【体験レポート】鎌倉で火花散る溶接体験!素敵な贈り物を作ってみた!

  • 2708 |
  • 最終更新:

いざ鎌倉、溶接体験へ!

溶接体験とは?なかなか耳慣れない言葉です。簡単に言うと、鉄の板をカットして、熱してくっつけて鉄製のプレートやインテリア雑貨などを作れる体験です。

今回asoview!編集部では、この溶接体験でプレゼントを作りたい、と思い、体験してきました!尋ねたのは、鎌倉駅西口から徒歩8分の「Fe★NEEDS(フェニーズ)」さん。閑静な住宅街の中にあるおしゃれな建物が印象的です。

工房の中に入るとたくさんの工具。ずらりと並んだ見慣れない道具、たくさんの材料に思わず見入ってしまいます。

作れるものは多種多様。会社のロゴ、家の表札、結婚式などのウェルカムボードの他、一輪挿しや蚊取り線香置き、ピアスホルダーなどなど…。「こんなものが作りたい」というリクエストに応じてくれます。

メールで相談も可能!細かいロゴも作れます

複雑なデザイン、細かい文字など「これってできるの?」という不安があったら、事前にデザインをメールで送って相談も可能です。
当日はデザインを印刷した紙を持っていきます。これは原寸大で印刷しておくことが必須です。

ちなみにこのロゴは、先日までasoview!がお世話になっていた「スターフェスティバル」さんのサービス、「ごちクル」のもの。元のロゴはこれです。

オフィスが移転したお祝いに、何かお礼の品物を贈りたい!と思い、会社にも飾ってもらえるロゴプレートを作ることにしました。

バーナーで鉄板をカット!初体験にドキドキ

持ってきたデザインを、まずはカーボン紙で鉄板に写しとります。写した線に沿って、光熱のバーナーでデザインを切り抜いていきます。ドキドキ。

絶対失敗できない!と思うのですが、職人さんが手元をサポートしてくれるので安心です。

バーナーは扱いやすく、細かい模様も作れます。asoview!のロゴも切り抜きで入れてみました。

すごく綺麗に切り取れました!次はこれを溶接していきます。

火花散る!SFの世界のよう!

カットした鉄板と土台を溶接します。どうやら、工具の先からワイヤーがでて、それを電気で溶かしている、という仕組みのようです。

専用のヘルメットと手袋、エプロンを装着して、見た目はさながらロボコップ?のようになり、準備万端。サポートしてもらいながら開始です!

勢いよく散る火花は、ヘルメット越しに見ているとまるで目の前でSF映画のシーンが展開されているような気分になってきます。

鉄が溶ける焦げ臭い匂いもします。本格的でかっこいい!

しっかりサポートしてもらいながら、プレートの完成です!
この後、塗料を吹き付けて15分ほど乾かしたら完成。今回は黒を選びましたが、ピンクやオレンジなど、カラフルなものもできるそうです。(選べるのは1色のみ)

素敵なプレートが完成しました。
なんと、この完成度で5,400円!プレゼントとしてもちょうどいい価格です。他の機会にも使えるかも…なんて考えています。

休日、鎌倉散策とあわせて楽しめます

この日はとてもいい天気!近くにオープンテラスのカフェを見つけました。
体験の後にのんびりお茶したり、観光するのも最高です!

今回体験したのはココ!

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ