「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの製作会社「カラー」、初の展覧会を開催!

  • 1334 |
  • 最終更新:

「エヴァンゲリオン」シリーズの生みの親である映像作家・庵野秀明が代表を務める映像企画・製作会社、株式会社カラーは、2016年5月に創立10周年を迎えました。それを記念して、株式会社カラー初の企画展覧会「株式会社カラー10 周年記念展~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。~」が、ラフォーレミュージアム原宿にて開催されます。期間は2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)の8日間です。

©カラー

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の製作会社が創立 10 周年を記念して“初”の展覧会を開催

展覧会では、初展示を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や設定資料、庵野秀明が脚本・総監督を務めた「シン・ゴジラ」の雛型 3 種が展示されます。さらに、株式会社カラー取締役でもある漫画家・安野モヨコが展示会のために描き下ろした作品を、スタジオカラーがアニメーション化して上映します。

©カラー

また、2016 年 9 月に期間限定で公開された宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Q バージョン)」のミュージックビデオの特別上映、短編アニメーションシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画・資料の展示など、約 300 点が展示されます。

初展示を含む「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や設定資料展示

©カラー

2007年公開の第1部『:序』、2009年公開の第2部『:破』、2012年公開の第3部『:Q』から初公開を含む合計約160点の原画や設定資料が展示されます。また、宣伝物などに使用されたイラストの原画も初展示されます。

大ヒットロングラン上映中!「シン・ゴジラ」の第2形態、第3形態、第4形態の雛型を展示!

©カラー

庵野秀明が脚本・総監督を務めた映画『シン・ゴジラ』の第2形態・第3形態・第4形態の雛型を展示。3形態揃っての展示は初となります。

カラーが行う文化事業に関する資料の展示

カラーでは、アニメーションと特撮の文化を保全し、次世代に継承するための事業も行っています。アニメーションの原画や背景画や設定資料、特撮のミニチュアや小道具やデザイン画など、制作物や関連資料を保存し、整理、体系化を進めています。傷んだものは修復・復元し、可能なものはデジタル技術によるバックアップも施します。各社御協力のもと、その貴重な資料の一部が展示されます。

安野モヨコのコミックエッセイ『監督不行届』番外編を、スタジオカラーがアニメーション化し上映

庵野秀明の妻でありカラー取締役でもある漫画家・安野モヨコのコミックエッセイ『監督不行届』。その番外編となる新作エピソードを安野本人が描き下ろし、スタジオカラーがアニメーション化して展覧会にて上映します。株式会社カラー創立から現在まで 10 年のあゆみが綴られた内容となっています。また、その貴重な原稿も展示されます。

期間限定で公開された、宇多田ヒカル「桜流し(ヱヴァ:Qバージョン)」のミュージックビデオを特別上映

2016年9月、期間限定で公開された「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」のテーマソング「桜流し」のヱヴァ:Qバージョンのミュージックビデオが特別上映されます。

展覧会を楽しむとともに、株式会社カラーの今日までのあゆみと、その目指す未来について思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

【開催概要】
株式会社カラー10 周年記念展~過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー
会場:ラフォーレミュージアム原宿(東京都渋谷区神宮前1丁目11−6 ラフォーレ原宿6階)
期間:2016年11月23日(祝・水)~11月30日(水)の計8日間
時間:11:00~21:00 (最終入場は20:00)
※場内の混在状況によっては入場が制限れる場合があります
URL:http://www.khara.co.jp/
料金:500円 (税込)
当日券購入方法:11月23日(祝・水)よりラフォーレミュージアム会場入り口での販売
問い合わせ先:03-6712-7839 株式会社カラー10年記念展事務局(平日 10:00~18:00)※10月31日(月)から開設となります。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ