2つ星シェフ、ティエリー・マルクス氏のレストランがオープン!銀座プレイスで絶品料理を堪能

  • 2155 |
  • 最終更新:

銀座四丁目交差点にある「GINZA PLACE(銀座プレイス)」の7階に、「Thierry Marx(ティエリー・マルクス)」と「BISTRO MARX(ビストロ・マルクス)」がオープン。パリ2つ星シェフの日本初出店レストランのレセプション・パーティーに編集部員が行ってきました!魅力あふれるレストランの詳細を、早速レポートします。

パリの2つ星レストランの総料理長が日本初出店!

「Thierry Marx」と「BISTRO MARX」は、マンダリン オリエンタル ホテルパリにある2つ星レストラン「シュール ムジュール パール ティエリー・マルクス」の総料理長、ティエリー・マルクスによる日本初出店のレストランです。

マルクス氏は「ジョエル・ロブション」「タイユヴァン」といったパリを代表するレストランでキャリアを積み、ミシュランガイドで5度星を獲得するなど「星の請負人」と呼ばれています。フランスの最も名高いシェフの1人であるマルクス氏の料理を味わえるとあって、早くも注目が集まっています。

場所は銀座四丁目交差点にオープンした「GINZA PLACE(銀座プレイス)」の7階です。

グランビストロ「BISTRO MARX」でブリオッシュの魅力を発見!

「BISTRO MARX」では、こだわりのビストロ&カフェメニューが提供されます。中でも注目は、バターをふんだんに使ったパン「ブリオッシュ」で作られる料理です。北海道産の小麦や、コクと甘味が強い卵、フランス産発酵バター、生イーストなど、 素材と製法にこだわった特別なブリオッシュは、「外はカリッと、中はフワッ」ととろける食感。

黄金色のブリオッシュは、意外と大きくボリューミー。頬張れば幸せなバターの風味が広がります。併設のブーランジェリーでテイクアウトも可能です。しっかりコクのあるブリオッシュは、翌日に食べても絶品!編集部員もペロリと完食してしまいました。手みやげにも喜ばれそうですね。

夜はスカイバーとして、ビル7階からの夜景を眺めながら、季節のフルーツを使ったカクテルやシャンパンも楽しむことができます。

2つ星レストランの味をカジュアルに楽しめる!個性豊かなメニュー

「BISTRO MARX」では、日本の食材を使用した個性豊かなメニューが揃っています。中でもオススメのメニューをご紹介します。ブリオッシュと一緒に食べたい、本格的な味わいの料理です。

市場より 本日の魚介のマリネ

築地直送、本日の鮮魚をマリネにした一品。プリプリの身に、酸味の効いたマリネソースが食欲をそそります。

根菜とイベリコベーコン 蕎麦の実の蜂蜜

スペイン産イベリコ豚バラのベーコンと季節の根菜を組み合わせがベストマッチ。 蕎麦の実をアクセントに蜂蜜をたっぷり使用したオリジナルソースが決め手です。

仔羊の煮込み 白いんげん豆 <Meat on bread>

仔羊の骨、日本各地のフレッシュトマト、たっぷりの香味野菜で5時間煮込んだコクがたまりません。とじ込めた仔羊のうまみ、香りが楽しめます。

マルクスバーガー

パテの食感に徹底的にこだわったティエリー・マルクスが独自で生み出した、肩肉6mm、もも肉9mmのカット幅のパテをはさんだハンバーガー。国産黒毛和牛とブリオッシュのバンズを使用し、日本人の味覚に合うように開発されたメニューです。自家製トマトフォンドュとベアルネーズソースで仕上げられています。

フレンチトースト

ティエリー・マルクスを代表するブリオッシュを使用した、シンプルなフレンチトースト。こだわりの卵をたっぷり使用した素材の味が堪能できます。ブリオッシュならではのふわとろ&サクサク食感のフレンチトーストを、自家製アイスクリーム、生キャラメルソース、カナダ産メープルシロップと共にいただきます。

開放的なテラス席からは銀座の街並みが

銀座四丁目の時計塔を正面に臨む、開放的なテラス席。銀座の景色が一望できます。

「Thierry Marx(ティエリー・マルクス)」でクリエイティブな料理を堪能

2つ星シェフならではのクリエイティブで繊細な料理を堪能できるのが、ガストロノミーレストラン「THIERRY MARX」です。フレンチ料理の歴史として古くから受け継がれてきた“伝統”を守りつつも新たな挑戦による“革新”を加えた、ティエリー・マルクス独自の世界観を楽しむことができます。

芸術的な味わい!ティエリー・マルクス氏の世界観を思う存分堪能できるメニュー

「Thierry Marx」で提供される料理は、どれもが絶品でまさに芸術的。マルクス氏の世界観を心ゆくまで堪能しましょう。中でも編集部のオススメは、このメニューです。

貝のジュレとクリーム、キャビア

「様々な料理を口の中で同時に味わう」というコンセプトを表現した、 ティエリー・マルクスを代表するスペシャリテです。 鶏肉のムース、キャビアを添えたパンと共に、あさり出汁の効いた北寄貝を堪能しましょう。

フランス産鳩のロースト

濃厚な赤身を堪能できる鳩のローストです。ロゼ色に焼き上げられた肉に、鳩の旨みを凝縮したソースと黒にんにくのピューレが添えられています。

お重

日本の伝統と文化を愛するティエリー・マルクスらしく、 シンプルながらも存在感のある有田焼の器と、フランス料理が融合した逸品です。フランスでも使用する器に旬を取り込んだ特別なデザートです。

お出かけ前に、ドレスコードをチェック

入店にはドレスコートが設けられています。男性は上着または襟付きのシャツの着用がおすすめだそう。軽装(七分丈のような短いパンツ、襟のないシャツ、サンダル等)での入店はできないので、注意が必要です。ダイニングは中学生以上のみ利用可能です。個室2室は小学生以下でも大丈夫なので、お子様が一緒の場合は問い合わせてみましょう。

ちょっと贅沢なランチにも、とっておきのディナーにも。2つの個性あふれるレストランで、特別なひとときを過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ