音のショー

もう1つの注目ポイントへ行ってみましょう!イルミネーションのメイン会場ともいえるマルクトプラッツです。大きな広場を囲むように並ぶ建物一面が、レインボーカラーの電球で装飾されています。

壁にはコミカルな音楽隊のモチーフも。マルクトプラッツのイルミネーションは、子どもたちにも大人気のスポットです。その秘密は、音と光のショーにあります!音楽に合わせて電飾が変化する、大迫力のエンタ-テイメントを満喫しましょう。

20分間隔で頻繁に開催されているので、何度も見たくなってしまいます。幻想的な光景は、まるで建物が歌っているかのよう。広場全体が会場なので、さまざまな位置から鑑賞できます。

見とれていると、なにやらフワフワした物体が飛んできました。シャボン玉です!子どもたちも大興奮。タッチしようと懸命にジャンプ!割れると辺りにバニラの香りが漂います。

愛唄、キセキ、世界に一つだけの花など、おなじみのヒットナンバーが流れるので、思わず口ずさんでしまう人が続出。ドラマティックなメロディーにのせて溢れる鮮やかな光の洪水に、時を忘れて夢中になってしまうはず。感動のクライマックスは必見です。

注目スポットへ向かっている間も、イルミネーションに彩られた散策路が続きます。「大冒険」をイメージした世界を探検しながら記念写真を撮りましょう!

広い園内も、あっという間に感じるかもしれません。フォトジェニックなスポットがたくさんなので、お気に入りの場所を見つけてみてください。

観覧車からイルミネーションを見よう!

東京ドイツ村に訪れたからには、ぜひ観覧車にも乗ってみましょう!広大な敷地を空中から眺めれば、地上からとはまた違った発見ができるはず。乗り物が大好きな子どもたちにも大人気のアトラクションです。

どこまでも続く光の絨毯に、思わず言葉を失います。高度が上がるにつれて、さまざまな景色を楽しめるのも魅力です。

家族で仲良く乗るのもよし、気になるあの人と乗るのもよし、東京ドイツ村に来たらぜひとも体験したいコンテンツの一つです。

観覧車の待ち時間ってどのくらい?

絶景が楽しめるとあって、大人気の観覧車。約9分間の空中散歩が楽しめます。イルミネーションの点灯後は、1時間以上もの待ち時間になることもあります。混雑を避けるなら、ピークが過ぎた19時過ぎに訪れるのがオススメです。

イルミネーションをますます楽しく!こんなスポットも!

記念撮影するならココがおすすめ!

東京ドイツ村で過ごした最高のひと時を、ぜひとも写真に残しましょう!園内には記念撮影にピッタリのフォトロケーションが用意されています。場所はマルクトプラッツの入り口付近です。東京ドイツ村のボードに顔を当てはめて、パチリとコミカルな1枚を撮影しましょう。

気になる2人の相性は!?ドキドキしちゃうハートの占い

手をつないでハートの目の前に立ってみると…ピンクのハートが煌めいて、相性を占ってくれます。

さっそく挑戦してみます。結果は…

もちろん相性バッチリ!大好きなあの人と挑戦してみれば、盛り上がること間違いなし。家族でもワイワイ楽しめるコンテンツです。

寒いときにはちょっと休憩!あったかスペースで暖を取ろう

寒いときは、園内のレストランなどで暖をとりましょう。マルクトプラッツの2階にはフリースペースも。窓際のカウンター席に座れば、イルミネーションを眺めながらの休憩ができるのでオススメです。

この時期限定!おすすめフードが気になる!

この時期限定のフードメニューも用意されています。気になるラインナップをチェックしてみましょう。

光る飴(イチゴ味・ソーダ味)

なんといっても一番人気の限定商品は、光る飴です。キラキラ光る飴に、思わずニッコリ!

キラキラしたイルミネーションをイメージした飴は、イチゴ味とソーダ味の2種類が用意されています。数に限りがあるので、気になる方は早めにゲットしておきましょう。

肉まん、あんまん

寒い時期にピッタリ!東京ドイツ村の人気キャラクターをかたどった肉まんとあんまんで、体の芯からほっこり暖まりましょう。

黄色はホーリーまん(肉まん) 、ピンクはアンジーまん(あんまん)です。

目や耳の細工も細かくて、とってもキュート。あまりの可愛さに、ぱちりと記念撮影。食べるのがもったいなくなってしまいそうですね。

イルミネーション限定商品も多数登場!

イルミネーションに合わせて限定商品もたくさん用意されています。ぜひチェックしてみましょう。

こちらは人気商品のチョコシフォンケーキです。こっくりしたケーキが寒い冬にぴったり!お土産にも喜ばれそうです。

東京ドイツ村の営業時間

営業時間

東京ドイツ村の営業時間をご紹介します。イルミネーション期間中は閉園時間が異なるので注意しましょう。

11月1日~3月31日(イルミネーション開催期間)

  • 9:30~20:00(最終入園時間:19:30)

4月1日~7月31日

  • 9:30~17:00(最終入園時間:16:00)

園内の移動は車でOK!

広大な園内は車で回ることができます。そして園内各所に駐車が可能。小さなお子さま連れでも、余すところなく園内をまわれるのが嬉しいですね。東京ドイツ村を存分に満喫するなら、車での来園がオススメです。

イルミネーションの開催時は非常に混雑しますが、駐車場は十分にあるので安心です。園内を走る道路の脇と、マルクトプラッツ周辺に駐車スペースがあります。しかし、あまり奥に駐車すると、帰りに出口まで渋滞する場合も。入園ゲート近くに駐車し、歩きながらイルミネーション会場へ向かえばスムーズな退園ができ、おすすめです。

東京ドイツ村 ウインターイルミネーション2016-2017の料金

東京ドイツ村ではイルミネーション開催期間中、入場料金が変わります。通常大人1名800円、駐車料金1,000円のところ、期間中は乗用車1台につき2,000円となっています。駐車料金の中に入園料も含まれているので非常にお得。昼間から園内を散策し、夜のイルミネーションで締めくくることもできます。アトラクションに乗車する際には、アトラクション回数券など別途でチケットを購入しましょう。

イルミネーション開催期間中(11月1日~3月31日)

イルミネーション開催期間中は、駐車料金の中に入園料も含まれます。車以外の徒歩入園の場合は、4歳以上は1人500円の入園料が必要です。

  • 乗用車:2,000円
  • 大型バス:13,000円
  • 中小型バス:10,000円
  • 徒歩:1人500円(4歳以上)

通常期間(4月1日~10月31日)

通常期間は、入園料が別途必要になります。

入園料

  • 大人(中学生以上):800円
  • 小人(4歳~小学生):400円

駐車料金

  • 乗用車:1,000円
  • 大・中・小型バス:3,000円

東京ドイツ村へのアクセス方法

東京ドイツ村へのアクセス情報をご紹介します。園内の移動には車での来園が便利ですが、公共交通機関でのアクセスも可能です。路線バスの停留所からスグなのも嬉しいところですね。

車を利用する場合

  • 館山自動車道「姉崎袖ヶ浦IC」から約5分

公共交通機関を利用する場合

高速バス

  • JR「千葉駅」から、高速バス「カピーナ号(千葉~鴨川線)」に乗車し、「東京ドイツ村」下車

高速バスの時刻表はコチラ!

  • アクアライン高速バスに乗車し「袖ケ浦バスターミナル」下車。路線バス「農協平岡支店前」下車、徒歩約12分

アクアライン高速バスの時刻表はコチラ!

「農協平岡支店前」発の路線バス時刻表はコチラ!

電車・バス

  • JR内房線「袖ケ浦駅」から路線バスを利用

路線バスの時刻表はコチラ!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ