六本木ヒルズ展望台で「星空のイルミネーション」が開催!ロマンティックな夜を堪能

  • 2045 |
  • 最終更新:

六本木ヒルズ展望台「東京シティビュー」では、都心の夜景にリアルとヴァーチャルの星空が共演する「星空のイルミネーション」が開催されます。期間は2016年11月23日(水・祝)~2017年1月29日(日)です。昨年49日間だった会期が今年は 68日間に大幅に拡大され、冬の期間を通して楽しめる演出となっています。

「星空のイルミネーション」とは?

イルミネーションの起源はまだ電気のない時代に、森の中に美しく輝く夜空の星に感動した人々が、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたのが始まりと言われています。東京シティビューの冬のイベント「星空のイルミネーション」では、プラネタリウムやプロジェクションマッピングを用いてイルミネーションの起源となった輝く星が再現されます。さらに、東京シティビューならではの現代のイルミネーションである「夜景」もあわせて楽しめるプログラムです。

窓面プロジェクションマッピング

スマホで夜空の星を操るプロジェクションマッピングが装い新たに今年も登場します。都心の夜景を一望できる展望台の窓 16 面が、プロジェクションマッピングを映し出す巨大なスクリーンに変身。夜空の星を自身のスマートフォンを使って操ります。AR三兄弟監修の元、追加機能や新たな仕掛けが搭載され、昨年よりバージョンアップして登場します。

プラネタリウム“MEGASTAR”

大平貴之氏プロデュースのプラネタリウムが昨年より進化。満天の星が 360 度自分を取り囲み、まるで宇宙空間に降り立ったかのような錯覚に陥る空間となります。

3D SKY WALK

最新の観測データをもとに再現された膨大な星のきらめきが、大平貴之氏監修による新開発の自発光方式で、立体的に空間上に浮かび上がります。明るい星は強くきらめき、まるで生きているかのよう。まさに宇宙を散歩しているような感覚を体験できます。

天文の専門家とともに冬の星座を探す「星空観察会」も開催中!

森タワー屋上スカイデッキで毎月第4 金曜日に開催している六本木天文クラブ 「星空観察会」。「星空のイルミネーション」期間中は、毎週土曜日も特別に開催されます。また、12 月 14 日(水)には、年間の 3 大流星群の一つ「ふたご座流星群」の観察会も実施されます。冬は空気が澄んで星を観るには絶好の季節です。天文の専門家の説明を聞きながら、望遠鏡を使って冬の星空を鑑賞してみてはいかがでしょうか。

特別開催日: 「星空のイルミネーション」開催期間中(2016 年 11 月 23 日(水・祝)~2017 年 1 月 29 日(日))
毎週土曜日 19:00~21:00、12 月 14 日(水)19:00~22:00 (特別イベント「ふたご座流星群観察会」)
※いずれも荒天・曇天時は中止となります

【星空のイルミネーション 開催概要】
開催期間:2016 年 11 月 23 日(水・祝) ~2017 年 1 月 29 日(日)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
住所:東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー52 階 東京シティビュー
営業時間:〔52F屋内展望フロア〕10:00~23:00(最終入館 22:30) 金・土・休前日は 25:00(最終入館 24:00)
〔屋上スカイデッキ〕11:00~21:00(最終入場 20:30)
※スカイデッキは「星空のイルミネーション」開催期間中、営業時間(通常 20:00 まで)を 21:00 まで特別延長
※スカイデッキは荒天時にはクローズ
※プラネタリウムエリアは、一部22:00(最終入場21:30)まで
入場料:一般 1,800 円、学生(高校・大学生)1,200 円、子供(4 歳~中学生)600 円、シニア(65 歳以上)1,500 円
〔スカイデッキ入場料〕 上記入場料に加え 500 円(子供は 300 円)
お問い合わせ:03-6406-6652(東京シティビュー)
公式ウェブサイト : http://www.roppongihills.com/tcv/jp/hoshizora/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ