新感覚インスタレーション「東京駅グランルーフ Light on Train」開催!

  • 3658 |
  • 最終更新:

この冬、東京駅のGRANROOF(グランルーフ)が美しい光に包まれます!2016年12月1日(木)~12月25日(日)の期間中、インスタレーション「東京駅グランルーフ Light on Train」を開催。光や映像の演出、幻想的な空間を楽しみましょう。

「東京駅グランルーフ Light on Train」とは?

東京駅では、2012 年から東京駅八重洲側でクリスマスインスタレーションを展開しています。今年は新しいコンテンツ「東京駅グランルーフ Light on Train」にバージョンアップして登場します。会場は全長約200mのグランルーフ全面です。インスタレーションのコンセプトは、「グランルーフをプラットホームに見立て、光を載せた列車が発着する」というもの。光を載せた列車が東京の夜空へと走りだす、物語性あふれるインスタレーションです。

クリエイティブディレクションは「WOW」

「東京駅グランルーフ Light on Train」のクリエイティブディレクションと映像制作は、ビジュアルデザインスタジオ「WOW(ワウ)」が担当します。独自の世界観と映像美を確立、体験型・参加型のインスタレーションに定評がある「WOW(ワウ)」が生み出す世界観に浸ってください。

見どころをチェック!

全長約200メートルのグランルーフは3つのエリアからなり、エリアごとに異なる演出がおこなわれます。各エリアの見どころをチェックしましょう。

映像演出エリア
ルーフに出現したプラットホームから光の列車が夜空へ出発。影絵をモチーフにした映像演出により、物語性を強く感じられるエリアです。

インタラクションエリア


来場者が参加できるインスタレーションのエリア。ルーフに来場者のシルエットが投影されます。列車から光がこぼれ、その光に来場者のシルエットが触れると「光の花」へ変化。光の魔法を体験しませんか?

照明演出エリア
映像の世界と連動し、照明による演出を展開。『光の花』が運ばれてただよい、やがて広がっていくイメージです。

3つのエリアは境目がないので、物語をたどるようにインスタレーションの世界へ入り込むことができます。会場内のどこからでも楽しめるのもおすすめのポイント。

「東京駅グランルーフ Light on Train」は期間中の17:00ごろから22:00まで実施されます。会場はアクセス良好、JR東京駅の八重洲地下中央口を出てすぐのグランルーフ。待ち合わせやデート、仕事帰りに立ち寄るのもいいですね。クリスマス気分が高まるインスタレーションです。

■イベント概要
名称:東京駅グランルーフ Light on Train
開催日時:2016年12月1日(木)~12月25日(日)17:00ごろ~22:00
会場:東京駅グランルーフ(JR東京駅の八重洲地下中央口から徒歩1分)
公式サイト:http://www.tokyostationcity.com/special/lightontrain/(11月中旬公開予定)

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ