「オルセーのナビ派展」三菱一号館美術館で開催。ナビ派作品約70点が大集合!

  • 5958 |
  • 最終更新:

東京都千代田区丸の内にある三菱一号館美術館にて、「オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき」が、2017年2月4日(土)から5月21日(日)まで開催されます。19世紀末、パリで結成された若手芸術家のグループ・ナビ派の作品約70点が一堂に会します。日本では初めての試みとなるナビ派芸術をじっくりと見られる絶好のチャンスです。アートファンはぜひチェックしてくださいね。

ピエール・ボナール 《格子柄のブラウス》 1892年 油彩/カンヴァス
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

日本初の試み!「ナビ派」の芸術が集結

2017年2月4日(土)から三菱一号館美術館でスタートする特別展「オルセーのナビ派展」。近年国際的に評価が高まるナビ派の芸術を、日本で初めて本格的に紹介する展覧会で、フランス・オルセー美術館が誇る膨大なナビ派のコレクションから、油彩約60点、素描約10点など合わせて約70点が来日します。

前衛若手芸術家集団・ナビ派とは?

モーリス・ドニ 《ミューズたち》 1893年 油彩/カンヴァス
© Musée d'Orsay, Dist. RMN-Grand Palais / Patrice Schmidt / distributed by AMF

ナビ派は19世紀末のパリで、前衛的な活動を行った若き芸術家たちのグループです。ゴーガンから影響を受けた、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、セリュジエ、ヴァロットンらによって結成され、自らを「ナビ(預言者)」と称して新たな芸術表現を模索しました。近代都市を平坦な色の面で表す表飾性と、目に見えないものを描き出そうとする内面性、さらに日常と神秘をテーマに持つナビ派の絵画作品は、20世紀美術の静かな革新性が秘められています。

展覧会の3つの見どころをご紹介!

展示は、「ゴーガンの革命」、「庭の女性たち」、「親密さの詩情」、「心のうちの言葉」、「子ども時代」、「裏側の世界」と全6章で構成されており、文化の壁を越え、世界中の美術愛好家たちに愛されているナビ派の活動全体や美学を新たな視点から紹介。19世紀の一大芸術運動であるナビ派の作品をじっくりと鑑賞できる貴重な機会となっています。

オルセー美術館の誇るナビ派コレクションが大集合!

ポール・ゴーガン 《「黄色いキリスト」のある自画像》 1890-1891年 油彩/カンヴァス
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / René-Gabriel Ojéda / distributed by AMF

ナビ派コレクションは、印象派やポスト印象派と並び、オルセー美術館を代表するもの。今回は世界的にも一級なこれらのコレクションの中から、厳選された油彩約60点、素描約10点など合わせて約70点が一堂に会します。

本展では、ゴーガンの『「黄色いキリスト」のある自画像』や、ナビ派結成の契機になったセリュジエの『タリスマン(護符)』、ヴュイヤールの装飾画連作『公園』など珠玉の作品が来日。そのほかにも、本来屏風風として作られたボナールの『庭の女性たち』、2016年に新規収蔵したヴュイヤールの『八角形の自画像』なども展示。理想的なナビ派展にふさわしいラインナップとなっています。

国際的に評価が高まるナビ派を日本で初めて本格的に紹介!

ポール・セリュジエ 《タリスマン(護符)、愛の森を流れるアヴェン川》 1888年 油彩/板
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

ナビ派の芸術は、西洋近代美術史の中で欠くことのできない重要な「ミッシングリンク」の1つとして、近年国際的に注目を集めています。今回の「ナビ派展」では、その芸術活動の全貌を日本で初めて本格的に紹介します。

20世紀美術を予兆する静かな革新性に注目!

ポール・ランソン 《水浴》 1906年頃 油彩/カンヴァス
© RMN-Grand Palais (musée d'Orsay) / Hervé Lewandowski / distributed by AMF

自らを「ナビ(預言者)」と称して新たな芸術表現を模索したナビ派の画家たちは、ゴーガンの影響のもと、印象主義を超越。20世紀のフォーヴや抽象美術を予兆するかのような新たな表現を追求しました。洗練された表飾性と、目に見えないものを描き出そうとする深い内面性、優しく感覚的でありながら思想性にも満たされ、具象性と抽象性を併せ持つ、奥深いナビ派芸術の特徴、魅力を余すところなく紹介します。

イベント詳細

  • 名称:オルセーのナビ派展:美の預言者たち ―ささやきとざわめき
  • 会場:三菱一号館美術館
  • 住所:東京都千代田区丸の内2−6−2
  • 会期:2017年2月4日(土)~5月21日(日)
  • 開館時間 :10:00~18:00(入館は閉館の30分前まで)
    ※祝日を除く金曜、第2水曜、会期最終週平日は20:00まで
  • 休館日:月曜休館 ※但し、2016年3月20日、5月1日、15日は開館
  • 公式サイト:http://mimt.jp/nabis/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ