アークヒルズでクリスマスイルミネーション開催!独創的なツリーとオブジェが幻想的に輝く

  • 2113 |
  • 最終更新:
花火特集2017

東京・六本木にある複合施設・アークヒルズで、「アークヒルズクリスマス 2016~LIGHT of MAGIC~」が2016年11月17日(木)~12月25日(日)まで開催されます。今年も、アート集団・ミラーボーラーとタッグを組み、独創的なイルミネーションを展開。見る角度や高さによって表情を変えるクリスマスツリー&オブジェが登場します。大切な人とロマンチックな一夜を過ごすのにぴったりのイベントですよ。

アークヒルズに今年も幻想的なイルミネーションが点灯!

毎年恒例となっているアークヒルズのクリスマスイルミネーションが今年も点灯します。2016年のテーマは「LIGHT of MAGIC」。2016年11月17日(木)~12月25日(日)までの期間、クリスマスをお祝いする暖かく眩い光とともに、アークヒルズが幻想的な雰囲気に包まれます。

アークヒルズ アーク・カラヤン広場では、昨年に引き続き、ミラーボールを使った創作活動を行うアート集団・ミラーボーラーとタッグを組み、独創的なイルミネーションを展開します。さらに、2016年は今春アークヒルズにオープンした会員制 DIY 工房「TechShop Tokyo」ともコラボレーション。オリジナルのフィルムを作製。影を効果的に演出するとともに、温もりのある世界観を演出します。

クリスマスツリー

アーク・カラヤン広場の中央には、今年もアート集団・ミラーボーラーがプロデュースする高さ7.5mのクリスマスツリーが登場します。ツリーは、偏光フィルムで覆われたパーツを組み合わせて構成。さらに、内部にはミラーボールが30個設置されています。

また今回は、会員制DIY工房「TechShop Tokyo」とコラボレーションして制作しているのもポイント。「TechShop」内で様々な模様にレーザーカットしたフィルムが、内部に設置されたミラーボールによって照らし出され、光の反射や影によって、色彩の層を構築し立体的な輝きを作り出します。見る角度や高さによって表情を変えるので、常に異なる表情を鑑賞できるのも魅力的。温もりも感じさせる、唯一無二のクリスマスツリーとなっています。

ダイヤモンド型オブジェ

アーク・カラヤン広場内の滝の前に設置されるのは、高さ約3.3mのダイヤモンド型のフレームの中に、水辺に浮かぶ蓮の花をイメージしたオブジェ。クリスマスツリーと同様のフィルムや木材で製作されており、内部に置かれたミラーボールが放つ光が、蓮の花びらのフィルムに着色された光の粒を反射。手前2体の水晶型オブジェとともに、宝石や水晶の中をのぞき込んだような効果を演出します。なお、こちらのオブジェは2017年1月3日(火)まで点灯予定です。

水晶型オブジェ

光の絵柄がひとつひとつ異なる水晶型オブジェもアーク・カラヤン広場中央のコリドーに登場し、足元をやさしい光で照らします。オブジェの内部には、「TechShop Tokyo」の会員により手掛けられた、それぞれ異なる絵柄が施されたミラーが設置。合わせ鏡の仕組みで、様々な角度の偏光フィルターから見える光りが、水晶の中に無限の宇宙空間のような光の世界を創りだします。

また、この水晶型オブジェは、クリスマスツリーや滝前のダイヤモンド型オブジェの周囲にも設置予定となっています。

さらに、期間中は、様々なクリスマスイベントや特別メニューも登場予定です。公式サイトなどでぜひチェックしてくださいね。

話題のアート集団・ミラーボーラー

ミラーボーラーは、2000年より活動を開始した新進気鋭のアート集団。グラフィックデザイナー、写真家、美術家、照明係など様々なジャンルのメンバーから構成されており、光と反射の空間作品が多方面で注目を集めています。近年では、「宮沢賢治生誕 120 年 童話村ライトアップ」(岩手県花巻市)や Burning Man (ネバダ州 アメリカ)、「平城京天平祭」(奈良県奈良市)などを手掛け、ますます活躍の場を広げています。

イベント詳細
名称:アークヒルズクリスマス 2016~LIGHT of MAGIC~
会場:アークヒルズ アーク・カラヤン広場
住所:東京都港区赤坂1丁目12−32
開催日程:2016年11月17日(木)~12月25日(日) ※ダイヤモンド型オブジェは2017年1月3日(火)まで点灯予定
開催時間:16:00~23:00 ※今年は点灯時間を1時間延長
公式サイト:http://www.arkhills.com/

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ