横浜ー伊豆間を結ぶ新しい観光列車「THE ROYAL EXPRESS」のビジュアルを公開!

  • 最終更新:
花火特集2017

2017年夏、横浜と伊豆間をむすぶ新しい観光列車「THE ROYAL EXPRESS(ロイヤルエクスプレス)」が登場します!2016年11月17日(火)に渋谷でおこなわれた伊豆観光列車 記者発表会では、東急電鉄社長や伊豆急行社長のほかデザイナーの水戸岡鋭治さんが登壇し、注目の列車外観や室内のデザインが発表されました。

ワンランク上の旅を満喫。新しい観光列車登場!

横浜から伊豆まで約3時間、ワンランク上の旅をたのしめる「THE ROYAL EXPRESS」。観光列車では珍しくゆったりとした8両編成に、収容人数100名規模という国内最大級の観光列車です。その外観がこちら!

エクステリア(外観)イメージ

列車の名前でもある「ROYAL」がイメージされており、ロイヤルブルーとゴールドのラインが品格を感じさせますね。

じつはこの列車は、20年前に使っていた車両をリニューアルしたもの。列車と同じように、伊豆という土地をもういちど活気を戻したいという思いがあるそうです。東急電鉄社長の野本弘文氏は、「採算がとりにくい観光列車で、儲けようとは思っていない。列車そのもので利益を出すというよりは、伊豆に人を呼んで経済をまわして伊豆が元気になればと願っている」と、熱い思いを語りました。

インテリア(室内)イメージ

列車の内部も、木をふんだんに使った上質な空間がつくられています。客席のなかには、パーテーションで個室になる席もあり、家族やカップルでの旅行にぴったりのデザインになっています。海を望む窓側には、2人分の席が1つになったペアシートもあります。ゆったりくつろぎの時間を過ごせそうですね。

デザイナーは水戸岡鋭治さん

水戸岡先鋭治

列車全体のデザインを担当したのは、株式会社ドーンデザイン研究所代表の水戸岡鋭治さん。JR九州の駅舎や車両のデザインを担当しており、九州新幹線800系や、ななつ星in九州など人気列車を手がける一流デザイナーです。

車内の音楽にもこだわり

大迫淳英氏

また、「THE ROYAL EXPRESS」では、車内で音楽を楽しめるのも大きな魅力です。音楽の演出を担当するのはヴァイオリニストの大迫淳英さん。「旅と音楽」をテーマに活動されている注目のヴァイオリニストです。今回車内での音楽演出として、食事中に音楽の生演奏を企画するなど、なんともリッチな空間プロデュースを行っています。

結婚式もできる!?全く新しい列車のありかた

3号車イメージ

そのほか、列車内には結婚式や展示会にも使えるマルチスペースがもうけられるなど、乗車そのものが楽しみになる演出がもりだくさんです!

横浜駅には専用のカフェ・ラウンジも

横浜駅カフェ・ラウンジ イメージ

また運行開始にともない、横浜駅にはカフェ・ラウンジの設置や、伊豆急下田駅周辺では下田ロープウェイ寝姿山山頂店舗のリニューアルが計画されています。おでかけがますます楽しみになります。

リッチな空間と素敵な音楽もたのしめる「THE ROYAL EXPRESS」。2017年夏がまちきれません!

■詳細情報
名称:THE ROYAL EXPRESS
開始時期:2017年7月(予定)
運行区間:JR横浜駅~伊豆急下田駅
問い合わせ先:0557-53-1116(伊豆急行株式会社 観光推進部)

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ