「中目黒高架下」の注目店舗はココ!話題の新スポットを取材レポート!

  • 34210 |
  • 最終更新:

大注目の新スポット「中目黒高架下」が2016年11月22日(火)にオープンしました!東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下に、個性豊かな全28店舗がずらりと並びます。気になる施設の様子を早速asoview!編集部員が取材してきました。

コンセプトは"SHARE(シェア)"

中目黒駅高架下にオープンした商業施設、その名も「中目黒高架下」。中目黒近辺にゆかりのある飲食店や、関東初出店の店舗など、全28の店舗が出店しています。

新たな「高架下」のコンセプトは"SHARE(シェア)"です。全長約700mに渡る高架下を28の店舗が"SHARE"し、「中目黒らしい街の楽しみ方」ができる新しい商店街のカタチとなりました。 目黒川沿いには店舗用のテラススペースが設けられ、人や街に開かれた空間が創造されています。

中目黒駅から直結!オシャレな空間が出現!

中目黒駅を中心に、線路沿いの高架下を活かしてオープンした「中目黒高架下」。道で区切られた区画ごとに、A~Kのゾーンにわかれています。それぞれのショップには線路沿いの道から直接アクセス可能なので、お散歩しながら散策するのもオススメです。

特に注目のお店、おすすめのお店をご紹介!早速チェックしていきましょう。

注目の蔦屋書店を擁するBゾーン

正面口の改札を出ると、山手通りを挟んでおしゃれなエントランスが目に入ります。山手通りと目黒川に挟まれた「Bゾーン」です。白を基調とした空間に、暖かみのある色の照明が素敵です。

蔦屋書店

エントランスを入ってすぐにあるのは「蔦屋書店」です。

入り口にはスターバックスコーヒーもありますよ。

店内には椅子もあります。コーヒーを飲みながらぴったりの本を探したり、ちょっとした待ち合わせや休憩などにもぴったりです。

木の暖かみがあふれる店内には、本だけでなく雑貨も一緒に陳列されています。単なる本屋ではなく、ライフスタイルを提案するという蔦屋書店ならではのディスプレイです。

バックナンバーも豊富にあるので、ついつい長居してしまいそう。

クラフトビールの販売も行っています。コンビニやスーパーでは見かけない珍しい銘柄もあるので、ビール好きの人はトライしてみては?

LONCAFE STAND NAKAMEGURO

蔦屋書店を抜けると現れる、一軒家風の建物。なにやら甘い香りが漂ってきます。

湘南にある日本で初めてのフレンチトースト専門店が、中目黒に登場しました。

外はカリカリ、中はとろりとした新しい触感のスイーツ、本場フランスの「パンペルデュ」を再現した新感覚のフレンチトーストが味わえます。

中には高級食材「黒トリュフ」を使用した高級フレンチトーストも。香ばしい香りと芳醇なソースが、口の中いっぱいに広がります。

また、夜はシャンパンバーとなり、大人の空間に変身。お酒に合うお料理も提供されます。甘いものもお酒も楽しみたい!欲張り女子にぴったりのお店です。

中目黒駅側、Dゾーン~Kゾーンの注目店舗

山手通りを渡って駅側に戻りましょう。駅の南改札を出てすぐの「Dゾーン」の注目店舗は、女子ゴコロをくすぐるお店です。

THE CITY BAKERY

ニューヨーカーから絶大な支持を得るユニオンスクエアの老舗ベーカリーも登場です。道路沿いのショーウィンドーから見えるショップの様子は、異国さながら。

山盛りに積まれた焼きたてパンの中から、お好みをチョイスしましょう。

テイクアウトしても、店内でいただいても大丈夫。THE CITY BAKERYの代名詞ともいえるプレッツェルクロワッサンをはじめ、NYの味をそのままに再現したマフィン、クッキー、日本オリジナル商品のラインナップも豊富に揃います。

隣にはバーカウンターと、くつろぎのダイニングスペースも完備。

モーニング、ランチ、カフェ、バータイムまで、様々なシーンで活用できます。

ヴィノスやまざき

ベーカリーのお隣には、ワインがずらりと並ぶショップがあります。こちらは建物内でつながっており、中と外両方からアクセス可能です。こちらは、全国でも珍しい直輸入型ワイン専門店。現地で買い付けた400種類以上の直輸入ワインが販売されています。

パンとワインをチョイスして、お土産に、なんて使い方も良さそうです。

鶏だしおでん さもん

Dゾーンから1本挟んだEゾーンにあるのは、「鶏だしおでん さもん」。

選び抜いた鶏ガラと色々な野菜を長時間煮込んだコラーゲンたっぷりの鶏だしで味わう「おでん」がメインのお店です。プロデュースするのは、中目黒の「焼鶏あきら」や「水炊きしみず」で有名な清水明氏。

道路に面した厨房は、昔ながらのおでんの屋台のような雰囲気。あたたかな湯気がたちのぼります。

鶏串や、定番の大根やはんぺん、大人気の半熟卵など、鶏だしの旨味がしみ込んだ具材を堪能しましょう。また、厳選した地酒やワインなども豊富に取り揃えられています。

アサドール・デル・プラド

炭火焼料理とタパス・ピンチョスなどのスペイン風前菜が楽しめる、気軽に立ち寄れるスペインバル「アサドール・デル・プラド」。Fゾーンにあります。昼はカジュアルなランチ、カフェタイムにはスペイン直輸入のスイーツもあるので、用途に応じて使えそうです。

ピンチョスは1つずつ丁寧につくられています。1つからでもオーダーできるので、お好みでチョイスできるのも嬉しいですね。

店内はゆったりとスペースを取っています。テーブル席38席、ソファー席8席と余裕の配置。

カウンターの奥には、世界中の有名レストランで使われているスペイン製炭火焼マシン「JOSPER(ジャスパー)」が!グリルした最高級「石垣牛」ステーキや、新鮮な海鮮や野菜などのグリル料理を堪能しましょう。

ムーディーなテラス席もあります。こちらは24席。暖房器具付きなので、冬でも暖かです。

二○加屋長介

「アサール・デル・プラド」の隣にある「二○加屋長介」。「にわかやちょうすけ」と読みます。

博多で大ブームの「うどん居酒屋」の代表格であるこちらは、東京初上陸とあって大注目。糸島産の小麦をつかったコシのあるうどんが絶品です。

壁にどどーんと並んだ、質にこだわったおつまみは約80種類!「うどんって主食のイメージだし、居酒屋と合わないんじゃない?」なんて概念が覆ること間違いなし。

博多名物でもある極上の水炊きをベースにした「鶏白湯あつかけうどん」は〆にぴったりの一品です。こっくりとした、不思議な甘みと香りが絶妙です。お酒にもとってもマッチ。〆のつもりが、また飲みはじめてしまうかも!?

寿司の磯松

気軽にお寿司をいただけるお店「寿司の磯松」です。奥のテーブル席以外はすべてカウンターで構成。

目の前で握ってもらったお寿司を、早速いただきます。旬のこだわりネタは、口溶けも良く上品なお味です。

特製ドレッシングのサラダも、密かな人気になりそうです。日本酒、ワイン、シャンパンなど、どんどんお酒がすすみそうです。

立ち喰い焼肉 治郎丸

さらに歩いてGゾーンへ。「立ち喰い焼肉 治郎丸」にやってきました。

こちらは「立ち喰い」スタイルで食べる、斬新な焼肉のお店です。

入ってみると、ずらりとカウンターが並び、まるで寿司屋のよう。目の前の鉄板で、お肉を焼いて食べます。

扱う肉はすべてA4ランク以上のもの。1切れずつ注文ができます。

1切50円からと安い!希少部位もあるので、お好みにあわせて注文しましょう。無性に焼肉が食べたい時ってありますよね。そんな熱い思いに応えてくれる、大人気間違いなしのお店です。

各店舗が自由に設計したさまざまなオフィスやショップが出店する「NAKAME GALLERY STREET」もオープンしたりと、どんどん進化する高架下から目が離せません。新しく生まれ変わった高感度スポットに、お出かけしてみてはいかがでしょうか。

【スポット概要】
名称:中目黒高架下
開業日時:2016年11月22日(火)11:00 ※営業時間は店舗によって異なります。
公式サイト:http://www.nakamegurokoukashita.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ