「安藤忠雄展」国立新美術館で2017年開催!圧倒的な建築美に酔いしれよう

  • 2021 |
  • 最終更新:
花火特集2017

2017年9月27日(水)から12月18日(月)までの期間、六本木の国立新美術館で「国立新美術館開館 10 周年安藤忠雄展―挑戦―TADAO ANDO: A CONTINUING CHALLENGE」が開催されます。この展覧会では、安藤忠雄の半世紀近くに及ぶ壮大な創造的挑戦の軌跡が、5つのテーマに沿って紹介されています。設計のプロセスを伝えるスケッチ、ドローイング、模型に写真、映像といった、多彩な資料とともに安藤忠雄の世界を体感しましょう。

水の教会,1988年,北海道
水の教会
1988年、北海道
撮影:白鳥美雄

安藤忠雄ってどんな人?

1941年大阪生まれ。プロボクサーを経て独学で建築を学び、1969年に安藤忠雄建築研究所を設立しました。同年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、常に既成概念を打ち破る大胆な作品を世に送り出してきました。以降、日本建築学会賞をはじめ、フランス芸術文化勲章、国際建築家連合 (UIA) ゴールドメダルなど数々の名誉ある賞を受賞。イエール、コロンビア、ハーバード大学の客員教授を歴任し、97年から東京大学教授、現在、名誉教授として活動されています。

注目の展示作品をご紹介!

今回、注目を集めているのが、原寸大で空間再現される「光の教会」。安藤建築の特徴である、厳格な幾何学に沿って極限までそぎ落とされたような造形のシンプルさを体感できます。

光の教会
1989年、大阪府
撮影:新建築社

また、住宅建築では「限定された素材の使用、幾何学的構成の追及、自然との共生」といったテーマを感じられる安藤建築が100点以上紹介されています。線の美しさや空間の使い方に注目です。

住吉の長屋
1976年、大阪府
撮影:新建築社

商業施設の建築においては、「余白」を意識的に作り出す独創的なデザインがなされてきました。

表参道ヒルズ
2006年、東京都
撮影:松岡満男

そのほか、自然との融合を感じさせる建築物や、歴史的建築物の再生など、安藤氏が携わった数々の作品の軌跡を見られます。ぜひ安藤忠雄の世界を感じてください。

ベネッセハウス オーバル
1995年、香川県 直島
撮影:藤原光政

■イベント詳細
名称:国立新美術館開館 10 周年安藤忠雄展―挑戦―TADAO ANDO: A CONTINUING CHALLENGE
会期:2017年9月27日(水)~12月18日(月)
休館日:毎週火曜日
開館時間:午前10時~午後6時 金曜日は午後8時まで
※入場は閉館の30分前まで
会場:国立新美術館 企画展示室 1E+屋外展示場(東京・六本木)
主催:国立新美術館、TBS、朝日新聞社
共催:安藤忠雄建築展実行委員会
出展作品:屋外展示/「光の教会」原寸モデル 展示室内/スケッチ・ドローイング・建築模型・映像・写真など

お問い合わせ:03-5777-8600(ハローダイヤル)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ