コニカミノルタプラネタリウム「天空」に新しいプログラムが登場。月の世界を堪能

  • 最終更新:
イルミネーション特集2017

東京スカイツリータウンにあるコニカミノルタプラネタリウム“天空”では、2016年12月16日(金)から新作オリジナルプラネタリウム『MOON』が上映されます。気になる詳細をチェックしてみましょう。

今宵、月の旅へ。魅惑のプラネタリウムが登場

数ある星々の中で、もっとも身近な存在、月。その様々な表情は、時に私たちに寄り添い、憧れの象徴として輝いています。遠くない未来、気軽に月に遊びに行けたら...。そんな私たちの“夢”と、その先にある“未来”を月の魅力とともに描いた作品が上映されます。本物さながらの「月への旅」をプラネタリウムで体験してみましょう。

松田翔太のナビゲートとサカナクションの音楽が月の世界に誘う

作品のナビゲーターは、auの三太郎シリーズをはじめ数多くのテレビCMや映画などに出演する俳優の松田翔太さん。落ち着きのある素敵な声で、聴く人の心を月の世界へと誘います。

音楽は『au×HAKUTO MOON CHALLENGE』の公式アンバサダーでもあるサカナクションが担当。特別に制作されたオリジナル・インストゥルメンタル「moon」がドームに響きわたります。

ナビゲーター 松田 翔太(まつだ しょうた)

1985年生まれ、東京都出身。2005年スペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る~旅立ちの時 不良少年の夢』で俳優デビュー。翌年、『陽気なギャングが地球を回す』で映画デビューを果たす。以降、映画・ドラマ・CMと幅広く活躍。主な作品に『花より男子』シリーズ、『LIAR GAME』シリーズ、映画『ワルボロ』『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』『アフロ田中』など。近作に、映画『イニシエーション・ラブ』、ドラマ『ディアスポリス -異邦警察-』、映画『ディアスポリス -DIRTY YELLOWBOYS-』などがある。

音楽 サカナクション『au×HAKUTO MOON CHALLENGE』公式アンバサダー

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。様々な表現方法を持つ5人組のバンド。全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとんどの大型野外フェスではヘッドライナーで登場するなど、現在の音楽シーンを代表するロックバンドである。

ナビゲーターも音楽も大注目のプラネタリウムの公開が、いまから待ち遠しいですね。

【作品概要】
au×HAKUTO オリジナルプラネタリウム『MOON』
開催場所:コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン®
上映期間:2016年12月16日(金)~2017年5月14日(日)予定 ※1月19日(木)は機器メンテナンスのため休館
上映時間:12月16日(金)~2017年1月30日(月) / 10:00、16:00、20:00の回(約40分)
※12月中の10:00の回の上映は、土・日・祝日のみの上映となります。
※1月1日(日)は10:00の回が上映中止となります。
料金:プラネタリウム 大人(中学生以上):1500円、こども(4才~小学生):900円、ヒーリングプラネタリウム:一律1700円(ヒーリング作品は、小学生未満の入場はできません)
公式サイト:https://planetarium.konicaminolta.jp/tenku/schedule/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ