国立新美術館で「ミュシャ展」開催。チェコ国外で世界初となる『スラヴ叙事詩』全20作を公開!

  • 4270 |
  • 最終更新:

2017年3月8日(水)~6月5日(月)の期間中、「ミュシャ展」が開催されます。会場は東京都港区の国立新美術館。アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャの作品がかつてない規模で展示されます。注目は連作『スラヴ叙事詩』。20作すべてがチェコ国外で一度に公開されるのは世界初です。この機会に足を運んでみてはいかがでしょうか。

《スラヴ叙事詩「原故郷のスラヴ民族」》 1912年 プラハ市立美術館 ©Prague City Gallery

アルフォンス・ミュシャとは?

《ヒヤシンス姫》 1911年 堺市

1860年に当時のオーストリア領モラヴィア(現在のチェコ東部)に生まれたアルフォンス・ミュシャは、グラフィックデザイナー、宝飾デザイナー、画家など幅広く活躍した芸術家です。アール・ヌーヴォーに華々しく現れ、1939年に没するまで多くの作品を制作しました。流麗で洗練された女性像を描いたほか、故郷のチェコやスラヴ民族を題材にした作品でも知られます。特に晩年の17年間を制作に費やした『スラヴ叙事詩』は、スラヴ民族のアイデンティティをテーマに、民族の栄光と歴史をめぐる壮大なスペクタクルを全20作にわたって描いた傑作です。

初日は講演会を開催

ミュシャの生涯や作品の背景をより深く知るなら「ミュシャ展」初日、3月8日(水)の講演会に参加するのがおすすめです。今回の「チェコ展」の監修も行った美術評論家のヴラスタ・チハーコヴァー氏を迎え、講演会「ミュシャとムハ、アール・ヌーヴォーから《スラヴ叙事詩》への道」がおこなわれます。聴講無料、展覧会の半券で入場可能です。

講演会「ミュシャとムハ、アール・ヌーヴォーから《スラヴ叙事詩》への道」
講師:ヴラスタ・チハーコヴァー(美術評論家・「ミュシャ展」監修者)
開催日時:2017年3月8日(水)14:00~15:30(13:30開場)
会場:会場:国立新美術館3階講堂
※定員は先着260名。内容や日時は都合により変更となる場合があります。

「ミュシャ展」のポイントはここ!3つの見どころをチェック

圧巻!最大6m×8mサイズの超大作

《スラヴ叙事詩「スラヴ式典礼の導入」》 1912年 プラハ市立美術館 ©Prague City Gallery

連作『スラヴ叙事詩』は「時間と空間を体験するかのような絵画」、「まるで演劇を見ているかのような作品」と称されます。その理由の1つが作品の大きさです。カンヴァスいっぱいに描かれた風景や人物に、鑑賞者は引き込まれずにいられません。大きなものでは6m×8mのサイズにもなります。ときに繊細でときに荒々しいタッチ、アール・ヌーヴォー時代には見られなかった写実的な描写など、1つひとつの表現に目を奪われるでしょう。

チェコ国外では世界初!全20作を一挙公開

《スラヴ叙事詩「スラヴ民族の神格化」》 1926年 プラハ市立美術館 ©Prague City Gallery

ミュシャが17年かけて制作した『スラヴ叙事詩』は全部で20作。チェコ国外で20作すべてが一度に公開されるのは、本展が世界ではじめてです。スラヴ民族の祖先を描いた「原故郷のスラヴ民族」を皮切りに作品を順に鑑賞すれば、スラヴ民族の歩みを追体験することができます。『スラヴ叙事詩』は、2012年5月にプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)で全作品が公開されるまで、ほとんど人目に触れることがありませんでした。20作が一挙に公開される、貴重な機会は見逃せません。

華麗にして妖艶!アール・ヌーヴォーの逸品も必見

《四つの花「バラ」》 1897年 堺市

縦長の画面に描かれた女性像は、ほぼ等身大。茶色と黄金色を主とした柔らかな色調の衣をまとった、威厳ある姿です。神々しさすらただよう数々の女性像は、華麗にして妖艶。作品を通じて女性美の極致に触れることができます。本展ではミュシャを一躍時代の寵児に押し上げたアール・ヌーヴォーの舞台ポスターや商業ポスター、装飾パネルも公開されます。至宝と称えられたミュシャデザインの「蛇のブレスレットと指輪」も展示。『スラヴ叙事詩』に至るまでのミュシャを、100点あまりの展示でたどりましょう。

本展の前売りチケットの販売期間は、2016年11月2日(水)~2017年3月7日(火)です(国立新美術館での販売は3月6日まで)。ミュシャの最高傑作を間近で堪能できるチャンスです。

■イベント概要
名称:国立新美術館開館10周年 チェコ文化事業「ミュシャ展」
開催期間:2017年3月8日(水)~6月5日(月)
時間:10:00~18:00 ※毎週金曜日は20:00まで。入場は閉館の30分前まで。
休館日:毎週火曜日 ※5月2日(火)は開館。
会場:国立新美術館 企画展示室2F
所在地:東京都港区六本木7-22-2
料金:※中学生以下は無料
【前売り券】大人1,400円、大学生1,000円、高校生600円
【当日券】大人1,600円、大学生1,200円、高校生800円
【チケット取り扱いサイト】
展覧会公式チケットサイト:http://www.e-tix.jp/mucha2017/#pair
チケットぴあ(Pコード:767-931):http://t.pia.jp/pia/event/event.do?eventCd=1645497
ローソンチケット(Lコード:38800):http://l-tike.com/search/?lcd=38800
セブンチケット(セブンコード:049-880):http://7ticket.jp/
イープラス:http://eplus.jp/sys/main.jsp?prm=U=14:P1=0402:P2=204837:P5=0001:P6=001
公式サイト:http://www.mucha2017.jp/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ