映画「聖の青春」舞台挨拶 速攻レポート!松山ケンイチ、東出昌大ら豪華キャストが登場!

  • 1300 |
  • 最終更新:

2016年11月19日(土)に公開される映画「聖の青春」が、東京国際映画祭のクロージング作品に選ばれたことを記念し、主演の松山ケンイチさんらによる舞台挨拶がおこなわれました。この記事では記者会見の様子と、映画のみどころをご紹介します。

記者会見の様子

舞台挨拶は、11月2日(水)、EXシアター六本木で行われました。メディア関係者のほか一般のお客さんも集まり、会場はほぼ満席状態!まずは主演をつとめる松山さんの挨拶から。日本の将棋をテーマにした映画が、国際的な映画祭で評価されクロージング作品に選ばれた事を嬉しく思っているとのことでした。

今回、国際映画祭に参加した感想をきかれると「メリルストリープや安倍マリオさんに…いや安倍総理にあえて嬉しかったです」とコメントし、会場が笑いに包まれました。

また映画祭で多くの人と接することで、パワーをもらえる、次のステップに進む勇気をもらえるというお話も。

「海外の方にもこの映画が届くといいですね」という司会者の問いかけには、「将棋という日本の粋な美しさが世界に届けばいいと思います」というコメントも。

また羽生善治を演じた東出昌大さんは、「人の生き方であったり、男同士の闘いというテーマは、世界共通のものだと思っている」とコメントし、世界中の多くの人に届くことを願っていました。

ここで、同作が闘いの世界を描いた映画ということで、プロの世界で闘うアスリート3名が登場!

羽根田卓也さん、三宅宏美さん、吉田沙保里さんらが花束をもって登場しました。華やかですね!

そして花束贈呈へ。花束の大きさ、そして東出さんの顔の小ささがすごい…。

病気をかかえながらも自分のやりたいこと、好きな事、成し遂げたいことを貫いた村山聖の生き様に感銘をうけたという三宅選手。

生き様という点に関して松山さんも、俳優=生きる事という自分に村山聖の姿を重ね、通じる部分があると語りました。

最後に、司会者の方から「最近なにか闘ったエピソードはありますか?」という質問が。「闘い…うーん…」と考える松山さん。

考えた末「トイレに行きたくなったがエレベーターがなかなか来なくて…」という状況を闘い抜いたエピソードを披露。会場が笑い声で包まれました。

これに対し、森義隆監督は「僕もおとなになってから同じような闘いを経験して…2回くらいは、敗戦しました」と被せ、キャストも大爆笑!

東出さんから、「国際映画祭ですよ!」とたしなめられていました。敗戦…つまり…そういうことですね!

会場がざわついたところで、フォトセッションへ。映画「聖の青春」の上映は11月19日(土)から!公開が待ちきれません!

「聖の青春」ってどんな話?

東の羽生 西の村山といわれた伝説の棋士、村山聖。

5歳のときに難病 ネフローゼを患い小学校にほとんど通えなかった聖は、父親から病室で教わった将棋に没頭していきます。

「負けるのは死ぬほど悔しい」と言い徹底的に勝ちにこだわった少年は、いつしかプロを目指すように。 厳しい関門を勝ち抜きつかんだプロの世界でも闘い続けた聖が目指したのは、将棋界最高峰のタイトル「名人」。

しかし、憧れの棋士 羽生善治との対局が現実味をおびてきた27歳のとき、彼の体にガンが見つかります。命の期限が迫るなか、将棋と、そして自分自身の人生とどう向き合うのか―。

29年の生涯を駆け抜けた男の奇跡の実話を、松山ケンイチら豪華キャストが熱演します。

映画のみどころ

この映画のために20kg増量し「全身全霊を懸けても足りない」と語った松山ケンイチさんの徹底した役作りが注目されています。じつは、映画化が決まる前から原作を読みこんでいたという松山さん。映画化が決定した際には、みずから村山聖役に名乗り出たそうです。

また、将棋好きの東出昌大さんも「どうしてもやりたい。自分以外の人にやって欲しくない」という熱意をもって、羽生善治役を演じたとのこと。2人の熱演に目が離せません。とくに、実際の棋譜を覚え、撮影は2時間30分にもおよんだという村山と羽生の張り詰めた対局シーンのクライマックスは必見です。

そして将棋ファンにはたまらないのが、実際のプロ棋士が映画に出演していること。山崎隆之八段が将棋会館の受付役を演じているほか、中村真梨花女流三段も登場します。ぜひ作品中で見つけてくださいね!


■映画情報
作品タイトル:聖の青春
出演:松山ケンイチ / 東出昌大 / 染谷将太 / 安田 顕 / 柄本時生 / 鶴見辰吾 / 北見敏之 / 筒井道隆 / 竹下景子 / リリー・フランキー
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫) 
監督:森 義隆 
脚本:向井康介
主題歌:秦 基博「終わりのない空」 AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan
公開日:11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国で公開
公式HP:satoshi-movie.jp
配給:KADOKAWA

(C)2016「聖の青春」製作委員会

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ