「TOKYO 数寄フェス」で芸術を堪能!上野がアートに染まる3日間

  • 2686 |
  • 最終更新:

10月21日(金)、22日(土)、23日(日)の3日間、様々な文化・芸術施設を構える上野「文化の杜」で日本文化を世界に発信するイベント『TOKYO 数寄フェス』が開催されます。アート作品の展示や様々なイベントの開催に加え、10月21日(金)と22日(土)は、一部の施設で開館時間を20時まで延長。アート一色に彩られる上野「文化の杜」で、新たな「数寄」を見つけてみませんか。

『TOKYO 数寄フェス』でアートを堪能

日本初の公園として上野恩賜公園が開園して以来、博物館、美術館、芸術大学、動物園、音楽ホールなど多くの重要な文化施設が一つの公園一帯に集まり、世界でも類を見ない文化芸術拠点が集中するエリアとして発展してきた上野。その歴史的資源と文化資源の宝庫である上野恩賜公園エリアに関わりのある各機関・団体が相互に協力し、『TOKYO数寄フェス』が開催されます。日本や東京を「数寄(=好き)」になるコンテンツを上野「文化の杜」で味わいましょう。

いたるところにアート作品が出現!不忍池も幻想的な空間に変身

チームラボ「浮遊する、呼応する球体」  

デジタル社会の様々な分野のスペシャリストから構成されているウルトラテクノロジスト集団、チームラボ。不忍池沿いの並木道から弁天堂へと続くボールに触ると、光の色が変わり音色が響きます。

・日時:10月21日(金) 20:00~22:00、10月22日(土)、23日(日) 17:00~21:00
・場所:弁天堂(不忍池)
・申込方法:申込不要※自由にご覧いただけます。

日比野克彦+島田清夏 「不忍池ファイヤーアート 和火(わび)・茶火(さび)」

静寂の池に咲く侘び寂び。夏の夜空を彩る花とは異なる花が不忍池に咲きます。都会の中に潜む不忍の闇を彩るファイヤーアート和火・茶火を目撃してください。

・日時:10月21日(金) 18:30~(約15分)
・場所:不忍池(ボート池)
・申込方法:申込不要 ※自由にご覧いただけます。

大巻伸嗣 「Memorial Rebirth ー光の露地ー」 

杜の日常を異化する無数のシャボン玉たちが空を舞います。何気なく見過ごされてきた風景と土地に紡がれてきた歴史が観客たちのストーリーと交錯する瞬間、溶け合う世界の新しい興奮が訪れます。

・日時:10月21日(金)13:00~/15:00~/18:00~(約30分)、10月22日(土)、23日(日)11:00~/15:00~/17:30~(約30分)
※天候や機材調整によって、時間を変更する場合があります。
・場所:噴水広場東側
・申込方法:申込不要※自由にご覧いただけます。

鈴木太朗+東京藝術大学美術学部デザイン科 空間・演出研究室 「ミナモミラー」

不忍池をキャンバスにたとえ、光を不忍池に投影します。風の流れによって時間とともに変化する、水面にたゆたう反射光を楽しむ作品です。不忍のボート池全周、池に浮遊するオブジェを淡く柔らかい光が囲みます。現実の世界と水面に映し出された世界を結界をなくしひとつにします。虫の声を聴きながら、幻想的な世界を楽しみましょう。

・日時:10月21日(金) 日没後~22:00
    10月22日(土)、23日(日) 日没後~21:00
※10月21日(金)のみ、池中央のオブジェ無しでの展示となります。
・場所:不忍池(ボート池)
・申込方法:申込不要 ※自由にご覧いただけます。

橋本和幸 「ITO EN ティーテイスターフォレスト」

伊藤園のお茶のスペシャリスト「ティーテイスター」が様々な種類のお茶を振舞いながら、お茶の楽しみ方や日本茶の魅力を幅広く紹介します。爽快に切り取られた橋本和幸がデザインした斬新な空間と、東京藝術大学OBの黒川悦史がデザインしたオリジナルのコスチュームがお茶の新しいカタチを彩ります。

・日時:10月21日(金)、22日(土)、10月23日(日) 各日10:00~18:00
・場所:噴水広場
・参加料:無料
・申込方法:申込不要

藝祭御輿

東京藝術大学の学園祭である藝祭で展示された巨大なお御輿が展示されます。本年度学生によって制作された優秀作5基(ゴリラ・蟹・桃太郎・ウミガメ・猪鹿蝶)が上野の杜を震撼させます。

日時:10月21日(金)、22日(土)、23日(日) 終日
・場所:噴水広場  
・申込方法:申込不要※自由にご覧いただけます。

コンサートやパフォーミングアーツも充実!

国立西洋美術館・東京藝術大学共催 東京藝術大学演奏芸術センター特別講座「美を語る」

世界的なヴァイオリニスト諏訪内晶子氏と馬渕明子国立西洋美術館長によるトークと演奏が楽しめます。音楽と美術が融合する贅沢な夢のひとときを堪能しましょう。
演奏・スピーカー:諏訪内晶子(Violin / 東京藝術大学客員教授)・馬渕明子(国立西洋美術館長)
コーディネーター:松下功(東京藝術大学副学長)
・日時:10月21日(金)
 ①第1部/対談 19:00(開場)19:20~
 ②第2部/コンサート 20:00~20:30
・場所:①第1部/対談 国立西洋美術館地下2階講堂 
    ②第2部/コンサート   国立西洋美術館 企画展示室前ロビー
・定員:100名※事前申込制
・入場料: 無料※クラーナハ展 観覧券のご提示が必要です。
・申込方法:本イベント特設WEBサイトより申込受付
 (URL:https://goo.gl/forms/aJUUZG43PTUckLid2

藝大プロジェクト2016「サティとその時代」 ー世紀末からベル・エポックへー
第3回「サティとピアノ…そして、言葉」レクチャー&コンサート

奇抜なタイトルや人をくった態度で有名なサティ。彼は楽譜に通常の音楽用語とは全く異なる不思議な言葉を書き 込んでいます。サティ演奏の第一人者、高橋アキ氏をお迎えして、サティの言葉に注目しながら、彼のピアノ曲の数々が紹介されます。
レクチャー:小沼純一(早稲田大学教授)
ピアノ:高橋アキ、鈴村真貴子 ほか
語り: 若松泰弘、伊藤安那 ほか
・日時:10月22日(土) 13:30(開場)
  ①第1部/レクチャー 14:00~
  ②第2部/コンサート 15:20~
・場所:東京藝術大学奏楽堂 
・入場料:3,000円
・チケット購入方法:藝大プロジェクト2016 WEBサイトをご覧ください。
 (URL:http://www.geidai.ac.jp/container/sogakudo/44486.html

ル・コルビュジエに捧げる音楽の贈りもの ~サティ・バッハ・パッヘルベル・クセナキス~

世界遺産に登録された国立西洋美術館の設計を担当したル・コルビュジエの事務所で1950年代にスタッフとして働いていた現代音楽家クセナキス。彼の楽曲を始め、ル・コルビュジエが活躍したパリの雰囲気を伝えるサティの楽曲や国立西洋美術館で開催中のクラーナハ展にあわせたドイツの作曲家の楽曲を演奏します。
演奏:アンサンブル東風
指揮:松下功(東京藝術大学副学長)
①国立西洋美術館地下2階講堂 演奏
・日時:10月23日(日) 15:30(開場)16:00~16:40    
・場所:国立西洋美術館地下2階講堂 
・定員:100名※事前申込制
・入場料:無料※クラーナハ展 観覧券のご提示が必要です。
・申込方法:本イベント特設WEBサイトより申込受付
 (URL:https://goo.gl/forms/M60POedaaMK4wKyE3)
<演奏曲目>
エリック・サティ / ジュトゥヴ
ヨハン・パッヘルベル / カノン
ヨハン・セバスティアン・バッハ / リチェルカーレ
②国立西洋美術館前庭 演奏
・日時:10月23日(日) 16:50(予定)~17:30    
・場所:国立西洋美術館前庭 
・定員:なし
・入場料: 無料※自由にお聴きいただけます。
<演奏曲目> 
ヤニス・クセナキス / カイ、フレグラ、ルボン 

トークイベント・ワークショップ・シンポジウムも見逃せない!

チームラボ代表 猪子寿之 + 八谷和彦 21世紀のアーティストが岡倉天心『茶の本』を語ったら

チームラボ代表 猪子寿之氏と飛行装置「メーヴェ」の開発でおなじみの八谷和彦氏によるトークイベント。現代テクノロジーの大家である2人のクリエイターが岡倉天心のお膝元で熱い談義を繰り広げます。
スピーカー:猪子寿之(チームラボ)・八谷和彦
モデレーター:藤崎圭一郎(東京藝術大学デザイン科教授)
・日時:10月23日(日) 13:00~15:30
・場所:東京藝術大学 美術学部 中央棟 第一講義室
・定員:当日先着200名
・参加料:無料
・申込方法:申込不要※当日先着

 「数寄」をテーマにアルバム辞典を作ろう

非対称、好き、空っぽ…「数寄」をテーマに自分の美意識を本にしてみましょう!国立科学博物館や動物園、公園内を自由に撮影します。東京都美術館をスタートし、東京藝術大学で冊子作りと講評会を行います。
・日時:10月22日(土) 10:00~13:00 / 14:00~17:00、10月23日(日) 10:00~13:00 / 14:00~17:00
・場所:国立科学博物館、東京藝術大学、東京都美術館、上野動物園
  (集合場所:東京都美術館アートスタディルーム)
・定員:20名/回
・対象:小学4年生以上※小学4年生未満の方は、保護者ご同伴で参加可能
・参加料:無料
・申込方法:本イベント特設WEBサイトより申込受付
 (URL:https://goo.gl/forms/YCOCEmTNqMsiyhm12

動物のしっぽを新聞紙で作ろう

動物のしっぽを新聞紙で作ります。細部までしっかりと観察し鋭い観察眼を身につけましょう。作成したしっぽを付けて園内を自由に歩き回りましょう。10月21日(金)は、3種類の動物のしっぽを作ります。10月23日(日)は、特別バージョン「お面としっぽで全身パンダ」を開催します。
・日時:①10月21日(金)全5回 (各20分)10:00~/11:00~/12:00~/13:00~/14:00~
②10月23日(日)全6回(各20分)12:30~/13:00~/13:30~/14:00~/14:30~/15:00~
・場所:上野動物園内 東園 動物慰霊碑横テント
・定員:先着20名/回      
 21日(金)は9:30より、23日(日)は12:00より、動物園慰霊碑横テントにて、当日の各回すべての整理券を配布します。
・対象:小学1年生以上 ※未就学の方は、保護者ご同伴で参加可能
・参加料: 無料(入園料別)

ヨリミチビジュツカン ー緑茶で語らうゴッホとゴーギャンー

夜のライトアップされた東京都美術館で一期一会の出会いを楽しみましょう。「ゴッホとゴーギャン展」を鑑賞後、美味しい緑茶を飲みながら、展示室で話しきれなかったあれこれをおしゃべりしあうワークショップです。
・日時:10月21日(金) 18:00~20:00、10月22日(土) 18:00~20:00
・場所:東京都美術館
・定員:各日15名 ※事前申込制
・対象:18歳以上
・参加料:無料※ゴッホとゴーギャン展の観覧券のご提示が必要です。
・申込方法:東京都美術館 とびらプロジェクトWEBサイトより申込受付
 (URL:http://tobira-project.info/news/yorimichi201610.html

夜間開館で、ゆっくりアートを堪能しよう

下記施設で開館時間が20時まで延長されます。心ゆくまでアートを堪能しましょう。
■10月21日(金)、22日(土)
国立科学博物館、国立西洋美術館、東京国立博物館、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館
■10月22日(土)
上野の森美術館

※開催されるアート作品の展示やイベント詳細は、変更する場合があります。変更内容は『TOKYO数寄フェス』特設WEBサイトで確認してください。

【開催概要】
名称:TOKYO数寄フェス
期間:2016(平成28)年10月21日(金)、22日(土)、23日(日)
会場:上野恩賜公園各所(不忍池、噴水広場 他 )、東京国立博物館、国立科学博物館
   国立西洋美術館、東京都美術館、上野動物園、東京藝術大学
公式ホームぺージ:http://sukifes.tokyo/
公式Facebook:https://www.facebook.com/sukifes.tokyo/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ