銀座の新たなランドマーク!エリア最大の商業施設「ギンザ シックス」が来春オープン

  • 1558 |
  • 最終更新:

東京・銀座6丁目の中央通りに、2017年4月20日(木)、銀座エリア最大の複合商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」がオープンします。オフィス、能楽堂、屋上庭園や観光機能のほか、 約240の世界のブランドが集結し、最新のトレンドや日本文化を発信します。

銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」が、来春誕生!

2013年6月に惜しまれつつ閉店した松坂屋銀座店の跡地に、来春オープンする複合施設「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。延床面積約148,700㎡、地上13階・地下6階と圧倒的なスケールを誇り、銀座の新たなランドマークとして、現在各方面から注目を集めています。

銀座の歴史上、かつてない規模で展開する施設のコンセプトは「Life At Its Best 最高に満たされた暮らし」。241のブランドが集積する商業施設と、オフィス、文化・交流施設「観世能楽堂」などから構成されています。唯一無二の街である「銀座」の歴史性、革新性を引き継ぎながら、五感を超越した喜びや満足などの新たな価値“New Luxury(ニュー ラグジュアリー)“を、世界にプレゼンテーションしていきます。

エリア最大241ブランドが集結!最新トレンドが楽しめる

地下2階〜6階と13階の一部からなる商業施設部分は、地区最大面積の約4万7000平方メートル。高級ブランドを中心に、飲食からビューティ、ファッションまで、アイデンティティと発信力を持った全241店舗が登場します。また、そのうち半数以上の122店舗が旗艦店、11店舗が日本初出店、4店舗が世界最大級、65店舗が新業態となっており、早くも話題となっています。

中央通りを華やかに彩る6つのラグジュアリーブランド

銀座の象徴である中央通りに面した全長約115mのゾーンには、世界を代表する6 つのラグジュアリーブランド、「Dior(ディオール)」、「CÉLINE(セリーヌ)」 、「Saint Laurent(サンローラン)」、「Van Cleef & Arpels(ヴァン クリーフ&アーペル)」、「VALENTINO(ヴァレンティノ)」、「FENDI(フェンディ)」が登場。旗艦店として2~5 層の大型メゾネット店舗を構えます。

地下1階:ビューティフロア 

地下1階には、世界を代表するコスメブランドや、エステ・ネイルなどのビューティサロン、美に関連した雑貨やフードが集積したトータルビューティゾーンが展開されます。CHANEL(シャネル)、shu uemura(シュウウエムラ)、RMK(アールエムケー)などの人気のコスメブランドが集結し、上質な美の世界で、心も体も満たされる時間を提供します。

地下2階:フードフロア 

地下2階のフードフロアには、食へのこだわりをもった一流の作り手、目利き、食の世界の名オーナーたちが情熱を注ぐ、新業態・初出店を含む37店が登場予定です。まだまだ知られていない日本や世界のおいしいもの、地方の素晴らしい産品、老舗の伝統の味、そして、積み重ねた技の先にある新しい食のステージへの挑戦など、新たな「食の世界」が楽しめます。

個性あふれる大型店舗も出店!

6階には、銀座初出店となる「銀座 蔦屋書店」の新業態店舗が誕生します。本、文具・雑貨、ギャラリー、イベントを通して、日本の文化や美意識を発信するとともに、アートとともに暮らす生活を提案します。ほかにも、ライブキッチンを囲みながらシェフによる旬の味をカジュアルに楽しめる、フルサービス型のフードホール「GINZA FOODHALL(ギンザ フードホール)」や、大丸松坂屋百貨店による本質を極めた大人に向けた「SIXIEME GINZA(シジェーム ギンザ)」、美術愛好家に向けたギャラリー「Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトウキョウ)」など、今までに全くないタイプの大型店舗が続々と登場します。

様々なアーティストとコラボレーションを展開!

様々なアーティストやクリエイターとコラボレーションし、感性を刺激するインスタレーションやアート作品が館内各所に展示されます。オープニング展示は、世界で活躍する草間彌生によるインスタレーションです。
また、館内 2 カ所にある高さ約 12mの壁面には、対となる 2 つのアート作品が出現。植物学者兼アーティストのパトリック・ブラン氏による、日本に生息する固有種の植物を織り交ぜたアート作品とウルトラテクノロジスト集団でお馴染みのチームラボが手掛ける映像作品です。

ほかにも、「Artglorieux GALLERY OF TOKYO(アールグロリュー ギャラリーオブトウキョウ)」では、“世界の巨匠”から、浮世絵版画など“日本が誇る美”、そしてアートフォトなど “新しい価値”を認められている作品など、幅広いテーマの企画が2週間ごとに開催されます。

能楽最大流派である観世流の拠点「観世能楽堂」が地上3階に誕生

渋谷・松濤の閑静な住宅街にあった、能楽最大流派・観世流の拠点「観世能楽堂」が、最新のテクノロジーを導入した「ギンザ シックス」に移築されます。多言語を許容する最先端の能楽堂として生まれ変わり、日本の伝統文化の発信拠点として、国際的な観光地である銀座を盛り上げていきます。

施設詳細
名称:GINZA SIX(ギンザ シックス)
住所:東京都中央区銀座6-10-1
オープン日:2017年4月20日(木)
営業時間:【物販・サービス】10:30~20:30、【飲食】11:00~23:30※一部店舗により異なる
公式サイト:http://ginza6.tokyo/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ