箱根・ポーラ美術館で企画展「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ」開催中!

  • 最終更新:
花火特集2017

箱根のポーラ美術館では現在、企画展「ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線」が開催されています。期間は2017年3月3日(金)まで。19世紀末から20世紀へ、激しく変化していくパリに生きた3人の芸術家。それぞれのまなざしを通して、「時代の変貌」をさぐります。

アンリ・ルソー 《果樹園》 1886年 油彩/カンヴァス ハーモ美術館蔵

展覧会のみどころ

20世紀初頭、パリの下町「モンパルナス」に住んでいたという共通項をもつアンリ・ルソー、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、ウジェーヌ・アジェの3人。彼らは華やかな市街地ではなく、郊外に視線をむけました。都市と素朴な自然が交わる境界線を描くことで感じた、新世紀の詩情を表現しています。
また、3人それぞれが非常に型破りな芸術家であったというバックグラウンドにも注目したいところ。ルソーは税関吏として、フジタは職人として、そしてアジェは記録写真家として、いわゆるアカデミックな芸術とは異なるアプローチで独自の芸術を生み出しました。既存のものにとらわれない独創的な作風に垣間見える、それぞれの人間性も魅力的です。

パリの境界線にみた時代の変貌

かつて壁や防塁に囲まれていた城砦都市パリ。20世紀初頭には、都市の周縁に移民や貧困者が住み着き、パリの街が拡張されてゆきました。ルソー、フジタ、アジェらは特に都市中心部ではなく郊外に目を向け、パリの変貌する姿をそれぞれの作品を通じて描き出していきます。3人の作品と同時代の作家の作品も合わせて紹介しながら、都市の境界線に映し出される「時代の変貌」へ向けられた視線をたどります。

彼らの作品の一部を見てみましょう。こちらはルソーの作品です。大きな橋が印象的ですね。

アンリ・ルソー 《シャラントン=ル=ポン》 1905-1910年頃 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵

こちらもルソーが描いた橋の絵。パリの象徴、エッフェル塔も描かれています。

アンリ・ルソー 《エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望》 1896-1898年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵

美しい空にふわりと飛行船が飛んでいます。林のようにみえるものの向こう側にはどんな風景が広がっているのでしょうか。見えない部分を想像するのも楽しいですね。

アンリ・ルソー 《飛行船「レピュブリック号」とライト飛行機のある風景》 1909年 油彩/カンヴァス ポーラ美術館蔵

 最後はアジェの写真。パリ中心部の様子です。人が多く行き交う活気ある町の一瞬をとらえています。

ウジェーヌ・アジェ 《古い館、サン=ソヴール通り79番地、パリ2区》 1910年 鶏卵紙 東京都写真美術館蔵(展示期間:9/10 ~12/5)

この企画展では、同じ時代を捉えた写真と絵画をいっしょに展示しているのが特徴です。また、3人それぞれの視点でみた街がどんなものだったのか。比べてみるのもおもしろそうですね。芸術の秋、箱根でアートを感じてみてはいかがでしょうか。

イベント詳細
名称:ルソー、フジタ、写真家アジェのパリ―境界線への視線
開催期間:2016年9月10日(土)~2017年3月3日(金)※会期中無休
入館料:大人1,800円 シニア割引(65歳以上)1,600円 大学・高校生1,300円 中学・小学生700円
主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
作品点数:約130点
会場:ポーラ美術館
住所:神奈川県足柄下郡箱根町仙石原小塚山1285
お問い合わせ:0460-84-2111
開館時間:9:00~17:00
公式サイト:http://www.polamuseum.or.jp/sp/paris_2016/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ