ランドマークプラザにくるみ割り人形の世界観を体感できるプロジェクションマッピングが登場!

  • 1643 |
  • 最終更新:

横浜ランドマークプラザの1階で、くるみ割り人形の不思議な世界観を体感できるクリスマス仕様のプロジェクションマッピング「Landmark Bright Christmas2016 ~くるみ割り人形とめぐる夢の物語~」が開催されます。日程は2016年11月10日(木)からクリスマス当日の12月25日(日)までの期間です。ランドマークプラザ1階にあるサカタのタネのガーデンスクエアには、高さ約8メートルものクリスマスツリーが登場します。

くるみ割り人形の世界観を体感できるLandmark Bright Christmas2016

「Landmark Bright Christmas 2016 ~くるみ割り人形とめぐる夢の物語~」は、くるみ割り人形の不思議な世界観を体感できる期間限定のクリスマスイベントです。横浜・ランドマークプラザの1階にあるサカタのタネ ガーデンスクエアに、きらびやかなクリスマスツリーが設置されます。ドックヤードガーデンには期間限定で、くるみ割り人形がモチーフのプロジェクションマッピングが登場するなど、ランドマークプラザが一体になって、くるみ割り人形の世界観を体感できるイベントです。

180度体感型のプロジェクションマッピング

国重要文化財でもある横浜ランドマークのドックヤードガーデンでは、年間を通してほぼ毎日プロジェクションマッピングが行われています。上映する内容は時期やシーズンによって定期的に変更。映像を投影し、あたかも自身がその世界に入り込んだような臨場感が楽しめる、屋外では日本初の180度体感型のプロジェクションマッピングです。以前は造船所のドックだった形状を活かして船型の石壁に沿って投影されます。観賞する人たちは、みな不思議な世界へと引き込まれてしまうでしょう。

大型のクリスマスツリー&フォトスポットが登場

クリスマスを盛り上げるのに欠かせないのはクリスマスツリーですよね。ランドマークプラザ1階にあるサカタのタネ ガーデンスクエアには、大きなオーナメントで装飾した高さ約8メートルものクリスマスツリーがお目見えします。ツリーの前では、くるみ割り人形の主人公・クララが夢の中で身体が小さくなってしまった状態を体感できますよ。他にも館内にトリックアートのフォトスポットも登場します。ぜひ記念に写真に収めてください。

くるみ割り人形のストーリー

欧米諸国ではクリスマスの時期が近づくとあらゆる劇場で上映するのが、チャイコフスキーの3大バレエのひとつ「くるみ割り人形」です。ピアノの発表会で演奏曲に使用する人もいるほど楽曲は世界中で親しまれています。

物語は静かに雪が降り積もるクリスマス・イブの夜の出来事です。主人公クララの家の大広間では、盛大なクリスマスパーティーが開かれ大人も子どもも、みな楽しく踊っていました。人形使いのドロッセルマイヤーが、クララにくるみ割り人形をプレゼントするのですが、兄と取り合いになり勢い余って首が取れてしまう事態に。スグに修理に出し、その後もいとおしそうに人形をさわるクララですが、パーティーがお開きになり人形と離れて寝なければいけません。

しかし人形が気になるクララは、家族が寝静まった後で、くるみ割り人形の様子を見に大広間へと向かいます。時計の針が12時をまわると突然クリスマスツリーが大きくなり、クララは小さくなっていったのです。そしてネズミの大群が現れます。くるみ割り人形が危険だと思ったクララが機転を利かせて助けると、人形がステキな王子様に変身しクララの不思議な冒険がスタートするのです。

王子様はクララをお菓子の国に連れて行き、たくさんの住民に歓迎され、いろいろなお菓子の踊りを見せてもらいます。やがてクララは踊りを披露してくれたみんなに感謝し別れを告げます。気がつくと、そこはお菓子の国ではなくクララの家の居間にあるソファの上でした。そう全てはイブの夜にみたクララの夢だったのです。

イベント詳細
名称:LANDMARK Bright Christmas 2016 ~くるみ割り人形とめぐる夢の物語~
開催場所:ランドマークプラザ1階 サカタのタネ ガーデンスクエア 他
開催期間:2016年11月10日(木)~12月25日(日)
電話番号:045-222-5015(ランドマークプラザ)
公式サイトhttp://www.yokohama-landmark.jp/page/

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ