タイフェスティバル2017 開催!1年で最も代々木公園がアツくなる!

  • 最終更新:
紅葉特集2017

今年もタイフェスティバルの季節がやってきました。5月13日(土)、14日(日)の2日間、代々木公園にて開催されます。日本にいながらにしてタイの雰囲気を味わえるタイフェスは、毎年大人気。この記事では、タイフェスティバル2017(以下タイフェス)のオススメの見どころと楽しみ方のコツを紹介します!

タイフェスとは?

タイフェスとは、タイ国大使館が主催するタイの食べ物や文化・伝統を紹介するイベント。今年で18回目の開催となります。毎年30万人以上を動員し、代々木公園に1年で最も人が集まるイベントとして毎年人気を博しています。

今年はタイと日本が国交を結んで130周年という、記念すべき年。タイ大使館が選んだタイ料理ブース、果物ブースを含む合計180を超えるブースが出店します。

タイの伝統舞踊や、現在のタイで人気のあるアーティストのライブも行われます。タイが丸ごと代々木公園に移動してくる、魅力的な2日間です!

では、早速楽しみ方を紹介していきます!

1.まずは、タイのビールを味わう!

現地についたら「まずは一杯!」といきたいところ。タイのビールを飲んでみましょう!

タイの王室が認めたプレミアムな味わい「シンハービール」

スパイシーな味わいが特徴。タイ旅行をしたことがある人なら、必ず飲んだことがあるのでは?飲むだけで、タイにいるような気分になれちゃいます。

タイの庶民に大人気!独特な味わい「チャーンビール」

独特の香りがあり、アクが強いのが特徴。タイ本国ではその価格の安さから地方に住む労働者に絶大な支持を受けています。

2.ビール片手にタイ料理を満喫する!

ビールを入手したら、本場のタイ料理をゲットしましょう。

トムヤムクン・トムヤムヌードル(エビの辛いスープ)

タイ料理といえば、これを思い浮かべる方が多いのでは?辛さが特徴のエビのスープ、トムヤムクンです。辛いのが好きな方はぜひ挑戦してみてください!写真は、トムヤムスームの中にお米でできた麺が入ったトムヤムヌードルです。

ガイヤーン(タイ風焼き鳥)

スパイスで味付けした鳥を炭火でダイナミックに焼くタイの焼き鳥。焼きたての鳥はとってもジューシー。これがビールに合うんです!

パッタイ(タイ風焼きそば)

お米からできた麺、ビーフンで作る焼きそばです。お店によって麺の太さや味付けが変わるので、自分好みのパッタイを探すのも楽しいかもしれません。

サァクサイクン(エビ入りタピオカ蒸し団子)

去年は即日完売のお店もあった、サァクサイクン。エビの餡のモチモチと、皮のサクサクのハーモニーがたまりません!並んででもゲットしたいですね!

カオソーイ(チェンマイ風カレーラーメン)

濃厚なココナッツミルクをベースに作られたカレースープの中に、麺が入っています。ミルキーでスパイシーな味わいはタイ料理ならでは。スープが残ったらご飯を入れて食べると…また絶品です!

タイ風ぶっかけ飯

少しずつたくさんの種類の料理を食べたい人は、ご飯にいろんなおかずを載せた「タイ風ぶっかけ飯」がオススメ!屋台で好きなおかずを選んで乗せてもらいましょう。

3.デザートは南国フルーツでしめる!

タイは、南国フルーツの宝庫!スパイシーなタイ料理の後はあまーいフルーツでしめましょう!おすすめ南国フルーツを紹介します。

マンゴー

人気フルーツNo.1はなんといってもマンゴーです。

カットされたものもフレッシュで美味しいですが、マンゴーかき氷も人気です。

ドラゴンフルーツ

独特な見た目のドラゴンフルーツ。東京ではなかなかお目にかかる機会がないので、ぜひタイフェスで挑戦してみたいフルーツの1つです。甘みと酸味があり、ゼリーみたいな食感が特徴です。果肉が赤いものと白いものがあるので食べ比べするのも面白いですよ!

ランブータン

こちらも見た目がなかなか特徴的なランブータン。独特の外見をしている食べ物を見るといつも思いますが、この果実を最初に食べようと決意した人は勇気がありますよね…。味はライチのような爽やかな甘みが特徴。油っぽいものの後に食べると、すっきりします。

ドリアン

果物の王様、ドリアン。高級なフルーツとして、そして近寄ると強烈な匂いがすることで有名です。好き嫌いが激しく分かれる果物。勇気のある方はぜひ挑戦してみては?

カットされたドリアンも販売しています。

4.お腹がいっぱいになったらステージやブースを楽しむ

お腹がいっぱいになったら、タイの食材や雑貨を販売しているブースを回ったり、ステージで行われているパフォーマンスを楽しみましょう!

ブースでは、タイ関連の食材や雑貨を見て回るのも楽しいのですが、何より美人が多くて癒されます。

特にトゥクトゥクブースには美女が多くいるという噂…。

ステージでは、ムエタイの実演や、タイで第一線で活躍しているミュージシャンのパフォーマンスを見ることができます。

タイ演歌ともいえる「ルークトゥン」や、タイのポップス曲などさまざまなジャンルの音楽が披露されます。

2016年はタイの国民的なスーパースターで、日本でもドラマが放映されているジェームス・ジラユが出演しました。今年はチェロ1台、ヴァイオリン2台で編成された兄妹3人組ユニット「Vie Trio(ヴィ・トリオ)」などの出演が予定されています。スケジュールをチェックしてお目当てのアーティストを見逃さないようにしましょう!

ステージプログラムは約30分毎に行われているので、スケジュールをしっかりチェックしてお目当てを見逃さないようにしましょう。

http://www.thaifestival.jp/jp/

公園の芝生でのんびりゴロゴロ過ごすのもいいですね!

タイフェスに行く前に知っておきたいこと

 

タイフェスに行きたくなってきましたか?!タイフェスを楽しむために知っておくとよいポイントを紹介します。

がっつり楽しみたい方は午前中に場所取りを!

タイフェスの開催期間は、1年で最も代々木公園の人口密度が上がると言われています。午後になったら屋台に行列ができるのはもちろん、座る場所を確保するのも大変です。ゆったり食事を楽しむ場所を確保したければ、午前中のうちに代々木公園に到着するようにしましょう。

ビニールシート持参が吉

公園内は意外と座る場所が少ないので、ビニールシートを持参しておくと座る場所の確保がしやすくなります。

大人数で行くといろんな料理をシェアできてお得

せっかくタイフェスに行ったらいろんな料理をちょっとずつ食べたい!と思いますよね?大人数で行けばいろんな料理を少しずつ食べることができてお得です。公園でわいわいピクニック気分を味わえるのもいいですね!

いかがでしたか?タイフェス、是非でかけてみてくださいね!

今注目の遊びのニュース

このページのTOPへ