「中目黒高架下」が11月22日開業!個性あふれる全28店舗が軒を連ねる、注目の新スポット

  • 6055 |
  • 最終更新:

「中目黒高架下」の開業が2016年11月22日(火)に決定しました!東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下に、個性豊かな店がずらり。生まれ変わった高架下へ遊びに行きませんか?注目の新スポット「中目黒高架下」をいち早くチェックしましょう。

新しい商店街のカタチを体験しよう

「中目黒高架下」は、東急東横線・東京メトロ日比谷線中目黒駅周辺の高架下空間を約700mにわたって利用した商業施設。開発コンセプトの「SHARE(シェア)」は、高架橋というひとつ屋根の下を各店舗でシェアするイメージにちなんでいます。目黒川沿いには店舗用のテラススペースも登場。人々が集い、時間や空間もシェアすることで「新しい商店街のカタチ」が生まれます。

全28店舗の中から気になるお店をピックアップ!

出店する全28店舗に含まれるのは中目黒ゆかりの店、鉄板焼やスイーツの名店など。そのうち新業態、関東初出店のお店からピックアップして紹介します。

人気店が手掛ける新業態のお店

LONCAFE STAND NAKAMEGURO(フレンチトースト専門店)

「リゾートライフよりも、日常の中にリゾートタイムを。」がテーマのフレンチトースト専門店。江の島にある日本初のフレンチトースト専門店「LONCAFE」が中目黒にオープンします。湘南スタイルを基本に、中目黒らしいおしゃれな雰囲気もプラス。夜はシャンパンバーとして楽しめ、レストラン後の2軒目や3軒目にもおすすめのお店です。表面はカリカリで中はトロリとした本場のフレンチトースト「パンぺルデュ」を堪能しましょう。

めっちゃ らんまん食堂(焼きそば・唐揚げ)

仕事帰りに高架下でちょい飲み。「めっちゃ らんまん食堂」は気軽に立ち寄れる、カジュアルなお店です。出店者は中目黒に1号店「魅惑の七輪 らんまん」を開業したハレノヒ。メインメニューは焼きそばやからあげ。レモンサワーがよく合いますよ。「ヘルシーな満腹」「罪悪感のないB級グルメ」を目指したメニューは、女性にもおすすめです。

NODOGUROYA KAKIEMON(日本酒バル)

創業10年をむかえた「なかめのてっぺん 本店」の姉妹店がオープン。牡蠣や高級魚のどぐろをリーズナブルに提供します。特に牡蠣は宮城県三陸の4つの漁場から仕入れ、味わいの違いを楽しめます。どの料理も日本酒との相性バツグン。日本酒好き、和食好きにはたまらないお店です。

原トリッパ製造所(イタリアン)

コンセプトは「酒呑みシェフによる酒呑みのための店」。ワインだけでなく日本酒や焼酎に合うイタリアンを提供します。メインは牛の内臓「トリッパ」を使ったモツ煮込みや、薪の香りただよう炭火焼料理。原シェフが手がける「黒トリュフの冷製パスタ」をはじめ、「社長オムレツ」、「俺の生ハムメロン」などユニークなメニューにも注目です。店内奥には秘密の洞窟も。メニューにも空間づくりにも遊び心が散りばめられています。

満を持して登場!関東初出店のお店

二○加屋長介(うどん居酒屋)

「二○加屋長介」は、グルメの街として知られる博多で話題の「うどん居酒屋」の代表格。約80種のおつまみは刺身、肉料理、揚げ物など幅広くそろっています。〆はもちろん、うどん!糸島産の小麦を使ったうどんは、しなやかなコシと優しい口あたりが特長。博多名物の水炊きをベースにした「鶏白湯あつかけうどん」が絶品です。

鶏だしおでん さもん(おでん)

自慢は半熟卵。厳選した鶏ガラと野菜から取った出汁で煮込んだ特製おでんを食べられます。鶏串、大根、はんぺんなどを地酒やワインと一緒に召しあがれ。プロデュースは中目黒の人気店「焼鶏あきら」、「水炊きしみず」を手掛けた清水明氏。京都の町屋をイメージしたお店のたたずまいもステキです。

飲食店のほかにも、「蔦屋書店」(書籍・雑貨)や「青山フラワーマーケット」(生花)、マーガレット・ハウエルのカジュアルライン「MHL.」(アパレル・雑貨)などバラエティに富んだショップがオープン予定。「中目黒高架下」の開業で中目黒の楽しみ方が増えそうですね。

■スポット詳細
名称:中目黒高架下
開業日時:2016年11月22日(火)11:00 ※営業時間は店舗によって異なります。
所在地:東京都目黒区上目黒1丁目、2丁目、3丁目
公式サイト:http://www.nakamegurokoukashita.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ