大地の芸術祭とKEENがコラボ!紅葉とアートを満喫できる里山ウォーキングイベント開催

  • 1160 |
  • 最終更新:

世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」の舞台となる新潟県十日町市・津南町「大地の芸術祭の里」で、2016年10月22日(土)、アウトドア・フットウェア・ブランドのKEENとタッグを組んだウォーキング企画「KEENと歩くマタギの里・秋山郷」が開催されます。秋山郷の紅葉に囲まれて、秋の味覚をビュッフェランチで堪能。アウトドア初心者にもぴったりの五感で楽しめるツアーです。

自然とアートに触れられる「大地の芸術祭の里」

過疎高齢化の進む日本有数の豪雪地・越後妻有を舞台に、2000年にスタートし、3年に1度開催されている世界最大級の国際芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」。この舞台となる地域一帯は、「大地の芸術祭の里」と呼ばれています。「人間は自然に内包される」をテーマに、1年を通して、豊かな自然の中でアートと触れ合える様々なイベントやプロジェクトを開催しています。この過疎地となった地域に再び活気を取り戻そうとする試みは、「妻有方式」として海外メディアでも多数紹介され、国内でも全国の様々な地域づくりに影響を与えるなど、美術の枠を越えた評価を得ています。

アウトドア初心者も楽しめる「KEEN」とのコラボイベント

「KEENと歩くマタギの里・秋山郷」は、アウトドア・フットウェア・ブランドのKEENと「大地の芸術祭の里」がコラボレーションして開催されるイベント。KEENのトレッキングシューズを履いて、マタギの里・秋山郷自然を歩く日帰りウォーキングツアーです。紅葉で彩られた秋山郷ウォーキングや、Bubb & GravityfreeとKEENが共に手掛けた、空家をリメイクしたアート作品「出逢いDEAI」の鑑賞、紅葉を眺めながら秋の味覚をビュッフェランチで楽しめたりと、本格的なトレッキング経験がない方でも気軽に参加できるプログラムです。都会の慌ただしい日常をしばしの間忘れて、秋山郷の圧倒的な自然に癒されてみてはいかがでしょうか。

ツアーのポイントをご紹介!

KEENのシューズを無料レンタル

アウトドア・フットウェア・ブランドKEENの機能性とデザイン性を兼ね備えたトレッキングシューズが無料でレンタル可能です。また、ウォ―キングの後は、気に入った商品を購入できます。

KEENとは

KEENは、2003年にアメリカ・カリフォルニア州で生まれたフアウトドア・フットウェア・ブランド。現在は、アメリカ・オレゴン州、ポートランドに本拠を置いており、機能性とデザイン性を兼ね備えた商品の数々は、全世界で注目を集めています。
「大地の芸術祭」には、2012年から参加。KEENアンバサダーであるBubb、Gravityfreeと共に空家をリメイクした「出逢い DEAI」を展開しています。

秋山郷の自然を体感

マタギの里・秘境秋山郷の圧倒的な自然をほこる苗場山麓ジオパークや秋山郷周辺を地元ガイドさんが丁寧に案内します。

普段は宿泊しないと食べられない!「かたくりの宿」特製ビュッフェを堪能

昼食は秋の恵みがつまった「かたくりの宿」特製のビュッフェです。かたくりの宿は、越後妻有の秘境・秋山郷で地元の子どもを見守り続けた、かつての小学校を改築した宿泊施設です。地元の食材を使った料理は非常に評判が高く人気ですが、普段は宿泊しないと食べることができません。このイベントに参加すれば、気軽にかたくりの宿の味を堪能できます。

イベント詳細
名称:KEENと歩くマタギの里・秋山郷
開催日:2016年10月22日(土)
集合場所:見玉不動尊前駐車場
受付時間:10:15~10:50
住所:新潟県中魚沼郡津南町秋成9687
行程:11:00開会式→11:15午前の部→12:30ランチ→13:30午後の部→15:00 閉会式→15:15 解散
参加費用:大人2,500円、小中学生以下1,500円(お昼ご飯・ガイド料・DEAI鑑賞券付き・保険料) ※当日、現金にて支払い
送迎車申し込みの方:9:45に十日町駅西口集合(9:50出発) ※料金2,000円(往復)
※雨天決行
※天候などの状況等により行程変更等がある場合あります。
※台風などの理由でやむをえず中止をしなければならない場合は当日6:30に決定し、電話にて連絡します。
持ち物:ウォーキングに適した服装、帽子、レインウェア、折りたたみ傘、飲料水、保険証 
問い合わせ先:025-761-7767(「大地の芸術祭の里」総合案内所) ※水曜以外9:00~18:00
申し込み方法:公式サイト(https://pro.form-mailer.jp/fms/82f88caf107538)から申し込み。
締め切り:10月12日(水)※靴のレンタルを希望しない場合は10月19日(水)まで申込可能
イベント詳細URL:http://www.echigo-tsumari.jp/calendar/event_201622

この記事を読んだ方におすすめ

このページのTOPへ