ハロウィン限定&東京駅のスイーツも登場!東京駅 グランスタ「ハロウィン フェア」

  • 3978 |
  • 最終更新:

今年7月にリニューアルオープンした東京駅エキナカ商業施設グランスタでは、10月1日(土)から10月31日(月)にかけて、「ハロウィンフェア」が開催されます。期間中グランスタ店舗ではハロウィン限定のスイーツも多数登場。SNSを利用した抽選で、グランスタのおすすめ商品セットが当たるイベントも開催されます。

新エリアもオープンし、さらに利用しやすくなった東京駅グランスタ

東京駅地下1階、八重洲口と丸の内口を繋ぐ通路に作られた駅改札内としては最大のショッピングスポット、グランスタ。「広がる東京駅」をコンセプトに7月27日には増床エリアに新たに17店舗がオープンしました。さらに丸の内エリアには新施設「丸の内グランスタ」も開業し、来年夏までに32のショップが順次オープンしていく予定です。
そんなグランスタで今秋開催される「ハロウィン フェア」。10月31日のハロウィンまでの期間中、グランスタ内の各店舗では、ジャック・オ・ランタンなどをモチーフにしたハロウィン限定スイーツや、ハロウィンパーティーに最適な限定のギフトや雑貨アイテムが多数展開されます。ハロウィンフェア期間中は、グランスタ内に登場するお化けのイラストを探して撮影し、「#グランスタハロウィン2016」のハッシュタグを付けてtwitterに投稿すると抽選で10名に「グランスタおすすめ商品セット」(約2,000円相当)がもらえるイベントも開催され、会場を盛り上げます。

ハロウィン限定で登場する限定スイーツ。秋の味覚も一緒に楽しもう!

チーズケーキ専門店「フォルマ」では、栗のムースに、カボチャのジュレを合わせた、ハロウィン仕様のチーズケーキ「ポティロン」(1944円)が登場します(販売期間:10/28~10/31)。マカロン専門店の「アルデュール」で販売される「マカロンソルセルリー」(1404円)は、芋、栗、カボチャ、洋ナシ、ぶどうの秋の味覚5種がふんだんに使われたハロウィン限定のマカロンのセットです。


その他にも明治10年創業の老舗「三原堂本店」のジャック・オ・ランタンの練り切りと、おばけが刻印された雪平のセット(10/28より販売開始。なくなり次第終了)や、銀座に本店を構える和菓子店「銀座甘楽」のハロウィン限定おまんじゅう「かぼちゃ饅頭」など、ギフトにも最適なスイーツが揃いました。

新エリアにはハロウィン限定雑貨が登場!

増床した新エリアに広がるエキナカ最大の雑貨、コスメゾーンでは、ハロウィンフェア限定の雑貨アイテムがたくさん登場します。ギフトアイテムのセレクトショップ「バースデイ・ミニ・バー」ではふたを開けるとハロウィンキャラクターが飛び出すびっくり箱「ハロウィン_サプライズボックス」(1058円)を販売。

ドイツの伝統工芸織物であるシュニール織の老舗ブランド「ラブラリーバイフェイラー」で販売されるハロウィン限定のハンカチや、かわいいステーショナリーの揃う「ノイシュタットブルーダー」で販売されるかぼちゃや、くもの巣がデザインされたマスキングテープなど、いずれもパーティーにも最適な限定グッズです。

イベント情報
名称:東京駅グランスタ「ハロウィンフェア」
住所:東京都千代田区丸の内1-9-1JR東日本東京駅構内地下1階(改札外)
期間:10月1日(土)~10月31日(月)
営業時間:8:00~22:00(日・連休最終日の祝日は21:00まで)一部ショップは異なる。
公式ページ:www.tokyoinfo.com

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ